湯の峰温泉

早朝6時より開いている公衆浴場、湯の峰温泉へ。

まずは熱いお湯に浸かって頭と体をさっぱりと、参拝の前のお清めにもなるでしょうか。

ご覧の光景でかつ人はまばら、想像以上に素敵な温泉場で気分が上がります。

川のように流れる温泉の両脇にお寺や民宿が並んでいました。

立ちのぼり続ける湯気の加湿でこれだけでも癒されます。

あらゆるものが湯の花だらけ、これは泉質も期待できそう。

公衆浴場にはつぼ湯、薬湯、一般湯と選択肢が3つあり、受付は1ヶ所、券売機で購入した券を窓口に出してそれぞれの入り口へと参ります。

一般湯は加水されたお湯、薬湯は源泉のままを適温に、つぼ湯はその名の通りつぼのような丸い浴槽に浸かる貸切システムとのこと。

温泉の川の上流部分に「つぼ」と書いた看板が見えました。

小屋の中がそのよう、しっかりとした壁ではありますが、開放感のある環境の中ですぐ近くまで行けることを思うと、こちらも少しドキドキするのですが。

私たちは薬湯へ、時間帯が良かったのか貸切状態。

自然と声の出る少し熱めのお湯で硫黄の香りが濃く、じわじわと体に染み入る感じです。

今まで行った温泉の中では初めてだったのですが、浴場では石けんなど洗浄剤の使用が禁止されています。

おそらくあの温泉の川へと流れているのだと。

石けんが使えないことは現地で知りましたが、特に不便を感じることはなく、硫黄泉を掛け流すだけで十分に気持ちよく良いお湯を堪能いたしました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

大宜味共同窯 買い付け

先日入荷案内をしております菅原さんの器、買い付けに伺った時の様子を少し。

Details »

恵文社バンビオ店にて

沖縄紀行の途中ですが、お知らせをひとつ。

Details »

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »