玉屋珈琲・瑳峨の小倉庵

引き続きいただきもの。

玉屋珈琲店のスペシャルブレンドです。

大丸の裏辺り、前は通るものの入ったことはなく、京都にお越しの際にこちらで豆を買われるという遠方からのお客さんよりいただきました。

深煎りのスペシャルブレンド、酸味が少なく普段飲んでいるものと似たタイプです。

親しんでいる安心感から家で飲むコーヒーはほぼ深煎り、たまの外食で浅煎りを口にすることもあるのですが、やはり好みはそうそう変わらないようで。

好みというよりは慣れなのかもしれませんが、落ち着く気持ちには代えられないのかと。

朝起きるとまず一番にお湯を沸かす習慣で、乾いた体に濃いめの深煎りコーヒーを相当量入れています。

体に良いのか悪いのか、分からずままにもこれで始めないと調子が狂うもので。

いただいた豆と普段のものと日替わりで飲み比べ、分かる範囲での味の違いを楽しみながらいただきました。

濃いコーヒーとあんことの相性は最高と、どちらも進んで仕方がないため普段は抑えているのですが(あんこの方)、たいへんうれしいいただきものを。

広島出張のご機会が多く好んで購入しているとのお話、いただいたのは300g超のつぶあんぱんです。

度々ブログをご覧いただいていおられる方より、食の好みが似ている私に食べさせたいと思っていただいたらしく、恐縮ながら心底うれしい。

あまりにも重くて驚いたので、いただいた後すぐにはかりに載せてみたらこの数値で。

開封すると途中でやめられないと思ったので、晩は我慢をして翌朝の楽しみとしました。

7寸皿に対して、この大きさが伝わるでしょうか。

つぶあんぎっしり、あんこ好きにはたまりませんが、勝手に脇役と認識して口にしたパン生地もしっとりとおいしくて。

カットの方向を間違ったかなと、結局もう1個も切断。

2個の断面画より全体のあんこ量を想像してください。

朝食ということで丸々食べた罪悪感は気持ち軽めに、お腹の重みが幸せな朝でした。

広島に行く際には外せないお店としてブックマーク済み、ちなみに店名はメロンパンです。

いろんなインパクト大、これは忘れられないですね。

*タイトルの漢字表記(さが)が変換できなくて当てておりますが、正式表記は写真でご判断ください。

うれしくも同じ時期にいただいた最高の組み合わせ、それぞれおいしく頂戴いたしました。

いただきもの、ありがとうございます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

益子参考館

昼食後街中をふらっと巡り、益子参考館へ。

以前訪ねたのは店を持つ前のこと、 Details »

茶屋雨巻

益子でのお昼ごはんは茶屋雨巻へ。

雨巻山の麓に当たり、「登山口」の看板もほぼ同じ位置に。 Details »

道の駅ましこ

水戸から1時間強、益子へと移動してまずは道の駅ましこへ。

Details »

trattoria blackbird

茨城旅の晩ごはんはtrattoria blackbirdへ。

Details »

& SUGAR

水戸市街から車で15分ほど、おやつの時間は& SUGARで。

Details »

to_dining & daily goodthings

水戸駅から歩いて15分ほど、お昼ごはんはto_dining & daily goodthingsへ。

Details »

茨城へ

先日は茨城へ。

神戸空港よりスカイマークで茨城空港、その後茨城交通のバスにて水戸駅へと。 Details »

山田屋まんじゅう

愛媛のお菓子、山田屋まんじゅうをいただきました。

口にするのは2度目、 Details »

コインケース

別注版の安定供給のお知らせに続き、こちらも春に行った企画展でもご紹介したものですが、新たに加わったコインケースについて。


Details »

別注版について

4月に行いました企画展「ANDADURA」開催時より定番追加となった別注版、好評で完売をしておりましたが、この度在庫が安定しましたのでそのお知らせと改めてのご紹介を。

Details »

POPYPE Issue843

関西地区では8日、全国では9日発売のPOPYPE Issue843に掲載をいただきました。

今号の特集は「お邪魔します、京都」。

Details »

クッパ専門店

夕方に御手洗渓谷を出て、晩ごはんは斑鳩町へ。

法隆寺の近く、クッパを食べに参りました。 Details »