熊野本宮大社旧社地 大斎原

順番が前後していますが、高野山の前に初日行き忘れていた大斎原へ参りました。

1889年の水害発生時まで本宮大社があった場所、現在は鳥居が再建されてご覧の様子です。

真っ直ぐ好きなので、この参道が堪らないのですが。

鳥居は高さ30m以上と超巨大、渋い色味は鋼によるものです。

鋼鉄の艶なくムラが出た感じ、そこに金の八咫烏紋なんて格好良過ぎです。

ちなみに八咫烏のシンボルマークは三山それぞれで、左から速玉、那智、本宮と。

鳥居を過ぎて、拝殿跡まで林の中を歩いて行きました。

すぐ脇には熊野川、大斎原は川の中州にあたり、江戸時代までは歩いて川を渡っていたのだとか。

神域に入る前のお清めでもあった行為。

現在の本宮からは徒歩圏内ですので、大斎原も熊野詣には必須かと。

旅の中で出会ったご当地牛乳2つ目は、那智勝浦天満牧場の瓶入りコーヒー。

何のKか分からなかったのですが、表面は「K」印、裏面は子どものイラスト。

瓶は要返却とあって調べてみると宅配中心のよう、種類は瓶入の牛乳とコーヒーの2種。

小売は販売所が限られており、私は道の駅なちの情報コーナー横で購入しました。

牛乳メインでまったりとしています。

甘さが強く感じられると思ったら砂糖の他に食塩が、原材料の表記順からすると微量ですが、コーヒー牛乳には珍しい際立たせ方です。

コメントはまだありません »

コメントを残す

CAPTCHA


& Kyoto

マガジンハウス発行の& Kyoto「テーマでめぐる、京都、街歩きガイド」に掲載をいただきました。

Details »

熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

Details »

高野山

奥之院前の駐車場に車を停め、弘法大師御廟までは歩いて向かいます。

Details »

熊野本宮大社旧社地 大斎原

順番が前後していますが、高野山の前に初日行き忘れていた大斎原へ参りました。

1889年の水害発生時まで本宮大社があった場所、 Details »

勝浦から

勝浦での朝、東向きの窓より日の出を拝んで1日のスタートです。

対面にある建物は島まるごとを敷地とする旅館、元は船宿だったそうで。 Details »

那智の滝

熊野那智大社の別宮、那智の滝へは石段を下ります。

まもなくで鳥居が見えてきました。 Details »

熊野那智大社

熊野那智大社の鳥居が見えてきました。

ここからもう少し階段が続きます。 Details »

熊野古道 大門坂

新宮から那智勝浦へはおよそ30分、大門坂の駐車場に車を停め熊野古道を歩きます。

Details »

熊野速玉大社

新宮川(熊野川)沿いを下流へ向かって1時間弱、熊野速玉大社に到着。

こちらは環境変わって新宮市の街中です。 Details »

熊野本宮大社

湯の峰温泉より車ですぐ、熊野詣は熊野本宮大社から。

Details »

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

1月下旬に放送されたテレビ番組の影響があってか、過去稀に見る品薄状態でしたが、たっぷりと追加をしております。

Details »

湯胸茶屋

温泉を堪能した後は、開いているお店を探して朝食を。

東光寺の裏手にあった茶店、湯胸茶屋に入りました。

Details »