鬼岳~獅子岳〜五色ヶ原

残雪が多く、注意喚起されていた鬼岳の東面。

すれ違った方より山荘の方が道を切っておいてくれたとの情報を。

お盆ともあり登山者が増えることを見据えて、対応してくださったのかと。

白く筋のように見えているのが登山道。

時折はしごも。

何とも有り難い平らな道、斜面のままであればアイゼン必須かと。

足跡を辿るようにして、無事に越えました。

今年は各地で残雪が多く、水の枯渇は心配なくも滑落の可能性を考えないといけないのかと。

より一層霞が濃くなってきて周囲が見渡せず、ならば黙々と歩こうと。

束の間のなだらかさ、木道があるとほっとします。

この辺りは高山植物が豊富で、天気が良ければお花畑を拝めるよう。

獅子岳到着。

ここからもお花畑。

視界一面に広がるはずも。

雲が切れた隙に、ちょっとだけ高揚。

黒部方面、遥か先に渓谷が見えました。

獅子岳からはしばらく下り、ザラ峠という名の通りザレ場をひたすら下ります。

1日目の終点、五色ヶ原のテント場は正面の山を上がったところ。

一度下がってまた上がる、見えているだけにモチベーションを保つのがなかなかで。

峠を越えて五色ヶ原に着く手前では雨が降り出し、疲労に追い打ち、もう無心で足を動かすだけです。

山荘方面とテント場方面の分岐点からが思った以上に距離があって、ようやくの到着。

幸いに設営のときは雨が上がり、無事1日目の寝床を確保しました。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »