美術館「えき」KYOTO

先日ご案内させていただいた「河井寛次郎展」を見に、美術館「えき」KYOTOへ。

dscf2138

JR京都伊勢丹7階フロアにあり、美術館エントランスへ続く廊下には写真パネルの展示がありました。

安来で過ごした頃より晩年まで、この数以上にあります。

dscf2135

幼少期の着物姿の半襟、青年期のコート姿等々その物に加えて合わせ方もお洒落、写真越しであれまとっている雰囲気まで一緒に見えるような気に。

身の回りに置く物に気に入っていないものはひとつもないと言い切っておられますが、写真一片からも見て取れ、それが若き日よりごく当たり前にあった自然な姿勢と改めて感じます。

数ある写真の中で何となく惹かれ、見入った一枚。

dscf2136

木彫に力を注いだ晩年の頃、仏師松久氏が荒削りをする横で真鍮のキセル片手に作品を眺める様子。

親子以上に離れた年齢のふたりですが、信頼関係のようなものが伝わる空気感。

筋肉隆々の腕で力を注いでいる松久氏の動的な様子に対して、眺める視線が穏やかな寛次郎氏の静的な雰囲気、それが気持ちを預けておられるように感じたり。

エントランスに辿り着くまで足が止まることしばしばです。

これからご覧になられる方々の楽しみを削がないよう展示物については抽象的な感想まで。

特に色釉に秀でていたことが挙げられますが、であれば色がないことを想像しても見てみようと。

素直に見た後、色に意識をなくし無彩色と思い込んで再度。

まあ、する前から分かってはいるのですが受ける強さに遜色なく、色に特化している訳ではないことは周知の通りで。

それは形で称された濱田も、模様がと言われる富本も同じことかと。

巨匠相手に何だって話ですが、それを今の物(手仕事に限らず)を対象にして同様に行うと途端に見劣りしたりすることがあるものですから。

一番印象強い部分(見た目、中身を問わずに)を隠しても変わらずに惹かれるのかと、普段の視点の実験のごとく展示室内を巡っておりました。

また「色」を称されやすいこともあって木彫に注いだのか、と勝手に推測したり。

その後木彫作品の形状そのままに土でも作られるのですが、またそれがきれいな色釉での仕上がりで。

どこまでも土の人、巡った末の焼き物はさらに圧巻、尽きない探究心をまた少し垣間見たのでした。

「物」好きを度々公言していますが、口のない物から聞く行為が一番好きでして、この度も自由気ままな解釈ですがあしからず。

それぞれの思いのままに接せられるのが物の良いところ、皆さま方も想像を楽しんでいただければと思います。

決して広い会場ではないものの時間には是非余裕を持って、エントランス前に設けられた映像17分も必見ですので。

森山雅夫さんが一部出演されておられまして、森山窯の器をご愛用いただいている方々には特に「しゃべる森山さん」も合わせてご堪能ください。

先述いたしました割引券、少なくなりましたがまだご用意ございます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »

QRコード決済

PayPayALIPAYとQRコード決済が使えるようになりました。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

この度もアイテムのみですが、ご紹介をさせていただきます。

Details »

杉戸煎餅

東京は葛飾、杉戸煎餅のかき餅をいただきました。

ずっしりめのかき餅、いただく前から青のりのいい香りが。

Details »

大阪日本民芸館 2020春季展

3月1日(日)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展『民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-』、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

  Details »