熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

牛王神符とは烏文字で書かれた神札で災難除けのお守りです。

歴史を遡ると鎌倉時代には契約書、江戸時代には起誓文として使われていたとのこと。

裏に契約(誓約)文を書くようで、それを破ると熊野大神の使いである烏が1羽亡くなり、本人も血を吐いて地獄に落ちると信じられていたよう。

烏のスタイルや紙の大きさはそれぞれです。

熊野本宮大社、烏88羽。

本宮大社では1月7日に刷り始めの神事があり、墨は真名井戸社の水を使ってすられているとのこと。

木版の手刷りです。

熊野速玉神社、烏48羽。

添えられていた説明書きには牛王の由来が書いてありました。

牛の胆のうにできる結石を印色として使ったことから牛王宝印と称されるようになったとのこと、諸説あるようですが。

熊野那智大社、烏72羽。

こちらの墨は那智の滝の霊水を使ってすられているとのこと。

本宮と新宮(速玉)には「熊野山宝印」、那智には「那智瀧宝印」と書かれているようですが、私には烏文字は解読できず。

絵のように見えて意味があり、ヒエログリフのようで神秘的で素敵です。

それぞれ中央には「日本第一」と書いてあります。

日本第一大霊験所の「日本第一」なのですが、今風に言うと日本第一のパワースポット。

三山分揃えば強力な災難除けになるでしょうか、折角なら場所も考えて大事に掲げたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

益子参考館

昼食後街中をふらっと巡り、益子参考館へ。

以前訪ねたのは店を持つ前のこと、 Details »

茶屋雨巻

益子でのお昼ごはんは茶屋雨巻へ。

雨巻山の麓に当たり、「登山口」の看板もほぼ同じ位置に。 Details »

道の駅ましこ

水戸から1時間強、益子へと移動してまずは道の駅ましこへ。

Details »

trattoria blackbird

茨城旅の晩ごはんはtrattoria blackbirdへ。

Details »

& SUGAR

水戸市街から車で15分ほど、おやつの時間は& SUGARで。

Details »

to_dining & daily goodthings

水戸駅から歩いて15分ほど、お昼ごはんはto_dining & daily goodthingsへ。

Details »

茨城へ

先日は茨城へ。

神戸空港よりスカイマークで茨城空港、その後茨城交通のバスにて水戸駅へと。 Details »

山田屋まんじゅう

愛媛のお菓子、山田屋まんじゅうをいただきました。

口にするのは2度目、 Details »

コインケース

別注版の安定供給のお知らせに続き、こちらも春に行った企画展でもご紹介したものですが、新たに加わったコインケースについて。


Details »

別注版について

4月に行いました企画展「ANDADURA」開催時より定番追加となった別注版、好評で完売をしておりましたが、この度在庫が安定しましたのでそのお知らせと改めてのご紹介を。

Details »

POPYPE Issue843

関西地区では8日、全国では9日発売のPOPYPE Issue843に掲載をいただきました。

今号の特集は「お邪魔します、京都」。

Details »

クッパ専門店

夕方に御手洗渓谷を出て、晩ごはんは斑鳩町へ。

法隆寺の近く、クッパを食べに参りました。 Details »