室堂平〜浄土山

室堂平での気持ちの良い青空、山歩きのスタートに晴れ晴れしい演出で。

今回結果的に、これ以上の青さを目にすることはないのですが。

しばらくは整備された石畳の道が続き、360°山を眺めながらの歩行です。

中央奥、分かりにくいのですが池があるかと。

みくりが池、火山湖です。

宿泊施設や食事処、温泉まであるようで、立山を眺めながらのお湯はまた格別かと。

日本一高所にある温泉とのことです。

室堂平から40分ほどで室堂山の展望台に到着。

右奥に見えるのが薬師岳、2日後に登る山です。

中央左、はるか遠くには槍ヶ岳。

三角に尖った特徴的な姿、北アルプスのどこからでもすぐに目に付く山界のスター的存在。

ここからは浄土山へ。

残雪があるものの、ここは登山靴で難なく通れるほど。

そしてしばらくはガレ場。

ゴロゴロとした岩を上へ上へと。

北峰から南峰へ。

雷鳥の親子と遭遇しました。

夏山登山はすれ違う方が多いので、雷鳥やコマクサなど希少度の高い遭遇物については大抵口コミが入ってきて、「いたよ」「あったよ」と教えてくれます。

富山大学立山研究所の前で軽くお昼を食べ(写真はなしです)、ここから鬼岳へ。

雲行きが怪しくなる一方、霞が濃くて視界は狭く。

進行方向左手の黒部方面、奥に何となくの黒部っぽさ。

鬼岳の東側に残雪が多くて、数日前に滑落者が出たとのこと。

予め友人より聞いていたので、チェーンスパイク持参で来たものの、カチカチなのかズルズルなのか、雪面にあまり慣れていないので大したことなくを願うばかり。

これより鬼岳東面へ。

つづく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »