夏越の大祓・ふたばの水無月

明日28日より休業のため、一足早く茅の輪くぐりをして参りました。

DSCF1593

今朝の通勤時に岡崎神社へ。

本日行うことに意味があるのかどうかはさておき、半年分の溜まった厄を落とし、これからやってくる厳しく重い夏を乗り切れるよう願いました。

DSCF1591

鳥居の前で興味深そうに眺めていた外国の方に説明したくも、もちろん無理で。

「厄払い」をネット翻訳してみたところほぼ「除霊」の意味でした。

霊に取り憑かれた人達の儀式だと思われては困りますし、無言でご勘弁。

作法を知らないと中央をくぐることははばかれるようで、鳥居と茅の輪の隙間から中へ入っていかれました。

手水の作法の英語表記を見かけることはありますが、茅の輪くぐりもいづれはそうなるのかもしれませんね。

DSCF1589

岡崎神社は平安京より卯の方向にあるため、兎が氏神さまの使いとされていまして、狛犬の前には狛兎がおられます。

DSCF1588

提灯の紋も。

DSCF1587

卯年の初詣の時、境内外の丸太町通に出てもなお数10メートルの列を成していたことがありました。

普段は穏やかな神社、安産、縁結びなどにご利益がありますので、当店お立ち寄りの際に少し足を延ばしてどうぞお参りに。

徒歩10分ほどの距離、東に位置しております。

そして今年も水無月を。

DSCF1570

出町ふたばの水無月、小豆、青大豆、白小豆と3種類も有り難く頂戴してしまいまして。

小豆、餅の部分は黒糖入りでした。

DSCF1573

青大豆は抹茶ですね。

DSCF1574

そして珍しい白小豆。

DSCF1577

それぞれ豆の味も大きさも餅の風味も異なりまして、贅沢に3種味わい比べながらいただきました。

最初の一巡が白、青、黒との順だったのですが正解だったような。

白小豆はクセがないので素材の味を楽しむ感じ、抹茶や黒糖の前に口にしたことで素朴で繊細な風味が分かったように思います。

季節に関わる行事が多い、と言いますか大事にする街に住んでいると、意識せずとも触れる機会に恵まれ、季節を感じながら過ごす訳で。

そしてそれに伴う和菓子も豊富、和菓子店に限らず近所のスーパーででも手軽に求めることができます。

水無月を味わうと1年ももう半分を終えるのかと、毎年ちょっと複雑な気持ちにもなりますが。

季節の素敵ないただきものをありがとうございました。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

企画展で

26日(金)から始まる9周年記念企画展、詳細は先日のブログでご覧いただきたいのですが、今回は食品のご用意もしています。

Details »

よしのやま酒粕

こちらも同じ方よりのいただきもの、丹後は吉岡酒造場の酒粕です。

Details »

中村軒

桂は中村軒の柏餅と桜餅をいただきました。

Details »

5月の営業日

5月の営業日をお知らせいたします。

Details »

柿渋うちわ価格改定

熊本、来民の柿渋うちわ、原材料の高騰により価格が上がるとの連絡がありました。

Details »

黄金柑と甘夏の皮

いただいた和歌山産の黄金柑とこれまたいただきものの京都の庭産甘夏と、同じタイミングだったので一緒に皮の始末をすることに。

Details »

黄金柑

和歌山産の黄金柑をいただきました。

Details »

本日の営業時間

本日は16時閉店となりますのでお間違えのないようにお願いいたします。

Details »

落合羊羹

岡山から来てくださった方より、羊羹のいただきもの。

直包の中に不揃いな棒羊羹、この様子から十分にローカル感が伝わってきます。 Details »

あいかむ

あいかむ大好きな友人がただ今来京中につき、仕事終わりに自転車走らせ食べに行ってきました。

Details »

企画展のフライヤー

企画展のフライヤーが出来上がりまして、店頭で配布をしております。

Details »

洋食にも向く和食器

DSCF1275

昨日ご案内をしました今月26日(金)より開催の9周年記念企画展 、テーマは「洋食にも向く和食器」です。

Details »