SとN

「SとN」とは佐賀と長崎の頭文字です。

2022年九州新幹線西ルートの開業に向けて、地域の魅力を発信すべく両県共同で作られた情報誌。

県をまたいでとは珍しい取り組みですが、思えば佐賀も長崎も肥前の国で。

文化圏の括りは地形や交通によるところが大きくありますから、県の境界より自然かもしれません。

初号の括りは佐賀西部と長崎北部、有田から佐世保まで北松浦半島をぐるっと走る松浦鉄道での列車の旅です。

旅と言っても観光地巡りとは少し違っていて、対象は各駅で出会った人や店、その土地の生活や仕事を覗き見るような感覚です。

日常の中に潜んでいる面白さをつついて引っ張りだしているような編集で、それくらいその土地には当たり前なこと、それが尚更に興味深く。

この度のご紹介は、当店で配布設置させていただくことになりまして、そのお知らせです。

先日依頼書と共に見本誌が送られてきまして、その主旨と内容に共感したもので。

目立った派手さはなくとも土地の魅力を発信する手段があることを改めて。

広く話題にはならないかもしれませんが、分かりにくくも後から地味に染みてくる魅力。

日頃こうした響き方を求めてはいても、目立たないだけに見つけにくく、これこそ情報誌として発信する価値があるなといろいろ賛同の思いでしたので。

140ページ超と読みごたえのある内容ながらフリー冊子、ご自由にお持ち帰りをいただけます。

奥のコーナーに設置をしておりますが、冊数に限りがありまして、できればお読みいただける方に手に取っていただきたく思います。

2022年の新幹線開通に向けてということは、今後号数は増えていくのかと。

仕事上縁遠い土地ではありますが、いずれ伺う機会に向けての予習と、また日常を発信する術を習う気持ちで追って読んでいきたいと思います。

主旨や文だけでなく、写真やデザインもすごく素敵。

ご興味ありましたら是非どうぞ。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »