東寺餅の柏餅

端午の節句に柏餅を食べることのできた至福の朝です。

昨日東寺餅のお餅をいろいろといただきまして。

葉の色の違いはこし餡版と味噌餡版と。

味噌餡には山椒の葉が入っていて、口に含んだ途端鼻に抜ける良い香り、白味噌の塩味と甘みも絶妙です。

つやつやのお餅は見た目の通りにぷるっとしていてもちもちでした。

出世魚かどうかは定かではないものの、気分だけでもとお皿は魚紋で。

数えきれない程ある京都の厄除け行事ですが、厄除けと称していただく和菓子から季節を感じることも楽しみになっています。

5月は柏餅でクリアと。

東寺餅はその名の通り東寺の門前にあるお餅屋さんで、名前は耳にするも訪れたことがなくて。

代表菓子がこちら。

東寺餅、こし餡入りの求肥餅です。

随分と柔らかく、お皿に移すのもそっと。

柏餅、東寺餅といただきましたが、餅の食感の良さが何とも言えません。

ブログ内であんこ好きを公言していますが、あんこよりも印象が強く残った餅生地のおいしさは相当なものかと。

この他にも胡麻の入ったにっき餅(見た目からおそらく)と三色団子をいただいておりまして、食べきれなかった分は帰ってからのお楽しみに。

これだけおいしいものが豊富な今でもこの味に感動するのですから、創業当時は衝撃的だったのではと包装紙の店構えから想像したりもしつつ。

100年を超える老舗のお餅屋、こうなると三色団子が楽しみで仕方ないです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

益子参考館

昼食後街中をふらっと巡り、益子参考館へ。

以前訪ねたのは店を持つ前のこと、 Details »

茶屋雨巻

益子でのお昼ごはんは茶屋雨巻へ。

雨巻山の麓に当たり、「登山口」の看板もほぼ同じ位置に。 Details »

道の駅ましこ

水戸から1時間強、益子へと移動してまずは道の駅ましこへ。

Details »

trattoria blackbird

茨城旅の晩ごはんはtrattoria blackbirdへ。

Details »

& SUGAR

水戸市街から車で15分ほど、おやつの時間は& SUGARで。

Details »

to_dining & daily goodthings

水戸駅から歩いて15分ほど、お昼ごはんはto_dining & daily goodthingsへ。

Details »

茨城へ

先日は茨城へ。

神戸空港よりスカイマークで茨城空港、その後茨城交通のバスにて水戸駅へと。 Details »

山田屋まんじゅう

愛媛のお菓子、山田屋まんじゅうをいただきました。

口にするのは2度目、 Details »

コインケース

別注版の安定供給のお知らせに続き、こちらも春に行った企画展でもご紹介したものですが、新たに加わったコインケースについて。


Details »

別注版について

4月に行いました企画展「ANDADURA」開催時より定番追加となった別注版、好評で完売をしておりましたが、この度在庫が安定しましたのでそのお知らせと改めてのご紹介を。

Details »

POPYPE Issue843

関西地区では8日、全国では9日発売のPOPYPE Issue843に掲載をいただきました。

今号の特集は「お邪魔します、京都」。

Details »

クッパ専門店

夕方に御手洗渓谷を出て、晩ごはんは斑鳩町へ。

法隆寺の近く、クッパを食べに参りました。 Details »