& SUGAR

水戸市街から車で15分ほど、おやつの時間は& SUGARで。

友人夫婦が営む洋菓子店で、開店当初の2012年に訪ねて以来と。

テイクアウトの他、隣の喫茶スペースでいただくこともでき、この度団体旅行のため貸し切りさせていただきました。

正午過ぎの段階でケーキの残りが少ないとの情報を得て、急遽リクエストし取り置いてもらうことに。

その間に来られたお客さんには誠に申し訳なく。

そんな申し訳なさなど全く感じられないケーキの量、大人8名のはずですが、さてひとり何個の予定なのか。

生ケーキの他、日持ちのするバトンケーキ、キッシュやマフィンも販売されています。

パティシエひとり体制ながら品揃え豊富、その日によって動きがあるようですので、情報収集はこちらでどうぞ。

注文ひとつめ、まずはキャラメルシューから。

普段あまりケーキを食べないのですが、と言うのは好まないのではなく、普段の生活サイクルの中で食べるタイミングがなくて。

ケーキを食べることがすごく特別で、非日常とあって構えて臨む気持ちが強くあり、その特別感を一層高めてくれる繊細なケーキに暫くうっとりとしていました。

乱れのないクリームの渦や丁寧に置かれたナッツのひとつひとつ、ピン角のケーキを目の前にちょっとした緊張感を持って。

フォークを入れるのが勿体なくも、一口食べると張っていた気持ちはどこへやら。

次々と手が伸び自然と一口交換会、終いには皿が回り出しまして。

オレンジとヘーゼルナッツのケーキが相当好みにはまり、最後の一口はこちらで締めを。

5年前の訪問時はショーケースの向かいにあった喫茶スペースが改装で拡張されています。

黒い床に白いテーブル、シンプルながら格好良い内装は友人(ここにいない)が手がけたもの。

美しく繊細で鮮やかなケーキが一段と映える喫茶室です。

お店をしている立場で見てしまう店内、黒い床って掃除が大変で、ちょっとしたホコリでも見えてしまうので。

キレイ好きな奥さんの性格でこそ可能ですが、私には維持できないなと。

できないこともあってその格好良さをうらやましく、無いものねだりと。

外観はこちらです。

洋菓子店らしからぬ黒い佇まい、以前はなかった黒フィルム(日光遮断のための)で一層シックな様子ですが、目立つどうのこうの、分かりやすさ云々で勝負していないところがまた素敵なのです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

照屋窯 入荷しました。

沖縄、照屋窯の器が入荷しました。

Details »

丹丹味噌・Lesley Stone・豆源

引き続きいただきもののご紹介です。

有機大豆を使った丹丹味噌から。

Details »

今西軒・えがわ・HORNO

年末年始に頂戴しておりました有り難いいただきもの、2回に分けてご紹介させていただきます。

まずは京都は五条、あんこの有名店今西軒のおはぎから。 Details »

信越食持ち帰り分

最後は持ち帰ったものとおまけと。

松本the Sourceでの夕食の前にamijokへ立ち寄りました。

Details »

the Source

長野から松本へ移動し、晩ごはんはthe Sourceへ。

こちらも友人が営むお店です。

Details »

こまつや

人に会う旅、長野編もお食事処のご紹介です。

善光寺の門前にありますパスタと自然派ワインのお店、こまつやさんを訪ねました。

Details »

中央食堂

新潟市中央卸売市場の中にある中央食堂でのお昼ごはん、越後6点盛海鮮丼と天然ぶりかま焼定食をいただきました。

Details »

喫茶カンポス

年始に新潟と長野に行っていまして、その様子をこれより少々。

人に会う旅だったので喫茶店かお食事処かの飲食系ブログですが、ご興味ありましたら。

Details »

ひとり京都さんぽ

2017年12月29日発売のスターツ出版発行、OZ magazine特別編集「ひとり京都さんぽ」に掲載をいただきました。

Details »

如意ヶ嶽(大文字山)

今季一番冷え込みの厳しかった今朝、固まった体をほぐしにと山歩きに出掛けました。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

昨年買い付けに参りました鳥取、延興寺窯の器が入荷いたしました。

Details »

元興寺

以前から行ってみたかったお寺、元興寺にも初詣へ参りました。

Details »