小鹿田焼入荷 番外編

小鹿田を訪ねた時に坂本浩二窯で分けていただいた商品のご紹介を。

普段お願いしている器とは少し違った類の品物です。

dscf2262

ぐいのみのそれぞれ、左ふたつは通常と変わらずの作りですが、一番右は白化粧をしていないもの。

dscf2264

小鹿田の土にそのまま緑釉を掛けており、土の様子が透け、面白い緑の色となっています。

こちらはかなり大振りなもの。

dscf2269

直に透明釉や黒釉と、燻されたような渋い色に焼けていまして、何色と言えない仕上がりです。

そしてこちらは土自体がいつもとは違っているのですが、浩二さんに「小鹿田の土ですか?」と不意に聞いてしまったもの。

dscf22621

地の土のみで混ぜ土をしないのが小鹿田焼と知った上で思わずの質問、それ程に手触りが全く違っていまして。

良く見ると土の粒が見えます。

dscf22641

原料は同じでも水簸する回数が異なるよう。

粗めで濾すため大きめの粒子が残るのですが、ろくろ挽きをする際には手が擦れて痛いのだとか。

土自体の粘りは低く、そのため通常のものより厚めの作りとなっています。

dscf2270

厚みはあってもスキッとした印象、野暮ったさはなく絶妙のバランスと思います。

dscf2260

こちらも化粧掛けはせずの直釉で、透明、緑、飴とそれぞれにご用意がありますので、光に当てて比べてみてください。

これらのぐいのみは息子拓磨君が作ったものです。

昔の陶工はこうした粗土を挽いてみたり、土瓶のツマミとして石を付けてみたりと様々に制作をされていたようで。

それによって道具が痛んだり、また焼き損じが多く出たりと数を作る仕事の中では難しい面があり、今は積極的に作ることはないそうです。

ただやってみることで普段の仕事に対して気付くことがあるものと、若いうちにできることはと先々を見据えての浩二さんの考え、引き継ぐ親の想いです。

そんな事情で制作自体が非定番のため、定番外商品として販売させていただきます。

日常的な仕事ではありませんが、これも小鹿田と深く納得。

目に付いたものひとつにも理由があり、やはり訪問は楽しいものです。

dscf2522

箸置きも少し分けていただきまして、双方売り場に追加しています。

年内の商品案内はこれにて最終、本年の営業日は残すところあと5日です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »

ドライブインよしだ

先日、外遊びの際に立ち寄ったドライブインよしだ、看板メニューのイカ丼でお昼ごはんです。

Details »

バジルとエゴマとゴマ

ベランダ栽培のバジルも最終収穫時期に。

朝晩寒くなり、夏の間に見られた元気さも落ち着いてきました。 Details »

DEAN&DELUCAのパン

ありがたくのいただきもの、DEAN&DELUCAのパンです。

お酒がお好きな方で、ワインに合い気に入っておられると。

Details »