読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄は読谷山焼北窯の器、店頭出しが完了しました。

簡単ではありますが入荷品の紹介をさせていただきます。

点打ちの湯呑み(左)、焼き締めのぐい呑み(右)。

泥点打ち三彩(左)、イッチン点打の湯呑み(右)。

奥にあるのは1.5倍容量、施釉も大胆な迫力ある特大湯呑みも数点あります。

豆角皿にコーヒーカップ&ソーサー。

小皿、めし碗に向くサイズのマカイ(碗)。

黒釉のアンダーガーミーは艶の有無が面によって異なり、無地ながら印象深い焼き上がり。

按瓶も同じくです。

からから(酒器)は容量様々。

左から各種蓋物、油壺、6寸皿。

7寸皿。

8寸皿。

ミルクピッチャー、ようじ壷はたっぷりとご用意。

フォークやスプーンレストにも使える大きめの屋根型箸置きに、

魚型の箸置き。

そして玄人好みな白土シリーズを少々。

化粧土に飴釉、土肌感強めで、言葉では表現し尽くせない質感に。

格子点打も同じく。

白土の細かな土肌に珪石が混ざってこの様子。

自分用にとひとつお茶飲みに使っていますが、この荒々しい表面が反って落ち着くもので。

掌で抱えながら、温かいお茶をすすっています。

寸胴型のカップも同じく珪石入り。

容量たっぷり、焼酎を飲まれる方に使っていただきたい大振りサイズです。

ゴツゴツとして見えても、もちろん飲み口はなめらか。

からから(酒器)は白土オンリー。

注ぎ口や胴のエッジ、繊細なラインは白土ならでは。

細くゆっくり注げるこの形、まったりとした晩酌にはその様子も含めて良いもので。

泡盛に限らず、日本酒、焼酎にと広くお使いください。

普段の北窯の器と白土シリーズと、どうぞ手触りなども比べていただき、お好みの器を選んでいただければと思います。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

玉嶋屋の玉羊羹

福島県二本松の菓子店、玉嶋屋の玉羊羹をいただきました。

Details »

無地染めの手拭い

連日38℃超え(本日39.8℃)の異常な暑さに流れる汗が一向に乾かず、この息苦しくムシっとした空気は今月いっぱい続くとのことで、何とも酷な夏の始まりです。

Details »

ANDADURAについてのお知らせ

ANDADURA製品の供給ついてお知らせがあります。

岡山県総社市に工房を構えておられるANDADURA、先日起こりました豪雨(平成30年7月豪雨)により被害に遭いまして、現在制作を中止されています。 Details »

小麦小店

北山にあります小麦小店の焼菓子をいただきました。

Details »

大嶺實清展

空港に行くまでの時間を使って、琉球新報本社ビルで行われていた大嶺實清展に立ち寄りました。

Details »

てだこそば

晩ごはんは浦添のてだこそばへ。

骨汁アグー生姜焼き定食と飲食店開拓をした後は、食べずには帰れないこちらでそばをいただきます。

Details »

Tettoh Coffee

午後はちょっとした打ち合わせ。

うるま市にあるTettoh Coffeeで待ち合わせです。

Details »

焼肉乃我那覇

大宜味での買い付けの後、お昼は大抵名護でいただいています。

こちらも初めて訪れるお店で精肉店が経営する焼肉店、焼肉乃我那覇です。

Details »

大宜味共同窯 買い付け

沖縄仕入旅、翌日は大宜味村へ。

菅原謙さんの工房へ買い付けに参りました。 Details »

照屋窯

昼ごはんの後は恩納村まで車を走らせ、照屋窯へ向かいました。

Details »

とみぐすく食堂

先日参りました沖縄への買い付け、今回も旅の様子を紹介させていただきます。

Details »

甘楽 花子

甘楽 花子(かんらくはなご)のお菓子をいただきました。

「天の川」という名前の生菓子、今日の日にぴったりで。 Details »