湯の峰温泉

早朝6時より開いている公衆浴場、湯の峰温泉へ。

まずは熱いお湯に浸かって頭と体をさっぱりと、参拝の前のお清めにもなるでしょうか。

ご覧の光景でかつ人はまばら、想像以上に素敵な温泉場で気分が上がります。

川のように流れる温泉の両脇にお寺や民宿が並んでいました。

立ちのぼり続ける湯気の加湿でこれだけでも癒されます。

あらゆるものが湯の花だらけ、これは泉質も期待できそう。

公衆浴場にはつぼ湯、薬湯、一般湯と選択肢が3つあり、受付は1ヶ所、券売機で購入した券を窓口に出してそれぞれの入り口へと参ります。

一般湯は加水されたお湯、薬湯は源泉のままを適温に、つぼ湯はその名の通りつぼのような丸い浴槽に浸かる貸切システムとのこと。

温泉の川の上流部分に「つぼ」と書いた看板が見えました。

小屋の中がそのよう、しっかりとした壁ではありますが、開放感のある環境の中ですぐ近くまで行けることを思うと、こちらも少しドキドキするのですが。

私たちは薬湯へ、時間帯が良かったのか貸切状態。

自然と声の出る少し熱めのお湯で硫黄の香りが濃く、じわじわと体に染み入る感じです。

今まで行った温泉の中では初めてだったのですが、浴場では石けんなど洗浄剤の使用が禁止されています。

おそらくあの温泉の川へと流れているのだと。

石けんが使えないことは現地で知りましたが、特に不便を感じることはなく、硫黄泉を掛け流すだけで十分に気持ちよく良いお湯を堪能いたしました。

コメントはまだありません »

コメントを残す

CAPTCHA


企画展概要4

4月1日より始まります企画展、本日は革の販売について。

Details »

企画展概要3

4月1日より始まります企画展、本日は作家在店時に行う受注会について。

Details »

企画展概要2

4月1日より始まります企画展、本日はこの機会より定番化する仕様について。

Details »

企画展概要1

Exif_JPEG_PICTURE

4月1日より始まります企画展について、昨日はANDADURA山本さんの在店時間をお知らせいたしました。

本日は簡単ながら品揃えについて。 Details »

SAVVY No.478

本日発売、京阪神エルマガジン社発行のSAVVYNo.478に掲載をいただきました。

Details »

& Kyoto

マガジンハウス発行の& Kyoto「テーマでめぐる、京都、街歩きガイド」に掲載をいただきました。

Details »

熊野牛王神符

和歌山紀行は終わりましたが、おまけの回。

熊野三山で授かって参りました牛王神符のそれぞれを。

Details »

高野山

奥之院前の駐車場に車を停め、弘法大師御廟までは歩いて向かいます。

Details »

熊野本宮大社旧社地 大斎原

順番が前後していますが、高野山の前に初日行き忘れていた大斎原へ参りました。

1889年の水害発生時まで本宮大社があった場所、 Details »

勝浦から

勝浦での朝、東向きの窓より日の出を拝んで1日のスタートです。

対面にある建物は島まるごとを敷地とする旅館、元は船宿だったそうで。 Details »

那智の滝

熊野那智大社の別宮、那智の滝へは石段を下ります。

まもなくで鳥居が見えてきました。 Details »

熊野那智大社

熊野那智大社の鳥居が見えてきました。

ここからもう少し階段が続きます。 Details »