立山駅〜立山室堂

昨日からの続き、今年の夏山登山は、立山室堂から五色ヶ原、スゴ乗越、薬師岳、太郎平、折立のコースです。

立山駅の駐車場で仮眠をし、7時20分発のケーブルカーに乗るべく、早めにチケット売り場へ向かって無事確保しました。

お盆とあってか早朝ながらチケット購入には列ができていて。

安心したところで車に戻って仕度をし、立山駅で各地より集まった友人達と合流です。

久しぶりなものの話すのはウェアや道具のこと、身の上話は置いておいて、どこの何がいいとかわるいとか。

山用品は実際に山で試さないと分からないことも多くて、毎回安心の所持品と新たに試したいものとをバランスをみて準備している感じです。

ケーブルカーの出発時刻まで少し構内をうろうろと。

かわいらしい店構えのこちらはフードコートアルペン、名前に反してメインはうどんとそばらしく、アルペンうどん、アルペンそばの具が何なのかが気になるところ。

営業時間前で確認できなかったのですが、いつか機会があれば。

奥にはレンタルコーナーがありました。

ざっと覗いたところ、ヘルメット、ザック、ウェア、ポール、アイゼン等々。

観光地ならでは、安心のサービスです。

そしてここの看板クマがなかなかよくできた作りで。

丸太一本から削りだしているよう、年輪がうまく毛並みを表していてプロの仕事と。

7時20分、ケーブルカー出発。

7分間の乗車でまずは美女平に到着。

そこから高原バスに乗り継ぎ、50分かけて室堂へと向かいます。

標高差1,000m以上をぐんぐんと上っていき、景色も一変。

もうすぐ終点と、直前に見えてきたのが剣岳。

遠景でもその険しさが分かる稜線、憧れられない最難関の山です。

笠雲が出ていましたが、山頂の天気はどうなんでしょうか。

山の日のこの日は、これからイベントが行われるようでちょっと陽気な空気感。

気持ちの良い空気を吸って準備運動の後、8時45分登山開始です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »