東寺餅の柏餅

端午の節句に柏餅を食べることのできた至福の朝です。

昨日東寺餅のお餅をいろいろといただきまして。

葉の色の違いはこし餡版と味噌餡版と。

味噌餡には山椒の葉が入っていて、口に含んだ途端鼻に抜ける良い香り、白味噌の塩味と甘みも絶妙です。

つやつやのお餅は見た目の通りにぷるっとしていてもちもちでした。

出世魚かどうかは定かではないものの、気分だけでもとお皿は魚紋で。

数えきれない程ある京都の厄除け行事ですが、厄除けと称していただく和菓子から季節を感じることも楽しみになっています。

5月は柏餅でクリアと。

東寺餅はその名の通り東寺の門前にあるお餅屋さんで、名前は耳にするも訪れたことがなくて。

代表菓子がこちら。

東寺餅、こし餡入りの求肥餅です。

随分と柔らかく、お皿に移すのもそっと。

柏餅、東寺餅といただきましたが、餅の食感の良さが何とも言えません。

ブログ内であんこ好きを公言していますが、あんこよりも印象が強く残った餅生地のおいしさは相当なものかと。

この他にも胡麻の入ったにっき餅(見た目からおそらく)と三色団子をいただいておりまして、食べきれなかった分は帰ってからのお楽しみに。

これだけおいしいものが豊富な今でもこの味に感動するのですから、創業当時は衝撃的だったのではと包装紙の店構えから想像したりもしつつ。

100年を超える老舗のお餅屋、こうなると三色団子が楽しみで仕方ないです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

引き続き森山窯にて

引き続き森山窯にて。

いろいろとお話を伺っていると、その流れから思わぬものに触れさせていただくことがありまして。

Details »

温泉津焼 森山窯

山陰仕入旅、続いては温泉津焼森山窯へ。

Details »

山陰仕入旅

島根、鳥取へと買い付けに参りました様子を少々。

スタートは相変わらずの温泉津温泉薬師湯から。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

種類、数共に豊富にありますので、 Details »

のんべえ春秋5号

文筆家木村衣有子さんが作るお酒ミニコミ、「のんべえ春秋」5号に掲載をいただきました。

どこでもビール号とは気になるタイトル。

Details »

砂の丘・豆本

鳥取のお菓子、砂の丘をいただきました。

Details »

小代瑞穂窯 入荷しました。

昨日の復興支援品に続き、瑞穂窯の入荷案内です。

Details »

熊本震災復興支援の

昨年より継続的に行っていますチャリティー企画、好評につき欠品している期間の方が長くあるのですが、この度追加となりました。

Details »

ラ コリーナ近江八幡 外観

昨日の続き、ラ コリーナ近江八幡にて。

メインショップの建物が施設の正面に当たります。 Details »

ラ コリーナ近江八幡

滋賀に用事があったもので、少し足を延ばしてラ コリーナ近江八幡へ。

Details »

マンハッタン

壬生にあるパン屋、マンハッタンへあんバタパンを目的に訪ねました。

あんバタの他にもついいろいろと。 Details »

梅酒の準備と実の活用

そろそろ梅酒の仕込みへ向け、下準備の時期となりました。

手持ちの4L瓶を空にすることから始めようと、 Details »