熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

牛王神符とは烏文字で書かれた神札で災難除けのお守りです。

歴史を遡ると鎌倉時代には契約書、江戸時代には起誓文として使われていたとのこと。

裏に契約(誓約)文を書くようで、それを破ると熊野大神の使いである烏が1羽亡くなり、本人も血を吐いて地獄に落ちると信じられていたよう。

烏のスタイルや紙の大きさはそれぞれです。

熊野本宮大社、烏88羽。

本宮大社では1月7日に刷り始めの神事があり、墨は真名井戸社の水を使ってすられているとのこと。

木版の手刷りです。

熊野速玉神社、烏48羽。

添えられていた説明書きには牛王の由来が書いてありました。

牛の胆のうにできる結石を印色として使ったことから牛王宝印と称されるようになったとのこと、諸説あるようですが。

熊野那智大社、烏72羽。

こちらの墨は那智の滝の霊水を使ってすられているとのこと。

本宮と新宮(速玉)には「熊野山宝印」、那智には「那智瀧宝印」と書かれているようですが、私には烏文字は解読できず。

絵のように見えて意味があり、ヒエログリフのようで神秘的で素敵です。

それぞれ中央には「日本第一」と書いてあります。

日本第一大霊験所の「日本第一」なのですが、今風に言うと日本第一のパワースポット。

三山分揃えば強力な災難除けになるでしょうか、折角なら場所も考えて大事に掲げたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ふなまち

先月に参りました鳥取仕入旅の様子、本日より数回に分けてご紹介させていただきます。

Details »

真生極楽寺 晩秋

一昨日の真生極楽寺(真如堂)。

この日も朝の散歩です。 Details »

酒器

アイテム別の器紹介、本日は酒器をいろいろ。

沖縄、菅原謙さんの片口から、 Details »

マグ

鍋料理の取り鉢に続き、寒い時季にお探しの方が多くなる器。

現在豊富に揃っていますマグを全種類掲載いたします。

Details »

鍋料理の取り鉢

寒くなるにつれ、お探しの方が増える器の代表格。

鍋専用ではないものの、 Details »

琺瑯容器の中でも

人の集まる機会が増える年末に向けてなのか、保存容器をお買い上げいただく方がいつも以上におられるような。


Details »

12月の営業日 更新

未定でした後半の営業日、また年末年始の休業、時間変更についてお知らせをいたします。

Details »

海の店ささき

島根買い付け紀行最終回です。

森山窯を後にし、お昼ごはんは海の店ささきへ。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根買い付け紀行の途中ですが、森山窯の入荷案内です。

ご用意しました器、アイテム名のみ簡単にご紹介させていただきます。

Details »

引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。 Details »

温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

Details »

温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。 Details »