梅酒の準備と実の活用

そろそろ梅酒の仕込みへ向け、下準備の時期となりました。

手持ちの4L瓶を空にすることから始めようと、900mlのステンレスキャップ瓶に移して冷蔵庫へ。

ドアポケットに収まるサイズで、これからの季節には冷やして飲むにも好都合です。

ちなみに横にあるイチョウ材のまな板は愛用して5年を超えましたが、我ながらきれいな状態を保てているなと自負しています。

木口側も黒くならずに清潔維持と、試行錯誤であみ出したこの方法のおかげなのですが、こちらもどうぞご興味ありましたら。

梅酒を飲む時には梅の実もひとつふたつとつまんで食べていまして、ほとんどは柔らかく浸かっているものの、中にはシワシワになって固くなったものもありまして。

小さめの実に起こりやすいのですが、これらもおいしく食べたいと最後にまとめて火入れをしています。

琺瑯の浅型タッパーに敷き詰めて、杓子で1、2杯程梅酒を入れてそのまま火にかけるだけ。

時間は適当、琺瑯は熱伝導が良いので強火での焦げ付きにだけご注意いただければ。

とろ火で加熱、菜箸で裏返しながら実が柔らかくなれば完成です。

火を入れる前と比べて、見た目にもふっくらとしたのが分かりますかね。

アルコールが飛びますので、蜂蜜など加えて甘く煮詰めれば、お子さんのおやつとしてもよいかと。

この後は自然冷却し、蓋をして冷蔵庫で保管します。

短期間で食べきれない量であれば冷凍庫に入れ、梅の実氷として食べるのもおすすめです。

酸や塩分に強い琺瑯容器は色や臭いが移りにくく、長期保存に向くことは周知の通りですが、直火や冷凍も活用すればより幅が広がるかと。

浅型は底面が大きいためガスレンジの上でも安定し、熱が均一に入りやすいこともあって、様々なタイプの中でも個人的に一番好んでいる形です。

マリネなどの漬け込みや、またバット代わりにと本当に便利な調理用具。

琺瑯容器は他にも深型、スクエア型、ラウンドストッカーと扱っていまして、形によって向き不向きがありますので、ご用途に応じてご相談いただければと思います。

ステンレスキャップ保存瓶 ¥400(抜)900ml(他に450mlもあります。)

琺瑯容器浅型 小 ¥1,250(抜) W208×D145×H44mm

琺瑯容器浅型 大 ¥1,950(抜) W252×D188×H48mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

益子参考館

昼食後街中をふらっと巡り、益子参考館へ。

以前訪ねたのは店を持つ前のこと、 Details »

茶屋雨巻

益子でのお昼ごはんは茶屋雨巻へ。

雨巻山の麓に当たり、「登山口」の看板もほぼ同じ位置に。 Details »

道の駅ましこ

水戸から1時間強、益子へと移動してまずは道の駅ましこへ。

Details »

trattoria blackbird

茨城旅の晩ごはんはtrattoria blackbirdへ。

Details »

& SUGAR

水戸市街から車で15分ほど、おやつの時間は& SUGARで。

Details »

to_dining & daily goodthings

水戸駅から歩いて15分ほど、お昼ごはんはto_dining & daily goodthingsへ。

Details »

茨城へ

先日は茨城へ。

神戸空港よりスカイマークで茨城空港、その後茨城交通のバスにて水戸駅へと。 Details »

山田屋まんじゅう

愛媛のお菓子、山田屋まんじゅうをいただきました。

口にするのは2度目、 Details »

コインケース

別注版の安定供給のお知らせに続き、こちらも春に行った企画展でもご紹介したものですが、新たに加わったコインケースについて。


Details »

別注版について

4月に行いました企画展「ANDADURA」開催時より定番追加となった別注版、好評で完売をしておりましたが、この度在庫が安定しましたのでそのお知らせと改めてのご紹介を。

Details »

POPYPE Issue843

関西地区では8日、全国では9日発売のPOPYPE Issue843に掲載をいただきました。

今号の特集は「お邪魔します、京都」。

Details »

クッパ専門店

夕方に御手洗渓谷を出て、晩ごはんは斑鳩町へ。

法隆寺の近く、クッパを食べに参りました。 Details »