利久松葉 再販

熊本、来民で作られている柿渋の団扇。

dscf2155

2年前まで販売していた利久松葉、数に限りはあるもののこの度再販が叶いました。

一旦提供が終了した理由は、現代にこの骨を作れる職人さんがいないため。

以前分けていただいていたものは過去に作られたもので、在庫分が完売した後は小振りな団扇のみ販売していました。

空白の時間を経ての再販の理由は、眠っていたものがあったとのこと。

dscf2154

思わず「えっ、あったんですか。」と電話口で、予想外で驚きつつもほっとしまして。

と言うのも以前利久松葉をお買い上げいただいた方より追加のご希望をいただいていて、同じ物の提供は難しくある事情をご理解の上で万が一の際にはとお問い合わせがあったもので。

それもおひとりではなく数名いらっしゃって、この団扇の惹きの強さを改めて知ることに。

眠っていたものはかなり以前に作られたようで、和紙は一旦落とし、新たなものへと貼り直ししていただきました。

ご希望をいただいた方々に無事渡る数と、店頭分の確保ができましたのでその報告を。

風の当たりが柔らかく、腕に伝わるしなりも心地のよいもの、末長くの1本としてご興味ありましたら手に取っていただければと思います。

どうして今の職人さんが作られないのかとの話を少々、扇風機やエアコンの普及で需要が落ち込んだ頃より、大きくて値の張るものは次第に求められなくなり、注文がなければ作ることもなくなったと。

dscf2161

竹の硬さは皆さんもご存知の通り、細かく均一な力で割くには経験と勘が必要で、普段からやり続けていないと簡単にはいかないようで。

そしてこの骨がなぜより難しいのかと言うと、大きさに加えて松の葉のようにくもでから先がさらに分かれていることもありまして。

dscf2160

広げる角度が大きいと竹がよりしなるため、繊維を見て均等に割かないと途中で折れる可能性が高くなるようです。

*大きい物の制作の難しさは昨年の訪問記で。

職人仕事は需要あってのもの、求められなければ作る機会がないことは致し方ないのですが、本当に需要がないのか、それともただ知られていないだけなのか。

それが判断できるようにならないといけないもんだなと思った次第です。

熊本来民 柿渋団扇

利久松葉 ¥4,500(抜)約w250×h425mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »

DJANGO toKyo

メタボ岡崎(当店の入る建物)で営業をして9年を過ぎましたが、初めてのことになります。

105号室にお店がオープンします。 Details »