でく工房にて

伊勢行きの目的はこちら、二見のでく工房へ参りました。

年に1度ほど、ご挨拶と称して仕事を拝見したり、お話する時間を作っていただいたりしています。

猛暑日だったこの日、炉のある仕事場がサウナ状態とのことで、隣にある涼しい一室で長居をさせていただきました。

工房での制作風景はどうぞ以前のブログ(前編後編)でご覧ください。

新作の食器を拝見したり、以前から作られているものを改めて手に取ったりと。

アイテムを変えずに定番販売を続けている当店でも、商品を加え充実させていくことには積極的なつもり。

ただひとときの感情で決めたくはないので、時間をかけてじっくりと、物も人も接することを繰り返した上でと思っていまして。

今回新しいものを期待されていたら申し訳なく思うのですが、新商品を探す目的ではなく接することを重ねるための訪問でして、すぐに店頭へとは反映できずに写真だけ賑やかですみません。

長い目ではいろいろと考えていますので、形になった時にまた改めて。

でく工房の品はサイダー瓶を溶かし、吹きガラスによって作られていることは度々ご紹介していますが、その瓶について少しお話を。

お付き合いを始めた当初はエスサイダー(右)を使用していましたが、現在は鳥羽サイダーや真珠塩サイダーなど三重南部に範囲が広がっているようです。

*ガラス品の色や質に大きな差はありません。

どの物作りでも常にあるのが原料確保の心配で、仕事の根本を左右する大きな問題なのですが、その材料確保に奮闘されているお話を伺いました。

エスサイダーだけだと安心安定とはいかなくなっており、他でも瓶を探されていたよう。

幸い伊勢、鳥羽、志摩と観光需要のある土地が近いこともあって、各地に地サイダーが存在し、分けていただける所が見つかったと。

とりあえずの供給元が確保できひと安心なのですが、回収先が細かく広範囲にもなって、それはそれで大変そうで。

工房へ伺うと制作のその奥を知って、作る以前の作業の多さに気が遠くなることがしばしば、少しずつでもこうして書けたらとは思うのですが。

制作裏話のいろいろや仕事に関係のない脱線話の数々であっという間に夕方に、気兼ねなく話せる有り難いお付き合いに感謝の楽しい訪問でした。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »