2016年梅酒の出来

昨年6月に漬けた梅酒3瓶、7ヶ月ほど経ち初めて開封しました。

毎年仕込んでいるので梅酒の扱いは知れているのですが、と言うのはたいそうなことではなく、手をかけずに放置して問題ないという管理フリーな扱いとのこと。

安心しきっているので冷暗所に置いたまま、気がつくと年が明けていました。

はちみつに黒砂糖やてんさい糖、日本酒(漬け込み用の度数が高い)などといろいろ試したものの、何が正解が分からずで、最近は氷砂糖とホワイトリカーの一番シンプルな組み合わせにしています。

この3瓶は全て南高梅、ただ生産者はそれぞれ別の方のものにしました。

味に差が出るのかを実験してみたかったのですが、私には判断出来ず、何度か利き梅酒をしてみたもののほぼ同じ味です。

でも3瓶ともとてもおいしく仕上がりました。

梅の実がツルッと残るものと、シワシワになるものとの差もまた何なのか分からないのですが、実もそのままいただくに問題なく柔らかく漬かっています。

昨年初めて梅酒を漬けられた方、お玉などで駆使していらっしゃるようでしたらこちらはいかがでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

梅酒をすくいとるのに便利なステンレス製の杓子です。

容量は50ccと少し、飲み過ぎないように計量も兼ねてお使いいただければ。

梅の実も難なくすくえます。

瓶と共に常時定番販売していますので、必要な時にどうぞ。

ステンレス杓子

¥430(抜)

ステンレス取手付き密封保存瓶

4L ¥1,800(抜)

2L ¥1,500(抜)

1L ¥1,300(抜)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »

QRコード決済

PayPayALIPAYとQRコード決済が使えるようになりました。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

この度もアイテムのみですが、ご紹介をさせていただきます。

Details »

杉戸煎餅

東京は葛飾、杉戸煎餅のかき餅をいただきました。

ずっしりめのかき餅、いただく前から青のりのいい香りが。

Details »

大阪日本民芸館 2020春季展

3月1日(日)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展『民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-』、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

  Details »