熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

牛王神符とは烏文字で書かれた神札で災難除けのお守りです。

歴史を遡ると鎌倉時代には契約書、江戸時代には起誓文として使われていたとのこと。

裏に契約(誓約)文を書くようで、それを破ると熊野大神の使いである烏が1羽亡くなり、本人も血を吐いて地獄に落ちると信じられていたよう。

烏のスタイルや紙の大きさはそれぞれです。

熊野本宮大社、烏88羽。

本宮大社では1月7日に刷り始めの神事があり、墨は真名井戸社の水を使ってすられているとのこと。

木版の手刷りです。

熊野速玉神社、烏48羽。

添えられていた説明書きには牛王の由来が書いてありました。

牛の胆のうにできる結石を印色として使ったことから牛王宝印と称されるようになったとのこと、諸説あるようですが。

熊野那智大社、烏72羽。

こちらの墨は那智の滝の霊水を使ってすられているとのこと。

本宮と新宮(速玉)には「熊野山宝印」、那智には「那智瀧宝印」と書かれているようですが、私には烏文字は解読できず。

絵のように見えて意味があり、ヒエログリフのようで神秘的で素敵です。

それぞれ中央には「日本第一」と書いてあります。

日本第一大霊験所の「日本第一」なのですが、今風に言うと日本第一のパワースポット。

三山分揃えば強力な災難除けになるでしょうか、折角なら場所も考えて大事に掲げたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

木材のオイルメンテナンス

急に寒くなり、暖房を使い始めるのもそろそろと。

湿度が下がるこの季節、是非木製品のオイルメンテナンスをしていただきたく思います。

Details »

台風21号接近につき

21日(土)は通常通り19時まで営業しております。
22日(日)は台風の状況によって変更する可能性がありますので、こちらにて都度情報を更新させていただきます。

伊賀焼土鍋 入荷しました。

今年は少し早めの入荷となりました伊賀焼の土鍋、開店当初から変わらずに提供しておりますが、初めてご覧になられる方に改めてご紹介をさせていただきます。

Details »

松田共司工房にて

沖縄仕入旅、最後は読谷山焼北窯松田共司さんの工房へご挨拶に。

Details »

シーサイドドライブイン・再びてだこ

普段は走ることのない道で、横目に見えた外観に思わず車を停めまして。

Details »

ジャンバルターコー

昼過ぎに大宜味を出て、お昼ごはんは名護で。

2度目となりますジャンバルターコーへ。 Details »

引き続き大宜味共同窯にて

買い付けを終えた後は、登り窯の見学に。

Details »

大宜味共同窯 窯出し

沖縄仕入旅、翌日は大宜味村へ。

共同窯で作陶をされている菅原さんの工房へ、恒例の買い付けです。 Details »

てだこそば

先日、沖縄へ買い付けに行っておりました。

代わり映えしませんが、お昼ごはんは毎度のてだこそばで。

Details »

ステンレスバスタオルハンガー

丸型ステンレスピンチにつづいて、バスタオルハンガーのご紹介です。

Details »

丸型ステンレスピンチ

浅型ザル以来の新たな定番商品、ステンレスピンチのご紹介です。

Details »

受注状況のお知らせ

dscf2128

12月初旬お渡し予定の高千穂のわら細工について、現在の受注状況をお知らせいたします。

10月15日(日)17時までの締切に加え、 Details »