照屋窯 入荷しました。

沖縄、照屋窯の器が入荷しました。

DSCF2255

先述の通り少数のご用意ですが、ご紹介させていただきます。

はじめに少々お断りを。

只今当店の入る建物が大規模工事中のため窓から光が入らず、また私の撮影の腕も伴わなくてうまく写真が撮れません。(最近の店内撮影全般ですが)

画像では魅力半減、分かりづらくありますので、色や質感は参考程度にご覧いただければと思います。

角瓶のそれぞれは掻き落とし、線刻、施釉の細かい所まで是非とも実物で。

DSCF2272

抱瓶の透明釉も表現し尽くせない絶妙な色なのですが。

DSCF2275

抱瓶については改めてご説明を、字面で想像し得る通り抱える瓶です。

三日月型になっているのは腰に沿うようにとのことから。

DSCF2259

ふたつの耳に紐を通してぶらさげ、お酒を携帯するために使われていた道具です。

続くウニヌティもお酒に関する昔ながらの器。

DSCF2273

ウニヌティとは「鬼の腕」という意味の方言で、その名の通り鬼の腕のような見た目で。

現代作られているもののほとんどに決まったサイズ規定はありませんが、元は計量するための容器と聞いています。

お酒を量り売りする際に使っていた道具、計量カップという訳です。

DSCF2267

伝統的な沖縄陶器の中にはお酒にまつわるものが豊富にあります。

今ではどちらも本来の用途のままで使うことはありませんが、自宅使いの酒瓶や花瓶としてご利用いただければと思います。

時代が変われば生活に必要となる品も変わっていきます。

他の用途でも無理なく取り入れられるのであれば、形としては残って欲しいと。

一旦辞めてしまうと再び作る際のハードルは高くなるもので、少数でも続けておけば手が忘れずにいられます。

作り続けていくというのは作る側の意志だけでは成り立たず、手に取ってくれる方も居続けるということで。

日用として将来性のある器ではないのは確か、いつまで見られるかが不確かなアイテムですが、活用できる方には是非とも。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

6月1日〜7日の営業について

先週より通常時間にて営業を再開しました。

「こんにちは、お久しぶりです!」とのお声がけができ、
Details »

5月25日〜31日の営業について

現在、新型コロナウィルスの感染状況に応じながら少しずつ営業を再開しています。

予約制は25日まで、26日以降は以下のスケジュールで営業をいたします。 Details »

限定的営業再開

15日(金)より限定的ではありますが、営業を再開いたします。

在店が1組のみとなるよう予約制にて受付、入店いただける時間(店舗到着時間)は13:30〜19:00、水曜定休です。

ご希望の方は前日の18:00までにメールにてご連絡ください。 Details »

改めてお知らせ

昨日の緊急事態宣言指定地域の拡大を受けて4月17日(金)より期間未定の店舗休業といたします。

事前連絡制の期間もご利用がないことは承知の上で、最終的な選択肢としての策でしたが、深刻な状況を受けての決定です。 Details »

今後の営業について

4月12日(日)から事前連絡制での営業とさせていただきたくのお願いです。

本日発表された京都府、京都市の国への緊急事態宣言発出要請を受け、受理されるか否かに関わらず、深刻な状態にあることには違いなく、今後の営業を大幅に縮小することにしました。 Details »

お知らせ

この週末は通常通りの営業をさせていただきました。

明日も普段通りに開ける予定です。

毎日(営業日は)書いていたブログはしばらくお休みします。 Details »

ブルキナバスケット

アフリカはブルキナファソのバスケットが入荷しました。

再入荷までに期間が空いてしまいましたが、各サイズ揃っています。
Details »

お知らせ

新型コロナウィルス感染防止への対応につきましてお知らせです。

当店通常通りの営業をしていますが、 Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

沖縄、読谷山焼北窯の器が入荷しました。

Details »

哲学の道

今朝、スーパー帰りの哲学の道です。

リュックいっぱいに食料品が詰まっていたのですが、これを見たら寄らずにはおられず。 Details »

熊野橋からの琵琶湖疏水

本日正午頃の岡崎疎水沿い、ソメイヨシノが満開です。

Details »

よくある質問

初来店の方が多かったこの数日、ご自身の初めての陶器を当店で選んでいただき、興味の入り口となれたことがうれしい週末でした。

Details »