利久松葉 再販

熊本、来民で作られている柿渋の団扇。

dscf2155

2年前まで販売していた利久松葉、数に限りはあるもののこの度再販が叶いました。

一旦提供が終了した理由は、現代にこの骨を作れる職人さんがいないため。

以前分けていただいていたものは過去に作られたもので、在庫分が完売した後は小振りな団扇のみ販売していました。

空白の時間を経ての再販の理由は、眠っていたものがあったとのこと。

dscf2154

思わず「えっ、あったんですか。」と電話口で、予想外で驚きつつもほっとしまして。

と言うのも以前利久松葉をお買い上げいただいた方より追加のご希望をいただいていて、同じ物の提供は難しくある事情をご理解の上で万が一の際にはとお問い合わせがあったもので。

それもおひとりではなく数名いらっしゃって、この団扇の惹きの強さを改めて知ることに。

眠っていたものはかなり以前に作られたようで、和紙は一旦落とし、新たなものへと貼り直ししていただきました。

ご希望をいただいた方々に無事渡る数と、店頭分の確保ができましたのでその報告を。

風の当たりが柔らかく、腕に伝わるしなりも心地のよいもの、末長くの1本としてご興味ありましたら手に取っていただければと思います。

どうして今の職人さんが作られないのかとの話を少々、扇風機やエアコンの普及で需要が落ち込んだ頃より、大きくて値の張るものは次第に求められなくなり、注文がなければ作ることもなくなったと。

dscf2161

竹の硬さは皆さんもご存知の通り、細かく均一な力で割くには経験と勘が必要で、普段からやり続けていないと簡単にはいかないようで。

そしてこの骨がなぜより難しいのかと言うと、大きさに加えて松の葉のようにくもでから先がさらに分かれていることもありまして。

dscf2160

広げる角度が大きいと竹がよりしなるため、繊維を見て均等に割かないと途中で折れる可能性が高くなるようです。

*大きい物の制作の難しさは昨年の訪問記で。

職人仕事は需要あってのもの、求められなければ作る機会がないことは致し方ないのですが、本当に需要がないのか、それともただ知られていないだけなのか。

それが判断できるようにならないといけないもんだなと思った次第です。

熊本来民 柿渋団扇

利久松葉 ¥4,500(抜)約w250×h425mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

手造りかりんと

佐渡のお菓子、ワダコメの「手造りかりんと」をいただきました。

Details »

大文字登山 鹿ケ谷より

久々に大文字へと山歩き。

昨年の台風21号による被害で久しく閉鎖していた登山道、 Details »

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »