イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

まずはイチョウ材について簡単ながら。

イチョウ材は油分を多く含むために水はけが良く、抗菌作用もあって食周りの道具に向いています。

乾きが早いため黒ずみにくく、比較的長持ちするのも良い点です。

こちらの菜箸、全体に面取りされていて太めの作り。

食事用の箸は口当たりを考慮して先の細いものを好んでいますが、菜箸に関しては太めの方が使いやすいと感じています。

力が入りやすいので、炒め物や卵焼きなど調理の際に混ぜやすく、面取りも効いてうどんやパスタなどの滑りやすい麺も難なく持ち上げることができます。

料理をしている間、使っては味見皿に置いてとの動作を繰り返しますが、丸い菜箸は不意に転がってしまうこと皆さんもご経験はないでしょうか。

太めの面取り、いろいろと理にかなった形状です。

ひとつ欠点を言うなら、プロの料理人さんのように繊細な盛りつけには向かないこと。

私が作る料理の類では問題ないのですが、どうぞ相性を見てご検討いただければと思います。

お手入れは至って普通、食器用洗剤で洗い自然乾燥してください。

油分が多い材質ということは、長く使用しても反りにくいということ。

曲がって掴みづらくなるとの心配も無用です。

在庫切れしていたまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)も本日追加入荷していますので、どうぞ合わせてご覧ください。

イチョウ材面取菜箸

¥1,200(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »