五色ヶ原〜越中沢岳〜スゴ乗越

2日目、五色ヶ原テント場から山荘方面へ。

午後から雨と雷の予報とあって、お昼にはスゴ乗越に到着すべく早めの出発です。

相変わらずの濃霧。

高山植物が一面広がる光景、リベンジできればまた歩いてみたいと。

この日は危険箇所のない、上り下りの繰り返しです。

標高2,500m前後を上下しながら、6時間ほどの行程です。

霞んでいて細かくは分からずも、不思議な岩のオブジェ。

絶妙なバランスを保っているのなら危ないので、こういう形なのかと。

この日の終点スゴ乗越小屋では本場のネパールカレーが食べられると聞いていまして、道中皆の励みは「カレー、カレー」と。

事前に調べた限りでは限定8食のようで、早く着かないと食べられない、それが原動力になった2日目の歩行です。

そのネパールカレー情報は昨年訪ねた雲ノ平山荘で働く方よりいただいたもの。

当店のお客さんだったことが後に発覚し、今年も雲ノ平へと出発の前にお店に寄ってくださいました。

ネパール人伝授の本場の味とのこと、願わくば食べてみたいもの。

行動中雨に降られることはなく、数カ所ロープ場があったものの淡々と進める道でした。

誰かが忘れたメガネがふたつ。

どこかに落ちていたものを分かりやすくと指標に掛けたのかと思います。

度々見かける山の忘れ物ですが、取りに来るのはなかなか困難と。

ここまで霞むとたまに切れただけでも感動、山歩きはアメとムチです。

お昼過ぎにスゴ乗越テント場に到着。

すでに埋まりかけのテント場で場所を確保しつつ、小屋へ向かった友人に幕営受付とカレーの注文を託しまして、無事に。

看板には限定5~8食とありこの時点で残り2食、それを5人でシェアしました(昼ご飯は自炊で賄いつつ)。

山で食べると何でもおいしいのですがこちらは格別、雰囲気もまた素敵で。

チベットの五色旗(タルチョーと言うらしいです)がご覧の通り、食堂からの眺めです。

雷予報も治まって何より、夕方より強い雨が降りましたが2日目もぐっすりです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »