立山駅〜立山室堂

昨日からの続き、今年の夏山登山は、立山室堂から五色ヶ原、スゴ乗越、薬師岳、太郎平、折立のコースです。

立山駅の駐車場で仮眠をし、7時20分発のケーブルカーに乗るべく、早めにチケット売り場へ向かって無事確保しました。

お盆とあってか早朝ながらチケット購入には列ができていて。

安心したところで車に戻って仕度をし、立山駅で各地より集まった友人達と合流です。

久しぶりなものの話すのはウェアや道具のこと、身の上話は置いておいて、どこの何がいいとかわるいとか。

山用品は実際に山で試さないと分からないことも多くて、毎回安心の所持品と新たに試したいものとをバランスをみて準備している感じです。

ケーブルカーの出発時刻まで少し構内をうろうろと。

かわいらしい店構えのこちらはフードコートアルペン、名前に反してメインはうどんとそばらしく、アルペンうどん、アルペンそばの具が何なのかが気になるところ。

営業時間前で確認できなかったのですが、いつか機会があれば。

奥にはレンタルコーナーがありました。

ざっと覗いたところ、ヘルメット、ザック、ウェア、ポール、アイゼン等々。

観光地ならでは、安心のサービスです。

そしてここの看板クマがなかなかよくできた作りで。

丸太一本から削りだしているよう、年輪がうまく毛並みを表していてプロの仕事と。

7時20分、ケーブルカー出発。

7分間の乗車でまずは美女平に到着。

そこから高原バスに乗り継ぎ、50分かけて室堂へと向かいます。

標高差1,000m以上をぐんぐんと上っていき、景色も一変。

もうすぐ終点と、直前に見えてきたのが剣岳。

遠景でもその険しさが分かる稜線、憧れられない最難関の山です。

笠雲が出ていましたが、山頂の天気はどうなんでしょうか。

山の日のこの日は、これからイベントが行われるようでちょっと陽気な空気感。

気持ちの良い空気を吸って準備運動の後、8時45分登山開始です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »