「バベルの塔」展

国立国際美術館で行われている「バベルの塔」展を見に行きました。

混雑必至と耳にしまして、会期始まりの週の午前中に。

オランダ、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館が新館を建設するタイミングで叶った展覧会、「バベルの塔」の来日は24年ぶりなのだそう。

日本で見られるのは今回が最後とも言われていて、その真偽はさておき、生きているうちは最後かもと。

文句に引っ張られ、避暑も兼ねてと楽しみに伺いました。

ブリューゲルの「バベルの塔」は大トリ、まずは作者不明が多くも美術館より是非にと貸し出しが行われた彫刻や油絵から、ネーデルラント(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)の宗教美術の流れを。

油絵はこの地で確立したようで、繊細で鮮やかな絵画を暫し鑑賞です。

宗教美術以前に美術に疎いのでいつもの見方で、何となく気になるものの前だけでじっくりと。

写真撮影可のバベルパネルは通天閣(下左)、東京タワー(下右)との大きさ比較でそのスケール感を。

絵自体はそれほど大きくはないのですが、1,400人もの人が描かれているとのこと、肉眼では判別困難です。

ひとつひとつが細かい描写とあって、今回は東京藝術大学の協力で巨大な複製画も展示されていました。

ブリューゲルの絵の後にあったとても分かりやすい拡大画、でもこれを見るべきかどうか。

何となく私は止めておいたのですが。

別に強いこだわりがある訳ではなく、大トリに至るまで上げてきた気持ちの最後はやはり本物でと、細かいところまでは分からなくとも醸し出す空気感で十分。

必要以上の情報に埋められてしまうことが多い今のいろいろ、敬遠しすぎなのは自覚の上なのですがここは強気にスルー、実物の印象を一番に帰れたことへの満足が大きいのは確かですが。

やっぱり日本民藝館の展示は見る側の自由があっていいなと思う訳で、見方の好みの問題ですけど。

写真撮影のできる所はSNS向きな作り。

「バベルの塔」展公式マスコット、タラ夫くん。

ブリューゲルの彫画に出てくる奇怪な生き物。

このサイズ感、なかなか腰にくる角度ですが、もしかして人が入ることができるのかも。

いないこともあると注意書きがありましたし。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ふなまち

先月に参りました鳥取仕入旅の様子、本日より数回に分けてご紹介させていただきます。

Details »

真生極楽寺 晩秋

一昨日の真生極楽寺(真如堂)。

この日も朝の散歩です。 Details »

酒器

アイテム別の器紹介、本日は酒器をいろいろ。

沖縄、菅原謙さんの片口から、 Details »

マグ

鍋料理の取り鉢に続き、寒い時季にお探しの方が多くなる器。

現在豊富に揃っていますマグを全種類掲載いたします。

Details »

鍋料理の取り鉢

寒くなるにつれ、お探しの方が増える器の代表格。

鍋専用ではないものの、 Details »

琺瑯容器の中でも

人の集まる機会が増える年末に向けてなのか、保存容器をお買い上げいただく方がいつも以上におられるような。


Details »

12月の営業日 更新

未定でした後半の営業日、また年末年始の休業、時間変更についてお知らせをいたします。

Details »

海の店ささき

島根買い付け紀行最終回です。

森山窯を後にし、お昼ごはんは海の店ささきへ。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根買い付け紀行の途中ですが、森山窯の入荷案内です。

ご用意しました器、アイテム名のみ簡単にご紹介させていただきます。

Details »

引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。 Details »

温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

Details »

温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。 Details »