熊野本宮大社

湯の峰温泉より車ですぐ、熊野詣は熊野本宮大社から。

参道の両脇には「熊野大権現」ののぼりがずらりと。

伏見稲荷大社でいう千本鳥居と同じ、奉納によるものです。

なかなかの階段で、先に上られていたご年配の方がとてもしんどそうでした。

参拝に興味の湧く年頃はそれぞれかと思いますが、いずれ一度はと思っていたら体力面を考えると早い方が良いかと。

最近訪ねる場所場所で思います。

熊野詣も同じくで、後で参りました那智はアップダウンもありますし。

この門より先は神域のため撮影(掲載)禁止とのことでした。

注連縄の上のわら細工、お気付きになりましたでしょうか。

3本足の八咫烏仕様です。

サッカー日本代表のシンボルとしても有名になりました八咫烏。

八咫烏とは本宮の主祭神にお仕えをしている太陽の化身で、導きの神とされているよう。

当店のお膝元、熊野神社のシンボルももちろん八咫烏、今回の熊野三山詣は総本山巡りとの気持ちも含んでのこと(着いてからの後付けですが)、感慨深く参っておりました。

檜皮葺きの本殿は荘厳な雰囲気で、静かにお参りできたことが何よりです。

この度三山詣でそれぞれの牛王神符を授かってきましたので、旅ブログの最後にまとめてご覧いただきたく思います。

ここから北へ少し、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」へ寄り道を。

道の駅には珍しく、奥半分がスーパーになっていました。

向かいにあったJAの販売所が閉まっていたので、おそらく道の駅ができるタイミングで統合したのかと。

不思議な売り場が反って楽しく、ぐるっと回って私はいつものご当地コーヒー牛乳探しと。

大内山コーヒー、三重のものと分かりつつ初めてだったので購入しました。

この系統のコーヒー飲料に期待するのは牛乳の味濃さ、単純な観点ですが乳業会社が作っているものなので、コーヒーよりも牛乳重視です。

であれば牛乳を飲んだらと言われてしまいそうですが、そうではなくて。

この乳飲料扱いの加工品がどれだけのものかという点に興味をそそられている訳で、分かりづらい好奇心です。

大内山コーヒーは牛乳感が強くコーヒー風味のまったり飲み物、程よく甘めで好みのタイプ。

同じ所へ向かう仕入旅では飲み尽くした感のあるご当地コーヒー牛乳、久々の新種ということも含めて満足です。

コメントはまだありません »

コメントを残す

CAPTCHA


& Kyoto

マガジンハウス発行の& Kyoto「テーマでめぐる、京都、街歩きガイド」に掲載をいただきました。

Details »

熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

Details »

高野山

奥之院前の駐車場に車を停め、弘法大師御廟までは歩いて向かいます。

Details »

熊野本宮大社旧社地 大斎原

順番が前後していますが、高野山の前に初日行き忘れていた大斎原へ参りました。

1889年の水害発生時まで本宮大社があった場所、 Details »

勝浦から

勝浦での朝、東向きの窓より日の出を拝んで1日のスタートです。

対面にある建物は島まるごとを敷地とする旅館、元は船宿だったそうで。 Details »

那智の滝

熊野那智大社の別宮、那智の滝へは石段を下ります。

まもなくで鳥居が見えてきました。 Details »

熊野那智大社

熊野那智大社の鳥居が見えてきました。

ここからもう少し階段が続きます。 Details »

熊野古道 大門坂

新宮から那智勝浦へはおよそ30分、大門坂の駐車場に車を停め熊野古道を歩きます。

Details »

熊野速玉大社

新宮川(熊野川)沿いを下流へ向かって1時間弱、熊野速玉大社に到着。

こちらは環境変わって新宮市の街中です。 Details »

熊野本宮大社

湯の峰温泉より車ですぐ、熊野詣は熊野本宮大社から。

Details »

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

1月下旬に放送されたテレビ番組の影響があってか、過去稀に見る品薄状態でしたが、たっぷりと追加をしております。

Details »

湯胸茶屋

温泉を堪能した後は、開いているお店を探して朝食を。

東光寺の裏手にあった茶店、湯胸茶屋に入りました。

Details »