「工芸とデザインの境目」

続いて21世紀美術館へ。

dscf2413

曇天もいいところですが、北陸出身の私には落ち着く空でもあります。

現在開催中の企画展「工芸とデザインの境目」を鑑賞しました。

dscf2410

展示室内は撮影禁止です。

2017年3月20日までの開催でこれから訪れる方も多くおられるかと、ここでの詳細な感想は控えておきます。

誰もに共通にある境目などはない上でのこの展示、展示物の位置関係から監修者深澤直人氏の考えを知ることができる機会にと楽しみに参りました。

距離という絶対的な物差しですし、明確に数値化したと見てもよいのかと。

とは言えあくまで相対値、その点を面白く拝見しました。

最初の部屋の展示物は全てがボーダーラインの真上に。

一直線に並んだその物を見ることが「はじめに」的な役割で、本編に入る前の基本的な解釈を知る部屋ともなっているように思います。

この企画展、見られる方それぞれに思うところがあるような、それを話し合うところまでを楽しむとして。

先日来店いただいたアメリカで木工をされているという女性、個人的興味から話が広がり(同伴の方の通訳有)、一般論としてのアメリカでの工芸の位置づけを伺っていましたら、日本のそれとはまた少し違うよう。

そして美術関係の学校では「mingei」(英語表記も)についても習うとのこと、それもまた今の日本での感覚とは差がありまして。

「工芸」の解釈自体国によって違うのなら、この展示はやはり主観的に見た方が正しいように思います。

具体的に書かなかったのはその点を尊重してと、どうぞご理解いただければ。

その後は美術館内をふらっと。

レアンドロ・エルリッヒのスイミング・プール、セーラー服の女学生が映っている画が何だか良いもので。

dscf2407

ジェームス・タレル、タレルの部屋。

天井の四角からはその日の金沢の空が見られます。

dscf2397

がらんとした空間に空いた穴、撮影すると面白くて、実際に目で見るよりも光と影の差が大きく写ります。

撮る位置や角度で四角形は様々に変わり。

dscf2399

真下から正方形をと狙いましたが、無理でしたね。

dscf2400

平日で雨の日ながらも相当な人出、海外の方も団体旅行客も多くおられて賑わっていました。

そして毎度だと思うのですが、このラビットチェアが埋まっているところを見たことがなく。

dscf2391

被写体感が強いのかな。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

シーサイド

沖縄のアップルパイにはまっています。

うるま市にあるアップルパイの店シーサイド、初めて伺いました。 Details »

うるマルシェ

11月にオープンしたばかりのうるマルシェへ。

Details »

座喜味城跡の脇

ユンタンザミュージアムの館内から見えた厨子甕を目当てに外へ。

座喜味城跡に向かう歩道から脇の方に歩いて行きます。 Details »

ユンタンザミュージアム

永らく休館していた読谷の歴史民俗資料館がユンタンザミュージアムとしてリニューアルし、伺ってみることに。

Details »

読谷やちむんの里

読谷山焼陶器市、北窯を後にして読谷山窯の大嶺工房へ。

Details »

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »