熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

牛王神符とは烏文字で書かれた神札で災難除けのお守りです。

歴史を遡ると鎌倉時代には契約書、江戸時代には起誓文として使われていたとのこと。

裏に契約(誓約)文を書くようで、それを破ると熊野大神の使いである烏が1羽亡くなり、本人も血を吐いて地獄に落ちると信じられていたよう。

烏のスタイルや紙の大きさはそれぞれです。

熊野本宮大社、烏88羽。

本宮大社では1月7日に刷り始めの神事があり、墨は真名井戸社の水を使ってすられているとのこと。

木版の手刷りです。

熊野速玉神社、烏48羽。

添えられていた説明書きには牛王の由来が書いてありました。

牛の胆のうにできる結石を印色として使ったことから牛王宝印と称されるようになったとのこと、諸説あるようですが。

熊野那智大社、烏72羽。

こちらの墨は那智の滝の霊水を使ってすられているとのこと。

本宮と新宮(速玉)には「熊野山宝印」、那智には「那智瀧宝印」と書かれているようですが、私には烏文字は解読できず。

絵のように見えて意味があり、ヒエログリフのようで神秘的で素敵です。

それぞれ中央には「日本第一」と書いてあります。

日本第一大霊験所の「日本第一」なのですが、今風に言うと日本第一のパワースポット。

三山分揃えば強力な災難除けになるでしょうか、折角なら場所も考えて大事に掲げたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

青いグラス

27日(金)より開催いたします「でく工房展」、企画展中にご用意いたしますアイテム、また特別追加品とご案内をさせていただきました。

本日は青いグラスについて。 Details »

特別追加アイテム

27日(金)より開催いたします「でく工房展」、昨日は企画展中にご用意いたしますアイテムについてご案内をさせていただきました。

本日は特別品について。

Details »

でく工房展

開催まであと10日程となりました8周年記念企画「でく工房展」。

数回に分け、企画の詳細をご案内させていただきます。

Details »

満月の阿闍梨餅

満月の阿闍梨餅をいただきました。

Details »

あいかむ

一乗寺のグルメハウスあいかむへ。

あいかむ友が来京中につき、待ち合わせにと選んだ場所は迷うことなくこちら。

Details »

花器

昨日入荷案内をいたしましたふもと窯の器、掲載を忘れていたピッチャーの撮影ついでに、春になってお探しの方も増えてきました花器類のご紹介をさせていただきます。

Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

熊本、小代焼ふもと窯の器が入荷しました。

Details »

蛸安のたこ焼き

蛸安岡崎本店のたこ焼きをいただきました。

ソースの香りが漂うこともあり、お店が終わる頃にと差し入れで。

Details »

グランディールのブラウニー

グランディールの割れブラウニーをいただきました。

Details »

かんさんの島とうふチップス

最近、沖縄からの持ち帰り品で気に入っているものがこちら。

かんさんの島とうふチップスです。

Details »

丸安そば

沖縄滞在最終日はお昼に出発する便で帰るだけの日程で、朝昼兼用にと丸安そばへ参りました。

Details »

てだこそば

食事続きの掲載となりますが、あしからず。

Details »