温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

今回の竹もキンメイチクでしょうか、秋らしくコスモスと一緒に。

ロクロ台の窓際にもコスモスの花、所々に季節感。

工房内のこの風景、一番好きな場所です。

買い付けを済ませ、また興味はいろいろなところに。

壼瓶の制作が盛んだった温泉津焼の名残を森山窯の中でも見ることができます。

その当時作られていた大きな瓶、工房に残っていたものを土入れとして使われていまして(軒先では植木鉢や水鉢としても)。

高台作り他削りによって出る土をまとめておられ、蓋をして乾燥しないよう保管されています。

こちらも有効な資源、後に作陶に再利用されます。

港に近いため輸送用としても使用され、当事は数多く作られていましたが、今はご存知の通り食器制作が主でして。

来待釉の瓶は温泉津と言えばの代表格、耐火性があり酸や塩分に強いことから好んで使われた釉薬です。

森山窯の品の中にも見られましてこの土地らしさが色濃い器、この度もご用意しておりますので、気にしてご覧いただければと思います。

*買い付けた器は今週中の店頭出しを予定しておりまして、その際に改めてご紹介させていただきます。

そしてこちらは前回見せていただいたものとはまた別の芹沢銈介作品、石州瓦の赤が印象的な登り窯の様子です。

*クリックで拡大します。

大きな壼瓶が窯出しされている様子、当時の温泉津の雰囲気が伝わる一枚です。

上のブルーの部分、普通に思えば空なのでしょうが、私の想像では海ではないかと。

港に近い温泉津の土地を奥行き深く表す青と、膨らまして拝見しておりました。

この作品、岡山のギャラリーの方が所有しておられたもの。

ご覧になった森山さんが自分が持っておかないとと、若い頃にちょっと無理して手に入れられたようで。

やはりこの地で目にするのが一番、当時無理をしてくださった森山さんに感謝です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小物干し

通年販売ですが、これからの季節により活躍するものを改めてご紹介。

フェイスタオル幅の小物干しです。 Details »

琺瑯ラウンドストッカー

梅酒仕込みの準備について、先日ご案内をさせていただきました。

梅干しや同じく旬となるらっきょうを漬けられる方に、本日は琺瑯製のラウンドストッカーをご紹介いたします。

Details »

アルザス

久々に一乗寺のアルザスへ伺いました。

遠方より友人が来京していたのでここぞと。

Details »

アルプス洋菓子店のマロングラッセ

東京はアルプス洋菓子店のマロングラッセをいただきました。

Details »

金華堂はや川の羽二重くるみ

福井は金華堂はや川の羽二重くるみをいただきました。

Details »

ショート丈ヘンプソックス

ショート丈のヘンプソックスが入荷しました。

Details »

よしむらおかきの中半月

福井はよしむらおかきの中半月をいただきました。

Details »

モナリザのサトナカ

伊勢モナリザのサトナカクッキーをいただきました。

Details »

かどや

西大路にあるお食事処かどやへ。

好奇心がくすぐられる惹きの強い外観です。 Details »

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社へご祈祷に参りました。

Details »

東福寺 臥雲橋

今年も恒例の稲荷詣へ、ルートはお気に入りの臥雲橋経由です。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷いたしました。

買い付けの様子は先日掲載したブログよりどうぞ。 Details »