薬師岳山荘〜太郎平小屋〜折立

薬師岳からも雨が止む気配はなく。

当初の予定ではこの先の薬師峠テント場で泊まる予定をしていたのですが、折立まで下りることにしました。

湿ったテントで一晩寝るよりも、この日頑張って下り、地上で一日余裕がある方が体が休まると。

4日目の行程が3時間半と短い設定ともあって、3日目で下りてしまうことは可能なものの長い長い道のりとなりました。

折立発のバスには間に合わないためタクシー手配に、時間指定ができる安心感はあっても暗くならないうちにと時間を気にしながらの行動です。

薬師岳山荘では外来者は外ベンチでの食事となるため、昼食は太郎平小屋でとることにしました。

薬師岳から2時間強(ここもひたすらで写真なく)、太郎平小屋に到着です。

雨で外観を撮影していませんがよろしければ昨年の様子で、ラジオ体操が思い出深い素敵な小屋です。

早速食堂へ向かい、太郎ラーメンと、

またまたのネパールカレーをいただきました。

スゴ乗越小屋とは同じグループのため、聞いた話では太郎平が元祖でスゴに伝授したのだとか。

まさか山の中でネパールカレーをはしごできるとは思いもせず。

そして周囲の様子より人気no.1と思われる太郎ラーメン、あっさりとしたスープのアクセントに行者にんにくが入っています。

テントで寝ることもなくなったので、気にすることなくにんにく入りで活力補給。

ちなみに行者にんにくなしのラーメンもメニューにはあります。

雨に濡れた登山者への優しさと言ったら、乾燥室どうぞと(宿泊者でなくとも)案内してくださって、心に染み入ります。

ジャケットだけ食事の間有り難く使わせていただきました。

太郎平小屋での安堵感で気力も復活、ここから3時間下れば終点です。

私は下りが苦手なのですが、今回そこそこ軽快に下りられたのは太郎平小屋あってのこと、山小屋の存在に感謝です。

結果3日目の行動時間は13時間、もちろん休憩含みではありますが、今までの中でもなかなかの行程だったかと。

どんな天気であれ終えれば充足感で一杯に、このやった感と良い疲労感がクセになるもので。

無事下山の後はお疲れさま会、富山市内へ移動しお風呂に入って打ち上げです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

6月1日〜7日の営業について

先週より通常時間にて営業を再開しました。

「こんにちは、お久しぶりです!」とのお声がけができ、
Details »

5月25日〜31日の営業について

現在、新型コロナウィルスの感染状況に応じながら少しずつ営業を再開しています。

予約制は25日まで、26日以降は以下のスケジュールで営業をいたします。 Details »

限定的営業再開

15日(金)より限定的ではありますが、営業を再開いたします。

在店が1組のみとなるよう予約制にて受付、入店いただける時間(店舗到着時間)は13:30〜19:00、水曜定休です。

ご希望の方は前日の18:00までにメールにてご連絡ください。 Details »

改めてお知らせ

昨日の緊急事態宣言指定地域の拡大を受けて4月17日(金)より期間未定の店舗休業といたします。

事前連絡制の期間もご利用がないことは承知の上で、最終的な選択肢としての策でしたが、深刻な状況を受けての決定です。 Details »

今後の営業について

4月12日(日)から事前連絡制での営業とさせていただきたくのお願いです。

本日発表された京都府、京都市の国への緊急事態宣言発出要請を受け、受理されるか否かに関わらず、深刻な状態にあることには違いなく、今後の営業を大幅に縮小することにしました。 Details »

お知らせ

この週末は通常通りの営業をさせていただきました。

明日も普段通りに開ける予定です。

毎日(営業日は)書いていたブログはしばらくお休みします。 Details »

ブルキナバスケット

アフリカはブルキナファソのバスケットが入荷しました。

再入荷までに期間が空いてしまいましたが、各サイズ揃っています。
Details »

お知らせ

新型コロナウィルス感染防止への対応につきましてお知らせです。

当店通常通りの営業をしていますが、 Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄、読谷山焼北窯の器が入荷しました。

Details »

哲学の道

今朝、スーパー帰りの哲学の道です。

リュックいっぱいに食料品が詰まっていたのですが、これを見たら寄らずにはおられず。 Details »

熊野橋からの琵琶湖疏水

本日正午頃の岡崎疎水沿い、ソメイヨシノが満開です。

Details »

よくある質問

初来店の方が多かったこの数日、ご自身の初めての陶器を当店で選んでいただき、興味の入り口となれたことがうれしい週末でした。

Details »