砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

私も訪れたことがあります和菓子店、宝月堂の和風クッキー。

厚みがあるものの噛むとほろほろと柔らかく上品な甘さで、砂糖は和三盆を使われているとのことです。

砂丘を売りにするお菓子は数多ありますが、砂の丘には感心(失礼ながら)しまして。

宝月堂のご主人が書いたというパッケージの素朴さがまず素敵。

砂丘をメインに鳥取港、浦富海岸(おそらく)、梨や蟹など控えめにも味のあるイラストです。

よくよく見てみると私の大好きな生鮮物産販売所「わったいな」も描かれているのですが、これは知る人が見ないと分からないかも。

そしてさらなる感心ポイントがこの砂感。

筒型の入れ物には意味があって、少し黄みがかった色まで忠実に。

「残った砂は砂糖でできておりますのでコーヒー、紅茶の甘味料に、お料理の調味料として、ご利用ください。」と書いてありました。

もちろんこの感心度合に負けることのないおいしさで、大変完成度の高いお菓子、鳥取を代表する銘菓だと思います。

続いては京都、豆富本舗の豆本、こちらもいただきものです。

アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオのミックスナッツ。

表面の薄衣は特上の餅米を使われているとありました。

青のりやエビの粉が練り込まれていて、ナッツに磯の香りが加わったとなればおつまみにぴったり。

衣がさくっと軽いのは餅米だからでしょうか、心地よい食感です。

それぞれに素敵ないただきものをありがとうございました。

毎日少しずつ楽しみながらいただいております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ふなまち

先月に参りました鳥取仕入旅の様子、本日より数回に分けてご紹介させていただきます。

Details »

真生極楽寺 晩秋

一昨日の真生極楽寺(真如堂)。

この日も朝の散歩です。 Details »

酒器

アイテム別の器紹介、本日は酒器をいろいろ。

沖縄、菅原謙さんの片口から、 Details »

マグ

鍋料理の取り鉢に続き、寒い時季にお探しの方が多くなる器。

現在豊富に揃っていますマグを全種類掲載いたします。

Details »

鍋料理の取り鉢

寒くなるにつれ、お探しの方が増える器の代表格。

鍋専用ではないものの、 Details »

琺瑯容器の中でも

人の集まる機会が増える年末に向けてなのか、保存容器をお買い上げいただく方がいつも以上におられるような。


Details »

12月の営業日 更新

未定でした後半の営業日、また年末年始の休業、時間変更についてお知らせをいたします。

Details »

海の店ささき

島根買い付け紀行最終回です。

森山窯を後にし、お昼ごはんは海の店ささきへ。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根買い付け紀行の途中ですが、森山窯の入荷案内です。

ご用意しました器、アイテム名のみ簡単にご紹介させていただきます。

Details »

引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。 Details »

温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

Details »

温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。 Details »