熊野速玉大社

新宮川(熊野川)沿いを下流へ向かって1時間弱、熊野速玉大社に到着。

こちらは環境変わって新宮市の街中です。

熊野詣は2度目なのですが、相当期間が空いたためいろいろとうろ覚えでして。

ホームページからの要約ですが少々、神倉山のゴトビキ岩に神々が降臨されたことから始まる熊野信仰は、元々山がご神体である自然信仰、その後この場所に社殿を設けたことから「新宮」と呼ばれるようになったそうです。

「新」と言いましても今から2,000年近く以前のことで。

近年まで歩いて参っていた訳ですよね。

車でスイっと移動しながらも「熊野は遠い」なんて言っていたもので、1日で巡ってご利益を授かろうとの気持ちが段々と恐れ多くなって。

そんなざわざわっとした気持ちを本殿の前では一旦無心にして、無欲にと願わず無事参れたことを感謝して立っておりました。

立派な御神木があると聞いていたものの見当たらず、巫女さんに伺いましたら通り過ぎていたようです。

参道沿いにあるのですが、あまりにも大きくて反って視界に入りませんでした。

他に写るものと比較していただければ巨木具合が想像できるかと。

梛の木、樹齢は1,000年を超えているそうです。

昨日少々触れました牛王神符とこの梛の葉をいただくことで熊野詣の安全祈願にしていたとのこと。

根を張ってしっかり据えている様子を見ると確かに安心感が。

難行苦行の熊野詣、この梛の葉を授かってすがりたくなる気持ち、想像して共感。

ここからは勝浦方面へ向かいます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »