「バベルの塔」展

国立国際美術館で行われている「バベルの塔」展を見に行きました。

混雑必至と耳にしまして、会期始まりの週の午前中に。

オランダ、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館が新館を建設するタイミングで叶った展覧会、「バベルの塔」の来日は24年ぶりなのだそう。

日本で見られるのは今回が最後とも言われていて、その真偽はさておき、生きているうちは最後かもと。

文句に引っ張られ、避暑も兼ねてと楽しみに伺いました。

ブリューゲルの「バベルの塔」は大トリ、まずは作者不明が多くも美術館より是非にと貸し出しが行われた彫刻や油絵から、ネーデルラント(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)の宗教美術の流れを。

油絵はこの地で確立したようで、繊細で鮮やかな絵画を暫し鑑賞です。

宗教美術以前に美術に疎いのでいつもの見方で、何となく気になるものの前だけでじっくりと。

写真撮影可のバベルパネルは通天閣(下左)、東京タワー(下右)との大きさ比較でそのスケール感を。

絵自体はそれほど大きくはないのですが、1,400人もの人が描かれているとのこと、肉眼では判別困難です。

ひとつひとつが細かい描写とあって、今回は東京藝術大学の協力で巨大な複製画も展示されていました。

ブリューゲルの絵の後にあったとても分かりやすい拡大画、でもこれを見るべきかどうか。

何となく私は止めておいたのですが。

別に強いこだわりがある訳ではなく、大トリに至るまで上げてきた気持ちの最後はやはり本物でと、細かいところまでは分からなくとも醸し出す空気感で十分。

必要以上の情報に埋められてしまうことが多い今のいろいろ、敬遠しすぎなのは自覚の上なのですがここは強気にスルー、実物の印象を一番に帰れたことへの満足が大きいのは確かですが。

やっぱり日本民藝館の展示は見る側の自由があっていいなと思う訳で、見方の好みの問題ですけど。

写真撮影のできる所はSNS向きな作り。

「バベルの塔」展公式マスコット、タラ夫くん。

ブリューゲルの彫画に出てくる奇怪な生き物。

このサイズ感、なかなか腰にくる角度ですが、もしかして人が入ることができるのかも。

いないこともあると注意書きがありましたし。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

鬼岳~獅子岳〜五色ヶ原

残雪が多く、注意喚起されていた鬼岳の東面。

すれ違った方より山荘の方が道を切っておいてくれたとの情報を。 Details »

室堂平〜浄土山

室堂平での気持ちの良い青空、山歩きのスタートに晴れ晴れしい演出で。

今回結果的に、これ以上の青さを目にすることはないのですが。 Details »

立山駅〜立山室堂

昨日からの続き、今年の夏山登山は、立山室堂から五色ヶ原、スゴ乗越、薬師岳、太郎平、折立のコースです。

立山駅の駐車場で仮眠をし、7時20分発のケーブルカーに乗るべく、早めにチケット売り場へ向かって無事確保しました。

Details »

みその橋サカイ

昨年より国民の休日となった山の日、その前後での山行を恒例にと今年も決行してきました。

登山の前夜、存分にエネルギーを充填すべく向かったのはみその橋サカイ。

Details »

紫じゃがいも

花背で畑をされている方より紫色のじゃがいもをいただきました。

土鍋で蒸してつまみぐいの後、残りはポテサラに。 Details »

白桃

岡山の白桃をいただきました。

Details »

みち草 花市

8月26日(土)に行われる「みち草 花市」に出品させていただくことになりました。

Details »

台風5号接近につき

台風5号接近につき、7日は休業させていただきます。
Details »

小鹿田焼復興事業

昨日入荷案内をしました小鹿田焼。

今後については未定とお伝えさせていただきました。 Details »

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しまして、追加したものを中心に簡単ですがご紹介させていただきます。

めし碗。

Details »

アボカド日記

冬の間だったと思いますが、アボカドの種を植えていて、気が付くと芽が出ていました。

Details »

FRANCAISのミルフィユ

引き続きいただきもの。

神奈川は横浜FRANCAISの果実をたのしむレモンのミルフィユ。 Details »