清酒グラス(デッドストック)

日本酒造組合の依頼によって、柳宗理がデザインした日本酒のための盃。

昭和51年に販売されました。

「誰が見ても日本酒のためのグラスだという、明瞭な識別をもたせることが必要だ。日本的で、シンプルで、しかも新鮮な感じ、勿論使い易さなど、色々な必要条件の下に約二年苦労して出来上がったのがこの盃である。」

と箱に書かれています。

この商品、今も東洋佐々木ガラス(株)が製造していますが、当店に入荷したのは、佐々木硝子(株)時代のもの。

合併する前に作られているので、後ろの刻印が現在とは違います。

柳宗理氏は工業製品のデザイナーですが、一つのものを作り上げるのに「手」を使って何度も何度も試作品を作られるそうです。

手に触れて使う実用品だから手を使って作りあげる。

以前読んだ本に「民藝作家以上に手を使って仕事をする。」と書いてありました。

そのためにひとつの製品を作り上げるまでに二年もの時間がかかるのですね。

またその本を読み返したくなったので、頃合いをみて店番兼読書をさせていただきます。

清酒グラスは12個のみの販売。

現行品の定価である¥336より少しお安く¥231で販売しております。

清酒グラス 60ml 12/7完売しました。

¥231

contact:info@rokunamono.com

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

平安蚤の市開催

毎月ほぼ10日に岡崎公園で行われている平安蚤の市、しばらく休止となっていましたが、今月より再開されるようです。

Details »

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »