「工芸とデザインの境目」

続いて21世紀美術館へ。

dscf2413

曇天もいいところですが、北陸出身の私には落ち着く空でもあります。

現在開催中の企画展「工芸とデザインの境目」を鑑賞しました。

dscf2410

展示室内は撮影禁止です。

2017年3月20日までの開催でこれから訪れる方も多くおられるかと、ここでの詳細な感想は控えておきます。

誰もに共通にある境目などはない上でのこの展示、展示物の位置関係から監修者深澤直人氏の考えを知ることができる機会にと楽しみに参りました。

距離という絶対的な物差しですし、明確に数値化したと見てもよいのかと。

とは言えあくまで相対値、その点を面白く拝見しました。

最初の部屋の展示物は全てがボーダーラインの真上に。

一直線に並んだその物を見ることが「はじめに」的な役割で、本編に入る前の基本的な解釈を知る部屋ともなっているように思います。

この企画展、見られる方それぞれに思うところがあるような、それを話し合うところまでを楽しむとして。

先日来店いただいたアメリカで木工をされているという女性、個人的興味から話が広がり(同伴の方の通訳有)、一般論としてのアメリカでの工芸の位置づけを伺っていましたら、日本のそれとはまた少し違うよう。

そして美術関係の学校では「mingei」(英語表記も)についても習うとのこと、それもまた今の日本での感覚とは差がありまして。

「工芸」の解釈自体国によって違うのなら、この展示はやはり主観的に見た方が正しいように思います。

具体的に書かなかったのはその点を尊重してと、どうぞご理解いただければ。

その後は美術館内をふらっと。

レアンドロ・エルリッヒのスイミング・プール、セーラー服の女学生が映っている画が何だか良いもので。

dscf2407

ジェームス・タレル、タレルの部屋。

天井の四角からはその日の金沢の空が見られます。

dscf2397

がらんとした空間に空いた穴、撮影すると面白くて、実際に目で見るよりも光と影の差が大きく写ります。

撮る位置や角度で四角形は様々に変わり。

dscf2399

真下から正方形をと狙いましたが、無理でしたね。

dscf2400

平日で雨の日ながらも相当な人出、海外の方も団体旅行客も多くおられて賑わっていました。

そして毎度だと思うのですが、このラビットチェアが埋まっているところを見たことがなく。

dscf2391

被写体感が強いのかな。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

法然院

山ブログが終わったばかりでまた山のことなのですが。

この夏の酷暑でしばらくストップしていた大文字ハイク、昨日久々にと思ったらご覧の通りで。 Details »

信州食

長野での最後の食事はこの土地らしく。

検討のお店が定休日と重なったりで、温泉施設併設の食堂でいただくことに。

Details »

peg

安曇野から松本へ。

ワインバーpegに連れて行ってもらいました。

Details »

宮沢牧場のソフトクリーム

大町から安曇野へ。

食の魅力も満載な長野県、お目当てはちひろ美術館の敷地内にあるソフトクリーム店です。 Details »

りんご農園へ

松本でthe source dinerを営む友人にくっついて見学に。

大町にあるりんご農園、小澤果樹園へ立ち寄らせていただきました。 Details »

昭和軒

大町温泉郷にある薬師の湯で早朝風呂を楽しみ、お昼ごはんは信濃大町駅近くの昭和軒へ。

ソースカツ丼が名物のお店です。

Details »

柏原新道にて扇沢へ

3日目の朝、仕度も早々に5時半下山開始です。

Details »

種池山荘の夜

テント場に戻って夕食、山の中での最後の食事です。

Details »

爺ヶ岳

種池山荘のテント場に着いたのが14時半過ぎ。

テントを張り終え相談の結果、当初3日目に行く予定だった爺ヶ岳のピストンをこの日に行うことに。

Details »

岩小屋沢岳〜種池山荘

新越山荘から2日目のテント場がある種池山荘までは2時間ほど。

Details »

新越山荘

お知らせ、入荷情報を挟みまして山ブログに戻ります。

鳴沢岳から30分ほどで新越山荘に到着です。

Details »

小鹿田焼のすり鉢 入荷しました。

昨年NHKBSプレミアムの「イッピン」で放送されてから度々お問い合わせをいただき、それを機にお買い上げの方が多かった小鹿田焼の片口すり鉢。

Details »