玉屋珈琲・瑳峨の小倉庵

引き続きいただきもの。

玉屋珈琲店のスペシャルブレンドです。

大丸の裏辺り、前は通るものの入ったことはなく、京都にお越しの際にこちらで豆を買われるという遠方からのお客さんよりいただきました。

深煎りのスペシャルブレンド、酸味が少なく普段飲んでいるものと似たタイプです。

親しんでいる安心感から家で飲むコーヒーはほぼ深煎り、たまの外食で浅煎りを口にすることもあるのですが、やはり好みはそうそう変わらないようで。

好みというよりは慣れなのかもしれませんが、落ち着く気持ちには代えられないのかと。

朝起きるとまず一番にお湯を沸かす習慣で、乾いた体に濃いめの深煎りコーヒーを相当量入れています。

体に良いのか悪いのか、分からずままにもこれで始めないと調子が狂うもので。

いただいた豆と普段のものと日替わりで飲み比べ、分かる範囲での味の違いを楽しみながらいただきました。

濃いコーヒーとあんことの相性は最高と、どちらも進んで仕方がないため普段は抑えているのですが(あんこの方)、たいへんうれしいいただきものを。

広島出張のご機会が多く好んで購入しているとのお話、いただいたのは300g超のつぶあんぱんです。

度々ブログをご覧いただいていおられる方より、食の好みが似ている私に食べさせたいと思っていただいたらしく、恐縮ながら心底うれしい。

あまりにも重くて驚いたので、いただいた後すぐにはかりに載せてみたらこの数値で。

開封すると途中でやめられないと思ったので、晩は我慢をして翌朝の楽しみとしました。

7寸皿に対して、この大きさが伝わるでしょうか。

つぶあんぎっしり、あんこ好きにはたまりませんが、勝手に脇役と認識して口にしたパン生地もしっとりとおいしくて。

カットの方向を間違ったかなと、結局もう1個も切断。

2個の断面画より全体のあんこ量を想像してください。

朝食ということで丸々食べた罪悪感は気持ち軽めに、お腹の重みが幸せな朝でした。

広島に行く際には外せないお店としてブックマーク済み、ちなみに店名はメロンパンです。

いろんなインパクト大、これは忘れられないですね。

*タイトルの漢字表記(さが)が変換できなくて当てておりますが、正式表記は写真でご判断ください。

うれしくも同じ時期にいただいた最高の組み合わせ、それぞれおいしく頂戴いたしました。

いただきもの、ありがとうございます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »