まな板の削り直しについて

当店で販売しておりますイチョウ材のまな板、常時削り直しが可能ですが、11月5日(日)までお得な料金で受付をいたします。

先日木材のオイルメンテナンスについて書いていた時にふと思いまして、この機会にワックスを使い始められる方に、まな板の管理も良い状態で行っていただければとちょっとしたご提案です。

通常削り直しをご依頼の際には、工房までの往復送料(京都の場合¥1,400、工賃は無料です。)をいただいておりますが、この度¥500で受付をいたします。

返却は11月中旬の予定です。

まな板の面(表・裏)の他木口(まな板の短い方の切断面)の削り直しも可能ですので、出来上がりの厚みや幅など、現物を見ながら個別にご提案させていただければと思っております。

当店のまな板、双葉商店(まな板制作)の通常品より少し仕様を変更していまして、焼印は側面のみ、数mmの面取をした直角仕上げとしています。

削り直しを行った際の焼印の位置や仕上げにつきましても、その際に相談の上決定させていただければと思います。

また1度削り直しをされていて現在の厚みが2cm未満の場合は、反る可能性があるため受付ができません。

卓上用のまな板は削り直しサービスの対象外となりますのでご注意ください。

ご遠方でお持ち込みが難しい方はお電話等でご相談承ります。(営業時間内 075-756-4436)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »