砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

私も訪れたことがあります和菓子店、宝月堂の和風クッキー。

厚みがあるものの噛むとほろほろと柔らかく上品な甘さで、砂糖は和三盆を使われているとのことです。

砂丘を売りにするお菓子は数多ありますが、砂の丘には感心(失礼ながら)しまして。

宝月堂のご主人が書いたというパッケージの素朴さがまず素敵。

砂丘をメインに鳥取港、浦富海岸(おそらく)、梨や蟹など控えめにも味のあるイラストです。

よくよく見てみると私の大好きな生鮮物産販売所「わったいな」も描かれているのですが、これは知る人が見ないと分からないかも。

そしてさらなる感心ポイントがこの砂感。

筒型の入れ物には意味があって、少し黄みがかった色まで忠実に。

「残った砂は砂糖でできておりますのでコーヒー、紅茶の甘味料に、お料理の調味料として、ご利用ください。」と書いてありました。

もちろんこの感心度合に負けることのないおいしさで、大変完成度の高いお菓子、鳥取を代表する銘菓だと思います。

続いては京都、豆富本舗の豆本、こちらもいただきものです。

アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオのミックスナッツ。

表面の薄衣は特上の餅米を使われているとありました。

青のりやエビの粉が練り込まれていて、ナッツに磯の香りが加わったとなればおつまみにぴったり。

衣がさくっと軽いのは餅米だからでしょうか、心地よい食感です。

それぞれに素敵ないただきものをありがとうございました。

毎日少しずつ楽しみながらいただいております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

青いグラス

27日(金)より開催いたします「でく工房展」、企画展中にご用意いたしますアイテム、また特別追加品とご案内をさせていただきました。

本日は青いグラスについて。 Details »

特別追加アイテム

27日(金)より開催いたします「でく工房展」、昨日は企画展中にご用意いたしますアイテムについてご案内をさせていただきました。

本日は特別品について。

Details »

でく工房展

開催まであと10日程となりました8周年記念企画「でく工房展」。

数回に分け、企画の詳細をご案内させていただきます。

Details »

満月の阿闍梨餅

満月の阿闍梨餅をいただきました。

Details »

あいかむ

一乗寺のグルメハウスあいかむへ。

あいかむ友が来京中につき、待ち合わせにと選んだ場所は迷うことなくこちら。

Details »

花器

昨日入荷案内をいたしましたふもと窯の器、掲載を忘れていたピッチャーの撮影ついでに、春になってお探しの方も増えてきました花器類のご紹介をさせていただきます。

Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

熊本、小代焼ふもと窯の器が入荷しました。

Details »

蛸安のたこ焼き

蛸安岡崎本店のたこ焼きをいただきました。

ソースの香りが漂うこともあり、お店が終わる頃にと差し入れで。

Details »

グランディールのブラウニー

グランディールの割れブラウニーをいただきました。

Details »

かんさんの島とうふチップス

最近、沖縄からの持ち帰り品で気に入っているものがこちら。

かんさんの島とうふチップスです。

Details »

丸安そば

沖縄滞在最終日はお昼に出発する便で帰るだけの日程で、朝昼兼用にと丸安そばへ参りました。

Details »

てだこそば

食事続きの掲載となりますが、あしからず。

Details »