温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

今回の竹もキンメイチクでしょうか、秋らしくコスモスと一緒に。

ロクロ台の窓際にもコスモスの花、所々に季節感。

工房内のこの風景、一番好きな場所です。

買い付けを済ませ、また興味はいろいろなところに。

壼瓶の制作が盛んだった温泉津焼の名残を森山窯の中でも見ることができます。

その当時作られていた大きな瓶、工房に残っていたものを土入れとして使われていまして(軒先では植木鉢や水鉢としても)。

高台作り他削りによって出る土をまとめておられ、蓋をして乾燥しないよう保管されています。

こちらも有効な資源、後に作陶に再利用されます。

港に近いため輸送用としても使用され、当事は数多く作られていましたが、今はご存知の通り食器制作が主でして。

来待釉の瓶は温泉津と言えばの代表格、耐火性があり酸や塩分に強いことから好んで使われた釉薬です。

森山窯の品の中にも見られましてこの土地らしさが色濃い器、この度もご用意しておりますので、気にしてご覧いただければと思います。

*買い付けた器は今週中の店頭出しを予定しておりまして、その際に改めてご紹介させていただきます。

そしてこちらは前回見せていただいたものとはまた別の芹沢銈介作品、石州瓦の赤が印象的な登り窯の様子です。

*クリックで拡大します。

大きな壼瓶が窯出しされている様子、当時の温泉津の雰囲気が伝わる一枚です。

上のブルーの部分、普通に思えば空なのでしょうが、私の想像では海ではないかと。

港に近い温泉津の土地を奥行き深く表す青と、膨らまして拝見しておりました。

この作品、岡山のギャラリーの方が所有しておられたもの。

ご覧になった森山さんが自分が持っておかないとと、若い頃にちょっと無理して手に入れられたようで。

やはりこの地で目にするのが一番、当時無理をしてくださった森山さんに感謝です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

久々にたっぷりと揃いまして、この度もアイテムのみですがご紹介をさせていただきます。

Details »

大阪日本民芸館 2018秋季展

9月8日(土)から始まります大阪日本民芸館秋季特別展「民藝のバスケタリー」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしました。

Details »

新生姜の甘酢漬け

安かったのでまとめ買いをした新生姜、そうめんの薬味に使うも食べきれない分は日持ちするようにと甘酢漬けにしました。

Details »

四ノ宮 鈴や

花火大会へ向かうに山科を通るならと、お昼ごはんは鈴やでカレーです。

Details »

びわ湖大花火大会

何年ぶりか記憶にないほどですが、今年良い機会に恵まれまして琵琶湖の花火大会に行ってきました。

高台から望む最高のロケーションです。 Details »

オイルメンテナンス

宣言していましたカウンターのオイルメンテナンス、月曜晩に行っての今朝の様子です。

Details »

焼き黒豆枝豆

通りかかった八百屋さんに早くも黒豆の枝豆(大好物)が出ていて、大量買いしました。

亀岡産とのこと、持ち帰って早速いただきます。

Details »

お盆の前に

連日家もお店もクーラーつけっぱなし、室内の空気は乾燥気味です。

冬場に加えてこの時季にも気にしておきたいのが木製家具のオイルメンテナンス。

Details »

「バウハウスへの応答」

本日8月4日(土)から京都国立近代美術館で始まりました展示、「バウハウスへの応答」を見に行ってきました。

Details »

奈良屋の九重

会津の方からのいただきもの、奈良屋の九重(ゆず味)です。

すぐには何なのか分からなかったのですが、飲み物のようで。

Details »

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

烏丸御池にあるオシャレ王将に行ってきました。

店名表記も「餃子の王将」ではなく「GYOZA OHSHO」。 Details »

大判薄手 白雪ふきん

大判薄手の白雪ふきん、キッチン周りでの使用の他ハンドタオルとしてお求めになる方もおられまして。

8枚の蚊帳生地を重ねて縫製している白雪ふきん、 Details »