ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

コルクを一度抜いてしまうと再び入れるのは難しく、一度に飲みきらないことも多いためか、皆さん蓋には困られているようで。

頑張って押し込んでみたり、ラップをしたり、とにかく何かをとティッシュを詰めておられたり、皆さん何かしらで代用しながらも感じていた違和感をさらっと解消する便利なアイテムです。

真空にできるバキューム式の栓をお持ちの方でも、開栓後数日で飲みきってしまう時は毎度ポンプをすることなく簡単なものがとのご意見もありまして。

こうして既に多くの方にご利用いただいているのは、レバーを押し下げるだけの簡単操作もあってのこと。

構造も単純です。

レバーを下げる前の状態がこちらなのですが、瓶の内側と栓の間には隙間がある状態。

レバーを下げると中の樹脂部分が持ち上がって隙間を埋め、中から密閉するとの仕組み。

ボトルを横にしても漏れることがないので、白ワインやスパークリングワインなど、冷蔵庫で寝かして保管されたい場合でもお使いいただけます。

コルク栓のワインボトルであれば首の部分の直径がほぼ同じとあって、種類を選ばないのも良いところ。

業務用なのでポップさのない渋めのエンジ色ですが、この感じを好んでくださる方には機能的ながら低価格とのうれしい高コストパフォーマンス品です。

こちらも控えめですがmade in japanの刻印入、同じく外国の方にも人気です。

ワインボトル栓

¥240(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »