湯胸茶屋

温泉を堪能した後は、開いているお店を探して朝食を。

東光寺の裏手にあった茶店、湯胸茶屋に入りました。

入り口にはセルフで楽しめる温泉玉子が、とりあえずこれは決まりとしてメニューを見に中へと。

なぜかしかめっ面のお坊さんがずらりと並んだ筆書きの短冊、様になっています。

和歌山名物とのめはり寿司と梅ぶっかけおろしそば(好んで冷)を頼みました。

お寿司は注文が入ってから作られるようで少し時間をいただきますとのこと、玉子を浸けに行くにはちょうどよく、出来たてが食べられるのは願ったり。

温泉の川のすぐ脇にある囲いが玉子用の風呂、90℃近くあるそうです。

傍を離れると狙われるのか、看板には注意書きがありました。

木枠の内側に釘が刺さっていて、そのフックに紐を引っ掛け設置完了です。

半熟希望のため茹で時間は9分に設定、待っている間も体は温かいままで湯冷めすることなく、無事にできあがりました。

かぶりついた断面をお見せするのも何かとこの状態までの写真ですが、抜群の茹で加減で。

さらっと置いている手拭いは私の旅の必需品です。

手拭きにも温泉の際にも、ちょっと肌寒い時には首に巻いて隙間を埋めたりと。

すぐに乾くので洗って車の中にでも干しておけばあっという間、旅にも本当に重宝します。

しばらくして梅おろしそばとめはり寿司が出てきました。

先日のブログの通り、舌が肥えているのとは違うそばへのうるささがある私ですが、コシのある素朴なそばに満足。

進んで梅干しを食べることがないものの(赤紫蘇がちょっと苦手で青梅好み)、さすが和歌山、こんなにおいしく思えたのは初めてです。

塩辛くも酸っぱくもなく、これなら何個も食べられそう。

めはり寿司は何なのかを知らずに注文したので、どんな味か楽しみです。

俵型で思ったより大きめ、塩漬けの青菜は口にしたことがある味でカブっぽいような感じがするのですが、はっきりと確証はなくて。

繊維が残らずさっぱりとしていて、ごはんととても良く合います。

中はおかかの入ったもちもちのごはん、まだ少し温かくて粘りも程よく、大変おいしくいただいました。

帰り際、伺ってみると高菜の葉なのだそう。

ごはんとの相性も納得、刻んだ漬け物の状態には親しんでいますが、まんまの葉の印象がなくて気が付きませんでした。

もち米かとも思った中身は普通のお米だとか、あれだけ粘りがあってもべたっとせずに、いろいろと驚きです。

対応してくださっていたのはおそらく住職さんかと思いますが、めはり寿司は作り置きしないのがこだわりと、出来たてを味わえて幸せです。

何百年も前からある紀州の郷土料理で、片手ですぐに食べられることから労働者の方々のお弁当だったよう。

お湯も食事も大満足の湯の峰温泉、熊野詣の際には是非お立寄りください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ふなまち

先月に参りました鳥取仕入旅の様子、本日より数回に分けてご紹介させていただきます。

Details »

真生極楽寺 晩秋

一昨日の真生極楽寺(真如堂)。

この日も朝の散歩です。 Details »

酒器

アイテム別の器紹介、本日は酒器をいろいろ。

沖縄、菅原謙さんの片口から、 Details »

マグ

鍋料理の取り鉢に続き、寒い時季にお探しの方が多くなる器。

現在豊富に揃っていますマグを全種類掲載いたします。

Details »

鍋料理の取り鉢

寒くなるにつれ、お探しの方が増える器の代表格。

鍋専用ではないものの、 Details »

琺瑯容器の中でも

人の集まる機会が増える年末に向けてなのか、保存容器をお買い上げいただく方がいつも以上におられるような。


Details »

12月の営業日 更新

未定でした後半の営業日、また年末年始の休業、時間変更についてお知らせをいたします。

Details »

海の店ささき

島根買い付け紀行最終回です。

森山窯を後にし、お昼ごはんは海の店ささきへ。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根買い付け紀行の途中ですが、森山窯の入荷案内です。

ご用意しました器、アイテム名のみ簡単にご紹介させていただきます。

Details »

引き続き森山窯

引き続き森山窯にて。

山陰道から見えたススキをきっかけに植物の話からお庭の方へとお邪魔しまして。 Details »

温泉津焼 森山窯

朝風呂の後は森山窯へ。

Details »

温泉津温泉

島根へ買い付けに参りました旅の様子をお届けいたします。

毎度同じく朝一は温泉津温泉へ、こちらは温泉津港の風景です。 Details »