室堂平〜浄土山

室堂平での気持ちの良い青空、山歩きのスタートに晴れ晴れしい演出で。

今回結果的に、これ以上の青さを目にすることはないのですが。

しばらくは整備された石畳の道が続き、360°山を眺めながらの歩行です。

中央奥、分かりにくいのですが池があるかと。

みくりが池、火山湖です。

宿泊施設や食事処、温泉まであるようで、立山を眺めながらのお湯はまた格別かと。

日本一高所にある温泉とのことです。

室堂平から40分ほどで室堂山の展望台に到着。

右奥に見えるのが薬師岳、2日後に登る山です。

中央左、はるか遠くには槍ヶ岳。

三角に尖った特徴的な姿、北アルプスのどこからでもすぐに目に付く山界のスター的存在。

ここからは浄土山へ。

残雪があるものの、ここは登山靴で難なく通れるほど。

そしてしばらくはガレ場。

ゴロゴロとした岩を上へ上へと。

北峰から南峰へ。

雷鳥の親子と遭遇しました。

夏山登山はすれ違う方が多いので、雷鳥やコマクサなど希少度の高い遭遇物については大抵口コミが入ってきて、「いたよ」「あったよ」と教えてくれます。

富山大学立山研究所の前で軽くお昼を食べ(写真はなしです)、ここから鬼岳へ。

雲行きが怪しくなる一方、霞が濃くて視界は狭く。

進行方向左手の黒部方面、奥に何となくの黒部っぽさ。

鬼岳の東側に残雪が多くて、数日前に滑落者が出たとのこと。

予め友人より聞いていたので、チェーンスパイク持参で来たものの、カチカチなのかズルズルなのか、雪面にあまり慣れていないので大したことなくを願うばかり。

これより鬼岳東面へ。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »