木材のオイルメンテナンス

急に寒くなり、暖房を使い始めるのもそろそろと。

湿度が下がるこの季節、是非木製品のオイルメンテナンスをしていただきたく思います。

無塗装やオイル仕上げの家具などは定期的に油分を補給する必要があるのですが、荒れてから気が付く方が多いよう。

空気の乾燥に加え、暖房もその原因に、人が乾きを感じる時は木からも水分が失われていることを気にしていただければと思います。

乾燥の進んだ状態が続くと終いには反ることも、劣化は加速度的ですので。

ご自身での補修が効く間に、どうぞオイルメンテナンスを習慣にしていただければと思います。

先日は窓際にある欅の台の手入れを行いました。

木目に沿って乾拭きをし、汚れを取り除いてからワックスを擦り込みます。

その後乾くまで放置。

見た目にもツヤが増し、触り心地はしっとりとなめらかになりました。

お手入れを手間に感じられる方も多いかと思いますが、やり終えた後の充足感と安心感はなかなか良いもの、テーブルなら10分もあれば済む程度です。

いつかやらなくてはいけないのなら大事になる前に、その方が結果楽ですので。

当店で販売している木材用のワックスは天然成分のみでできているため、揮発物質が苦手な方や肌の弱い方でも安心してお使いいただけます。

*フレグランスワックスと表記していますが、当店扱い品は無香料です。

京都の家具店フィンガーマークスさんより分けていただいておりまして、家具はもちろん木製品全般にお使いいただけます。

小物のお手入れやまな板のメンテナンスにもご活用ください。

程よい粘度で塗り過ぎることがなく、初めての方でも使いやすいかと。

より詳細な使用方法についてはお渡し時にご説明いたしますので、どうぞ気軽に始めていただければと思います。

木材用メンテナンスワックス 無香料

¥1,200(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »