砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

私も訪れたことがあります和菓子店、宝月堂の和風クッキー。

厚みがあるものの噛むとほろほろと柔らかく上品な甘さで、砂糖は和三盆を使われているとのことです。

砂丘を売りにするお菓子は数多ありますが、砂の丘には感心(失礼ながら)しまして。

宝月堂のご主人が書いたというパッケージの素朴さがまず素敵。

砂丘をメインに鳥取港、浦富海岸(おそらく)、梨や蟹など控えめにも味のあるイラストです。

よくよく見てみると私の大好きな生鮮物産販売所「わったいな」も描かれているのですが、これは知る人が見ないと分からないかも。

そしてさらなる感心ポイントがこの砂感。

筒型の入れ物には意味があって、少し黄みがかった色まで忠実に。

「残った砂は砂糖でできておりますのでコーヒー、紅茶の甘味料に、お料理の調味料として、ご利用ください。」と書いてありました。

もちろんこの感心度合に負けることのないおいしさで、大変完成度の高いお菓子、鳥取を代表する銘菓だと思います。

続いては京都、豆富本舗の豆本、こちらもいただきものです。

アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオのミックスナッツ。

表面の薄衣は特上の餅米を使われているとありました。

青のりやエビの粉が練り込まれていて、ナッツに磯の香りが加わったとなればおつまみにぴったり。

衣がさくっと軽いのは餅米だからでしょうか、心地よい食感です。

それぞれに素敵ないただきものをありがとうございました。

毎日少しずつ楽しみながらいただいております。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

木材のオイルメンテナンス

急に寒くなり、暖房を使い始めるのもそろそろと。

湿度が下がるこの季節、是非木製品のオイルメンテナンスをしていただきたく思います。

Details »

台風21号接近につき

21日(土)は通常通り19時まで営業しております。
22日(日)は台風の状況によって変更する可能性がありますので、こちらにて都度情報を更新させていただきます。

伊賀焼土鍋 入荷しました。

今年は少し早めの入荷となりました伊賀焼の土鍋、開店当初から変わらずに提供しておりますが、初めてご覧になられる方に改めてご紹介をさせていただきます。

Details »

松田共司工房にて

沖縄仕入旅、最後は読谷山焼北窯松田共司さんの工房へご挨拶に。

Details »

シーサイドドライブイン・再びてだこ

普段は走ることのない道で、横目に見えた外観に思わず車を停めまして。

Details »

ジャンバルターコー

昼過ぎに大宜味を出て、お昼ごはんは名護で。

2度目となりますジャンバルターコーへ。 Details »

引き続き大宜味共同窯にて

買い付けを終えた後は、登り窯の見学に。

Details »

大宜味共同窯 窯出し

沖縄仕入旅、翌日は大宜味村へ。

共同窯で作陶をされている菅原さんの工房へ、恒例の買い付けです。 Details »

てだこそば

先日、沖縄へ買い付けに行っておりました。

代わり映えしませんが、お昼ごはんは毎度のてだこそばで。

Details »

ステンレスバスタオルハンガー

丸型ステンレスピンチにつづいて、バスタオルハンガーのご紹介です。

Details »

丸型ステンレスピンチ

浅型ザル以来の新たな定番商品、ステンレスピンチのご紹介です。

Details »

受注状況のお知らせ

dscf2128

12月初旬お渡し予定の高千穂のわら細工について、現在の受注状況をお知らせいたします。

10月15日(日)17時までの締切に加え、 Details »