那智の滝

熊野那智大社の別宮、那智の滝へは石段を下ります。

まもなくで鳥居が見えてきました。

ここよりまたしばらくは下り、正式な参拝は右側通行とのことです。

滝は中央目の前にあるのですが、水しぶきの音だけが聞こえ、姿は見えず。

林の具合でうまく隠れていまして、この焦らしに反って高揚いたします。

全貌が見えました。

落差は133m、滝壺だけでも10mの深さがあるとのこと。

写真では穏やかに収まっていますが、実際には相当な迫力です。

見えない圧にぐいぐいと惹き込まれる、圧倒的な空気感。

滝の近くまで寄れるとお瀧拝所まで上がることにしました。

これより有料ですが、入場券替わりのお守りをいただけます。

撮影していなかったことに今気が付きましたが、延命水がありまして、杯代100円で有り難くの延命。

杯は持ち帰って、旅の記念にと。

拝所には誰もおらず、ただただ落下する水を見つめていたのですが、次第に遠近感がおかしくなってきます。

茫然とただただ。

滝口を見ると注連縄が張ってあったのですが、拡大していただくと分かりますかね。

その幅は13m、どうやって張っているのかが不思議です。

年に1,2度凍るらしくもしやその時かと、それはそれで岩場が滑って危ないので違うと思いますが。

1日で巡った熊野三山は車移動なものの早朝から動いて良い疲労感、充実感でいっぱいです。

ここから大門坂の下りは足取り軽く、駐車場まですぐでした。

初日の予定がスムーズに運んだため、翌日は計画外でしたが高野山を参ることに。

和歌山旅、もうしばらく続きます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ふなまち

先月に参りました鳥取仕入旅の様子、本日より数回に分けてご紹介させていただきます。

Details »

真生極楽寺 晩秋

一昨日の真生極楽寺(真如堂)。

この日も朝の散歩です。 Details »

酒器

アイテム別の器紹介、本日は酒器をいろいろ。

沖縄、菅原謙さんの片口から、 Details »

マグ

鍋料理の取り鉢に続き、寒い時季にお探しの方が多くなる器。

現在豊富に揃っていますマグを全種類掲載いたします。

Details »

鍋料理の取り鉢

寒くなるにつれ、お探しの方が増える器の代表格。

鍋専用ではないものの、 Details »

琺瑯容器の中でも

人の集まる機会が増える年末に向けてなのか、保存容器をお買い上げいただく方がいつも以上におられるような。


Details »

12月の営業日 更新

未定でした後半の営業日、また年末年始の休業、時間変更についてお知らせをいたします。

Details »

海の店ささき

島根買い付け紀行最終回です。

森山窯を後にし、お昼ごはんは海の店ささきへ。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根買い付け紀行の途中ですが、森山窯の入荷案内です。

ご用意しました器、アイテム名のみ簡単にご紹介させていただきます。

Details »

引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。 Details »

温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

Details »

温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。 Details »