熊野古道 大門坂

新宮から那智勝浦へはおよそ30分、大門坂の駐車場に車を停め熊野古道を歩きます。

大門坂は那智山への参道に当たり、かつて坂の到着地点に大きな門があったことからこの名前が付いたのだそうです。

熊野那智大社へは車で行くこともできますが、熊野古道を歩きたかったので大門坂から入ることにしました。

ほぼ当時のままの状態で残っているようです。

コースタイムは表参道までが30分、そこから那智大社までが20分です。

コンクリートの道をしばらく歩くと杉並木へ。

ちょうど前の方が通っていただいて幸い、人:杉の比率はご覧の通りです。

こちら樹齢800年の夫婦杉が並木の始点です。

ここからは石段が続き、表参道まではおよそ650m。

思いの外きれいな道で、スニーカーで問題なく歩けました。

夫婦杉に限らず、立派な幹の大杉が立ち並んでいまして。

扉の中が気になるも、南京錠付きでした。

高低差はおよそ100m、空気は冷たくも体は徐々に温かくなっていきまして。

大門坂より上る方は多くないよう、しっとりとした空気の中清々しい気分で参りました。

古道を抜けると表参道へ。

ここから那智大社までもしばらく階段が続きます。

上着を脱いでもうひと越え、まもなくで到着です。

コメントはまだありません »

コメントを残す

CAPTCHA


& Kyoto

マガジンハウス発行の& Kyoto「テーマでめぐる、京都、街歩きガイド」に掲載をいただきました。

Details »

熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

Details »

高野山

奥之院前の駐車場に車を停め、弘法大師御廟までは歩いて向かいます。

Details »

熊野本宮大社旧社地 大斎原

順番が前後していますが、高野山の前に初日行き忘れていた大斎原へ参りました。

1889年の水害発生時まで本宮大社があった場所、 Details »

勝浦から

勝浦での朝、東向きの窓より日の出を拝んで1日のスタートです。

対面にある建物は島まるごとを敷地とする旅館、元は船宿だったそうで。 Details »

那智の滝

熊野那智大社の別宮、那智の滝へは石段を下ります。

まもなくで鳥居が見えてきました。 Details »

熊野那智大社

熊野那智大社の鳥居が見えてきました。

ここからもう少し階段が続きます。 Details »

熊野古道 大門坂

新宮から那智勝浦へはおよそ30分、大門坂の駐車場に車を停め熊野古道を歩きます。

Details »

熊野速玉大社

新宮川(熊野川)沿いを下流へ向かって1時間弱、熊野速玉大社に到着。

こちらは環境変わって新宮市の街中です。 Details »

熊野本宮大社

湯の峰温泉より車ですぐ、熊野詣は熊野本宮大社から。

Details »

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

1月下旬に放送されたテレビ番組の影響があってか、過去稀に見る品薄状態でしたが、たっぷりと追加をしております。

Details »

湯胸茶屋

温泉を堪能した後は、開いているお店を探して朝食を。

東光寺の裏手にあった茶店、湯胸茶屋に入りました。

Details »