砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

私も訪れたことがあります和菓子店、宝月堂の和風クッキー。

厚みがあるものの噛むとほろほろと柔らかく上品な甘さで、砂糖は和三盆を使われているとのことです。

砂丘を売りにするお菓子は数多ありますが、砂の丘には感心(失礼ながら)しまして。

宝月堂のご主人が書いたというパッケージの素朴さがまず素敵。

砂丘をメインに鳥取港、浦富海岸(おそらく)、梨や蟹など控えめにも味のあるイラストです。

よくよく見てみると私の大好きな生鮮物産販売所「わったいな」も描かれているのですが、これは知る人が見ないと分からないかも。

そしてさらなる感心ポイントがこの砂感。

筒型の入れ物には意味があって、少し黄みがかった色まで忠実に。

「残った砂は砂糖でできておりますのでコーヒー、紅茶の甘味料に、お料理の調味料として、ご利用ください。」と書いてありました。

もちろんこの感心度合に負けることのないおいしさで、大変完成度の高いお菓子、鳥取を代表する銘菓だと思います。

続いては京都、豆富本舗の豆本、こちらもいただきものです。

アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオのミックスナッツ。

表面の薄衣は特上の餅米を使われているとありました。

青のりやエビの粉が練り込まれていて、ナッツに磯の香りが加わったとなればおつまみにぴったり。

衣がさくっと軽いのは餅米だからでしょうか、心地よい食感です。

それぞれに素敵ないただきものをありがとうございました。

毎日少しずつ楽しみながらいただいております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

引き続き森山窯にて

引き続き森山窯にて。

いろいろとお話を伺っていると、その流れから思わぬものに触れさせていただくことがありまして。

Details »

温泉津焼 森山窯

山陰仕入旅、続いては温泉津焼森山窯へ。

Details »

山陰仕入旅

島根、鳥取へと買い付けに参りました様子を少々。

スタートは相変わらずの温泉津温泉薬師湯から。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

種類、数共に豊富にありますので、 Details »

のんべえ春秋5号

文筆家木村衣有子さんが作るお酒ミニコミ、「のんべえ春秋」5号に掲載をいただきました。

どこでもビール号とは気になるタイトル。

Details »

砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

Details »

小代瑞穂窯 入荷しました。

昨日の復興支援品に続き、瑞穂窯の入荷案内です。

Details »

熊本震災復興支援の

昨年より継続的に行っていますチャリティー企画、好評につき欠品している期間の方が長くあるのですが、この度追加となりました。

Details »

ラ コリーナ近江八幡 外観

昨日の続き、ラ コリーナ近江八幡にて。

メインショップの建物が施設の正面に当たります。 Details »

ラ コリーナ近江八幡

滋賀に用事があったもので、少し足を延ばしてラ コリーナ近江八幡へ。

Details »

マンハッタン

壬生にあるパン屋、マンハッタンへあんバタパンを目的に訪ねました。

あんバタの他にもついいろいろと。 Details »

梅酒の準備と実の活用

そろそろ梅酒の仕込みへ向け、下準備の時期となりました。

手持ちの4L瓶を空にすることから始めようと、 Details »