熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

牛王神符とは烏文字で書かれた神札で災難除けのお守りです。

歴史を遡ると鎌倉時代には契約書、江戸時代には起誓文として使われていたとのこと。

裏に契約(誓約)文を書くようで、それを破ると熊野大神の使いである烏が1羽亡くなり、本人も血を吐いて地獄に落ちると信じられていたよう。

烏のスタイルや紙の大きさはそれぞれです。

熊野本宮大社、烏88羽。

本宮大社では1月7日に刷り始めの神事があり、墨は真名井戸社の水を使ってすられているとのこと。

木版の手刷りです。

熊野速玉神社、烏48羽。

添えられていた説明書きには牛王の由来が書いてありました。

牛の胆のうにできる結石を印色として使ったことから牛王宝印と称されるようになったとのこと、諸説あるようですが。

熊野那智大社、烏72羽。

こちらの墨は那智の滝の霊水を使ってすられているとのこと。

本宮と新宮(速玉)には「熊野山宝印」、那智には「那智瀧宝印」と書かれているようですが、私には烏文字は解読できず。

絵のように見えて意味があり、ヒエログリフのようで神秘的で素敵です。

それぞれ中央には「日本第一」と書いてあります。

日本第一大霊験所の「日本第一」なのですが、今風に言うと日本第一のパワースポット。

三山分揃えば強力な災難除けになるでしょうか、折角なら場所も考えて大事に掲げたいと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »