読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄は読谷山焼北窯の器、店頭出しが完了しました。

簡単ではありますが入荷品の紹介をさせていただきます。

点打ちの湯呑み(左)、焼き締めのぐい呑み(右)。

泥点打ち三彩(左)、イッチン点打の湯呑み(右)。

奥にあるのは1.5倍容量、施釉も大胆な迫力ある特大湯呑みも数点あります。

豆角皿にコーヒーカップ&ソーサー。

小皿、めし碗に向くサイズのマカイ(碗)。

黒釉のアンダーガーミーは艶の有無が面によって異なり、無地ながら印象深い焼き上がり。

按瓶も同じくです。

からから(酒器)は容量様々。

左から各種蓋物、油壺、6寸皿。

7寸皿。

8寸皿。

ミルクピッチャー、ようじ壷はたっぷりとご用意。

フォークやスプーンレストにも使える大きめの屋根型箸置きに、

魚型の箸置き。

そして玄人好みな白土シリーズを少々。

化粧土に飴釉、土肌感強めで、言葉では表現し尽くせない質感に。

格子点打も同じく。

白土の細かな土肌に珪石が混ざってこの様子。

自分用にとひとつお茶飲みに使っていますが、この荒々しい表面が反って落ち着くもので。

掌で抱えながら、温かいお茶をすすっています。

寸胴型のカップも同じく珪石入り。

容量たっぷり、焼酎を飲まれる方に使っていただきたい大振りサイズです。

ゴツゴツとして見えても、もちろん飲み口はなめらか。

からから(酒器)は白土オンリー。

注ぎ口や胴のエッジ、繊細なラインは白土ならでは。

細くゆっくり注げるこの形、まったりとした晩酌にはその様子も含めて良いもので。

泡盛に限らず、日本酒、焼酎にと広くお使いください。

普段の北窯の器と白土シリーズと、どうぞ手触りなども比べていただき、お好みの器を選んでいただければと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Sugar coatのクッキー

新潟はSugar coatのエスプレッソクッキーをいただきました。

Details »

李青

河原町今出川の交差点から少し南、李青でお昼ごはんをいただきました。

Details »

ヤマダベーカリー

大文字の山頂でパンをと思い浄土寺のヤマダベーカリーへ。

結果山に入れなかった経緯はひとつ前のブログでご覧ください。 Details »

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »