殿ヶ池避難小屋〜黒ボコ岩

殿ヶ池避難小屋にて早めの昼ごはん。

この時点で9時、朝食が3時台だったので空腹具合はそれなりに。

dscf2489

2014年に建て変えられたばかりのきれいな小屋で、窓からの自然光で明るさは十分にありました。

風除けにはなるものの動いていないと冷えるので、ダウンを着込んで暫し食事休憩です。

先客がおられ中の様子は撮影せず終いですが、寝泊まりにも難なくの快適空間でした。

殿ヶ池避難小屋から見る別当出合方面、上がってきた方角です。

dscf2490

山での時間、私はこの時間帯が一番好きで。

dscf2491

長居すると体が冷えるので、食後間もなく出発です。

小屋の名前の通りの殿ヶ池は凍っていました。

dscf2496

ここからは少し傾斜のある道のりとなります。

小屋が遠く下の方に(右下)。

dscf2498

展望が開けているので、坂でも気持ち的には晴ればれと。

別山方面、山並みには惚れ惚れいたします。

dscf2499

ぐいぐいと上がって、小屋も一段と小さく。

dscf2500

20分程で馬のたてがみ地点を経過。

dscf2502

季節によると思うのですが、枯れた色のこの頃が1年で一番「たてがみ」っぽいのでは。

ようやく日本海が望める高さに、快晴万歳。

dscf2503

中央右寄りの平たい所が南竜山荘、南竜ヶ馬場野営場。

dscf2504

前回はこちらを通っての登山でした。

まだまだしばらく急な坂。

dscf2506

馬のたてがみから15分程で蛇塚に到着です。

dscf2507

南側は雪が溶けつつ、北側はそれなりに。

dscf2508

蛇塚とは白山を開いた僧が、悪さをする蛇1,000匹を埋めた場所なのだとか。

見えてきたのは黒ボコ岩。

dscf2511

ここは砂防新道より室堂へのルートと合流する地点、蛇塚より20分程です。

dscf2513

急坂を終えて一段落、黒ボコ岩を過ぎるとこのコース一番の平和な道へと入ります。

dscf2514

そちらは次回室堂編で。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »