温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。

かつて石見で採掘された銀を運ぶために栄えた港。

と言うことでこちらも世界遺産なのですが、あまり知られていないような気が。

訪れたことのある世界遺産は数える程しかありませんが、私の知る限り、認定に沸くも日常のままを留めている稀な地と思います。

観光バスが難なく通行できるほどの道幅がなく、それだけの人数を収容できる旅館も同じくで。

地元の方々の中には観光収入が増えればと新たな一手を望んでいらっしゃる方もおられるかもしれませんが、変えようがなくてこのままなこと、いつ訪ねてもここならではの変わらない空気を感じられること、私にとっては繰り返し訪ねたくなる大きな要素です。

外の人間が勝手なことを申しますが、狭くて良かったと毎度つくづく。

今回も目覚ましのお湯にと薬師湯へ伺いました。

洗い場4つ、シャワーは2つとこちらも小規模収容、小さいお風呂ながらも濃さは随一です。

湯治場に相応しいお湯、湯冷めすることもなくて素晴らしくいいお湯です。

湯上がりで森山窯へと向かうものですから大抵薄着、そんな私を見て奥さんが心配してくださったり。

「温泉入ってきましたので」と言えば納得なのですが、ストーブに火が入る工房内でシャツ一枚、うろうろとしておりました。

*森山窯での様子は次回。

早朝港で働く方のためなのかどうか、お湯の熱さはなかなかのもの、湯掛けして馴らしながら入るようにしています。

こちらはもうひとつの外湯、元湯です。

元湯にはもっと熱い湯船があるらしいのですが(聞くところによると45℃)、未だ訪れず終い。

勝手の知れた薬師湯を愛用していますが、いつか挑戦できればと。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ふなまち

先月に参りました鳥取仕入旅の様子、本日より数回に分けてご紹介させていただきます。

Details »

真生極楽寺 晩秋

一昨日の真生極楽寺(真如堂)。

この日も朝の散歩です。 Details »

酒器

アイテム別の器紹介、本日は酒器をいろいろ。

沖縄、菅原謙さんの片口から、 Details »

マグ

鍋料理の取り鉢に続き、寒い時季にお探しの方が多くなる器。

現在豊富に揃っていますマグを全種類掲載いたします。

Details »

鍋料理の取り鉢

寒くなるにつれ、お探しの方が増える器の代表格。

鍋専用ではないものの、 Details »

琺瑯容器の中でも

人の集まる機会が増える年末に向けてなのか、保存容器をお買い上げいただく方がいつも以上におられるような。


Details »

12月の営業日 更新

未定でした後半の営業日、また年末年始の休業、時間変更についてお知らせをいたします。

Details »

海の店ささき

島根買い付け紀行最終回です。

森山窯を後にし、お昼ごはんは海の店ささきへ。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根買い付け紀行の途中ですが、森山窯の入荷案内です。

ご用意しました器、アイテム名のみ簡単にご紹介させていただきます。

Details »

引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。 Details »

温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

Details »

温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。 Details »