2016年梅酒の出来

昨年6月に漬けた梅酒3瓶、7ヶ月ほど経ち初めて開封しました。

毎年仕込んでいるので梅酒の扱いは知れているのですが、と言うのはたいそうなことではなく、手をかけずに放置して問題ないという管理フリーな扱いとのこと。

安心しきっているので冷暗所に置いたまま、気がつくと年が明けていました。

はちみつに黒砂糖やてんさい糖、日本酒(漬け込み用の度数が高い)などといろいろ試したものの、何が正解が分からずで、最近は氷砂糖とホワイトリカーの一番シンプルな組み合わせにしています。

この3瓶は全て南高梅、ただ生産者はそれぞれ別の方のものにしました。

味に差が出るのかを実験してみたかったのですが、私には判断出来ず、何度か利き梅酒をしてみたもののほぼ同じ味です。

でも3瓶ともとてもおいしく仕上がりました。

梅の実がツルッと残るものと、シワシワになるものとの差もまた何なのか分からないのですが、実もそのままいただくに問題なく柔らかく漬かっています。

昨年初めて梅酒を漬けられた方、お玉などで駆使していらっしゃるようでしたらこちらはいかがでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

梅酒をすくいとるのに便利なステンレス製の杓子です。

容量は50ccと少し、飲み過ぎないように計量も兼ねてお使いいただければ。

梅の実も難なくすくえます。

瓶と共に常時定番販売していますので、必要な時にどうぞ。

ステンレス杓子

¥430(抜)

ステンレス取手付き密封保存瓶

4L ¥1,800(抜)

2L ¥1,500(抜)

1L ¥1,300(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »

DJANGO toKyo

メタボ岡崎(当店の入る建物)で営業をして9年を過ぎましたが、初めてのことになります。

105号室にお店がオープンします。 Details »