梅酒の準備と実の活用

そろそろ梅酒の仕込みへ向け、下準備の時期となりました。

手持ちの4L瓶を空にすることから始めようと、900mlのステンレスキャップ瓶に移して冷蔵庫へ。

ドアポケットに収まるサイズで、これからの季節には冷やして飲むにも好都合です。

ちなみに横にあるイチョウ材のまな板は愛用して5年を超えましたが、我ながらきれいな状態を保てているなと思っています。

木口側も黒くならずに清潔維持と、試行錯誤であみ出したこの方法のおかげなのですが、こちらもどうぞご興味ありましたら。

梅酒を飲む時には梅の実もひとつふたつとつまんで食べていまして、ほとんどは柔らかく浸かっているものの、中にはシワシワになって固くなったものもありまして。

小さめの実に起こりやすいのですが、これらもおいしく食べたいと最後にまとめて火入れをしています。

琺瑯の浅型タッパーに敷き詰めて、杓子で1、2杯程梅酒を入れてそのまま火にかけるだけ。

時間は適当、琺瑯は熱伝導が良いので強火での焦げ付きにだけご注意いただければ。

とろ火で加熱、菜箸で裏返しながら実が柔らかくなれば完成です。

火を入れる前と比べて、見た目にもふっくらとしたのが分かりますかね。

アルコールが飛びますので、蜂蜜など加えて甘く煮詰めれば、お子さんのおやつとしてもよいかと。

この後は自然冷却し、蓋をして冷蔵庫で保管します。

短期間で食べきれない量であれば冷凍庫に入れ、梅の実氷として食べるのもおすすめです。

酸や塩分に強い琺瑯容器は色や臭いが移りにくく、長期保存に向くことは周知の通りですが、直火や冷凍も活用すればより幅が広がるかと。

浅型は底面が大きいためガスレンジの上でも安定し、熱が均一に入りやすいこともあって、様々なタイプの中でも個人的に一番好んでいる形です。

マリネなどの漬け込みや、またバット代わりにと本当に便利な調理用具。

琺瑯容器は他にも深型、スクエア型、ラウンドストッカーと扱っていまして、形によって向き不向きがありますので、ご用途に応じてご相談いただければと思います。

ステンレスキャップ保存瓶 ¥400(抜)900ml(他に450mlもあります。)

琺瑯容器浅型 小 ¥1,250(抜) W208×D145×H44mm

琺瑯容器浅型 大 ¥1,950(抜) W252×D188×H48mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »