紫じゃがいも

花背で畑をされている方より紫色のじゃがいもをいただきました。

土鍋で蒸してつまみぐいの後、残りはポテサラに。

土付きでいただいたので分からなかったのですが、皮が黒くて驚き。

水切りに使用したのはボイルストレーナーです。

足付きで深さがあり野菜洗いにも重宝、そして泥落としに便利なのが白い束子、汚れが落ちたか判断しやすいので食材専用にと分けています。

蒸し鍋に使用したのは8寸サイズの土鍋、伊賀焼の土鍋は温まりにムラがなく蓄熱性が高いので、丸々としたじゃがいもでも切ることなくそのまま蒸すことができます。

平型のザルをセットして水を注ぎ、じゃがいもを並べて点火。

水が沸いたら極とろ火にして後は放置、裏返すことなく放っておいても奥まで熱が入るのは蓄熱性の高い伊賀焼の土鍋ならでは。

一番大きなじゃがいもに串を通して熱の通りを確認し、楽々放置料理完了です。

土鍋蒸しの利点は簡単さに加え、水に直接触れないために栄養が流れ出ないこと。

カットせずに丸ごと調理できるので尚更かと。

断面はご覧の通りで、紫の濃さにも驚きました。

皮は手で簡単に剥けます。

ポテサラにするべく熱々に耐えながら潰し終え、冷蔵庫にあった胡麻ドレッシングで和えて、コリアンダーを挽いてパラパラと。

芋の味を楽しむべく胡麻ドレは控えめに、その分物足りなさが出ないよう引き立て役としてスパイスを。

残っていたコリアンダーホールを何とか食べきりたいと思って使ってみたら、甘さが立ち香りが加わっておいしかったです。

七味唐辛子でも同様に。

男爵芋と比べると粘りが強い印象、紫色であることの特有の味はありませんが、アントシアニンたっぷりがうれしい限り。

日に日に増す眼精疲労が緩和されそうで。

一度に食べ過ぎないようにとそば猪口に一食分を分けていただいていました。

粒の小さな料理(豆料理やひじきなど)の器にはそば猪口が使いやすく、豆好きな私には必須のアイテム。

毎晩納豆が欠かせないので専ら納豆鉢にしていますが、いろいろと便利な器です。

紫じゃがいも、存分に楽しませていただいています。

いただきもの、ありがとうございました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »