東寺餅の柏餅

端午の節句に柏餅を食べることのできた至福の朝です。

昨日東寺餅のお餅をいろいろといただきまして。

葉の色の違いはこし餡版と味噌餡版と。

味噌餡には山椒の葉が入っていて、口に含んだ途端鼻に抜ける良い香り、白味噌の塩味と甘みも絶妙です。

つやつやのお餅は見た目の通りにぷるっとしていてもちもちでした。

出世魚かどうかは定かではないものの、気分だけでもとお皿は魚紋で。

数えきれない程ある京都の厄除け行事ですが、厄除けと称していただく和菓子から季節を感じることも楽しみになっています。

5月は柏餅でクリアと。

東寺餅はその名の通り東寺の門前にあるお餅屋さんで、名前は耳にするも訪れたことがなくて。

代表菓子がこちら。

東寺餅、こし餡入りの求肥餅です。

随分と柔らかく、お皿に移すのもそっと。

柏餅、東寺餅といただきましたが、餅の食感の良さが何とも言えません。

ブログ内であんこ好きを公言していますが、あんこよりも印象が強く残った餅生地のおいしさは相当なものかと。

この他にも胡麻の入ったにっき餅(見た目からおそらく)と三色団子をいただいておりまして、食べきれなかった分は帰ってからのお楽しみに。

これだけおいしいものが豊富な今でもこの味に感動するのですから、創業当時は衝撃的だったのではと包装紙の店構えから想像したりもしつつ。

100年を超える老舗のお餅屋、こうなると三色団子が楽しみで仕方ないです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »