ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

コルクを一度抜いてしまうと再び入れるのは難しく、一度に飲みきらないことも多いためか、皆さん蓋には困られているようで。

頑張って押し込んでみたり、ラップをしたり、とにかく何かをとティッシュを詰めておられたり、皆さん何かしらで代用しながらも感じていた違和感をさらっと解消する便利なアイテムです。

真空にできるバキューム式の栓をお持ちの方でも、開栓後数日で飲みきってしまう時は毎度ポンプをすることなく簡単なものがとのご意見もありまして。

こうして既に多くの方にご利用いただいているのは、レバーを押し下げるだけの簡単操作もあってのこと。

構造も単純です。

レバーを下げる前の状態がこちらなのですが、瓶の内側と栓の間には隙間がある状態。

レバーを下げると中の樹脂部分が持ち上がって隙間を埋め、中から密閉するとの仕組み。

ボトルを横にしても漏れることがないので、白ワインやスパークリングワインなど、冷蔵庫で寝かして保管されたい場合でもお使いいただけます。

コルク栓のワインボトルであれば首の部分の直径がほぼ同じとあって、種類を選ばないのも良いところ。

業務用なのでポップさのない渋めのエンジ色ですが、この感じを好んでくださる方には機能的ながら低価格とのうれしい高コストパフォーマンス品です。

こちらも控えめですがmade in japanの刻印入、同じく外国の方にも人気です。

ワインボトル栓

¥240(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »