熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

牛王神符とは烏文字で書かれた神札で災難除けのお守りです。

歴史を遡ると鎌倉時代には契約書、江戸時代には起誓文として使われていたとのこと。

裏に契約(誓約)文を書くようで、それを破ると熊野大神の使いである烏が1羽亡くなり、本人も血を吐いて地獄に落ちると信じられていたよう。

烏のスタイルや紙の大きさはそれぞれです。

熊野本宮大社、烏88羽。

本宮大社では1月7日に刷り始めの神事があり、墨は真名井戸社の水を使ってすられているとのこと。

木版の手刷りです。

熊野速玉神社、烏48羽。

添えられていた説明書きには牛王の由来が書いてありました。

牛の胆のうにできる結石を印色として使ったことから牛王宝印と称されるようになったとのこと、諸説あるようですが。

熊野那智大社、烏72羽。

こちらの墨は那智の滝の霊水を使ってすられているとのこと。

本宮と新宮(速玉)には「熊野山宝印」、那智には「那智瀧宝印」と書かれているようですが、私には烏文字は解読できず。

絵のように見えて意味があり、ヒエログリフのようで神秘的で素敵です。

それぞれ中央には「日本第一」と書いてあります。

日本第一大霊験所の「日本第一」なのですが、今風に言うと日本第一のパワースポット。

三山分揃えば強力な災難除けになるでしょうか、折角なら場所も考えて大事に掲げたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

器物無聊

木馬文化出版発行「器物無聊」に掲載をいただきました。

Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

熊本、小代焼ふもと窯の器が追加入荷しました。

Details »

5月の営業日

5月の営業日をお知らせいたします。

Details »

菅原工房窯出し

大宜味村共同窯の窯出しへ。

お世話になっています菅原さんの器の買い付けです。

Details »

やちむん12人展

大宜味へ北上する間、恩納村のホテルムーンビーチへ立ち寄りました。

Details »

沖縄仕入旅

企画展の前となりますが、沖縄へ買い付けに行っていました。

展示会直前とあって強行となり、今までで一番短い滞在時間です。

Details »

SとN

「SとN」とは佐賀と長崎の頭文字です。

Details »

単色薄手のヘンプソックス

2016年春夏限定品として販売しました単色薄手のヘンプソックス

蒸れにくいヘンプソックスの特性を残したままの薄手版、 Details »

メタボ岡崎

昨年秋より改修工事に入り、きれいになったメタボ岡崎。

当店はこの1階で営業をしています。 Details »

玉屋珈琲・瑳峨の小倉庵

引き続きいただきもの。

玉屋珈琲店のスペシャルブレンドです。 Details »

カステラ・だるま最中

いただいていたいろいろ。

Details »

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

今回数多くのご用意となりまして、大きい陳列台2台に分けています。 Details »