柿渋のうちわ

当店では通年販売をしているうちわですが、活躍の大きい季節となりました。

DSCF1515

熊本は来民で作られているこちらのうちわ、骨には阿蘇の竹を、和紙貼りの仕上げには自家製の柿渋を使っておられます。

柿渋で仕上げることによって湿気や虫食いに強くなり、丈夫さが増すことの他、趣のある見た目になるとの利点も。

プラスチック製に慣れておられる方にとっては、持ってみられるとまず軽く感じられるのではないでしょうか。

扇いだ時のしなり方も竹ならでは、どうぞ心地よい風を試されてみてください。

皆さんしばしばおっしゃるのが「小さくとも意外に風が来るんですね。」と、適度な弾力のあるしなりに寄るところかと思います。

制作をされています栗川商店へ伺った時の様子も是非ご覧いただければ。

その時にいただいた骨が店内に置いてありますので、ご興味あればお声掛けください。

DSCF1516

簡単ではありますが、どのように作られているのかご希望あらばご説明させていただきます。

光に透かすと見える竹や和紙の繊維の様子、細かなものの集まりでできていることが分かりまして。

DSCF1518

繊細さと強さを兼ね備えたうちわはとてもきれいです。

柿渋うちわ

中 ¥1,600(抜)w200×h390mm

小 ¥1,000(抜)w160×h250mm

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »

ドライブインよしだ

先日、外遊びの際に立ち寄ったドライブインよしだ、看板メニューのイカ丼でお昼ごはんです。

Details »

バジルとエゴマとゴマ

ベランダ栽培のバジルも最終収穫時期に。

朝晩寒くなり、夏の間に見られた元気さも落ち着いてきました。 Details »

DEAN&DELUCAのパン

ありがたくのいただきもの、DEAN&DELUCAのパンです。

お酒がお好きな方で、ワインに合い気に入っておられると。

Details »