砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

私も訪れたことがあります和菓子店、宝月堂の和風クッキー。

厚みがあるものの噛むとほろほろと柔らかく上品な甘さで、砂糖は和三盆を使われているとのことです。

砂丘を売りにするお菓子は数多ありますが、砂の丘には感心(失礼ながら)しまして。

宝月堂のご主人が書いたというパッケージの素朴さがまず素敵。

砂丘をメインに鳥取港、浦富海岸(おそらく)、梨や蟹など控えめにも味のあるイラストです。

よくよく見てみると私の大好きな生鮮物産販売所「わったいな」も描かれているのですが、これは知る人が見ないと分からないかも。

そしてさらなる感心ポイントがこの砂感。

筒型の入れ物には意味があって、少し黄みがかった色まで忠実に。

「残った砂は砂糖でできておりますのでコーヒー、紅茶の甘味料に、お料理の調味料として、ご利用ください。」と書いてありました。

もちろんこの感心度合に負けることのないおいしさで、大変完成度の高いお菓子、鳥取を代表する銘菓だと思います。

続いては京都、豆富本舗の豆本、こちらもいただきものです。

アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオのミックスナッツ。

表面の薄衣は特上の餅米を使われているとありました。

青のりやエビの粉が練り込まれていて、ナッツに磯の香りが加わったとなればおつまみにぴったり。

衣がさくっと軽いのは餅米だからでしょうか、心地よい食感です。

それぞれに素敵ないただきものをありがとうございました。

毎日少しずつ楽しみながらいただいております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

益子参考館

昼食後街中をふらっと巡り、益子参考館へ。

以前訪ねたのは店を持つ前のこと、 Details »

茶屋雨巻

益子でのお昼ごはんは茶屋雨巻へ。

雨巻山の麓に当たり、「登山口」の看板もほぼ同じ位置に。 Details »

道の駅ましこ

水戸から1時間強、益子へと移動してまずは道の駅ましこへ。

Details »

trattoria blackbird

茨城旅の晩ごはんはtrattoria blackbirdへ。

Details »

& SUGAR

水戸市街から車で15分ほど、おやつの時間は& SUGARで。

Details »

to_dining & daily goodthings

水戸駅から歩いて15分ほど、お昼ごはんはto_dining & daily goodthingsへ。

Details »

茨城へ

先日は茨城へ。

神戸空港よりスカイマークで茨城空港、その後茨城交通のバスにて水戸駅へと。 Details »

山田屋まんじゅう

愛媛のお菓子、山田屋まんじゅうをいただきました。

口にするのは2度目、 Details »

コインケース

別注版の安定供給のお知らせに続き、こちらも春に行った企画展でもご紹介したものですが、新たに加わったコインケースについて。


Details »

別注版について

4月に行いました企画展「ANDADURA」開催時より定番追加となった別注版、好評で完売をしておりましたが、この度在庫が安定しましたのでそのお知らせと改めてのご紹介を。

Details »

POPYPE Issue843

関西地区では8日、全国では9日発売のPOPYPE Issue843に掲載をいただきました。

今号の特集は「お邪魔します、京都」。

Details »

クッパ専門店

夕方に御手洗渓谷を出て、晩ごはんは斑鳩町へ。

法隆寺の近く、クッパを食べに参りました。 Details »