梅酒仕込み

3本の保存瓶を空にして待機していました梅酒作り、先日1本目を漬けました。

DSCF1489

使用しているのは19cmのボイルストレーナー

青梅のヘソを取り、洗って水気を拭いた後乾くまで置いておきました。

深さがあるので1kgの梅でも十分に入ります。

足付きで底面が浮くため、乾かしやすいのも特徴です。

良く洗って清潔に保っておいた4L瓶に、青梅1kgと氷砂糖500gを入れます。

DSCF1495

これで6割方が埋まる程度、ここにホワイトリカー1.8Lを注いで仕込み完了です。

ほぼ満杯。

DSCF1502

本来は少し余裕をもった方が密封具合が高まるのですが、経験上あまり気にしておりません。

ホワイトリカーを使っているためではありますが、アルコール度数の高いお酒で漬けると保ちが良く、むやみに開封せず冷暗所にさえ置いておけば難なくできあがります。

DSCF1500

この簡単さが続いている理由、大したことのない手間の割にできあがる梅酒はなかなかのもので。

漬け込み用の日本酒や余っていたウォッカ、黒砂糖やてんさい糖など今まで組み合わせを様々に試しましたが、梅の実の真価を問うにはシンプルな組み合わせが一番かと今はホワイトリカーと氷砂糖にしています。

瓶には梅の産地と品種を書き、何となくの結果を次年度に活かしています。

1年を超えることなく飲みきってしまうので、漬けた日付は私には必要ないようで。

残り2本、青々として張りのある梅との出会いを楽しみにし順次の予定、とは言えあと10日ほどを目処にしています。

梅酒仕込みの準備については先日のブログでご覧ください。

タイミングが味を左右しますので、準備はどうぞ抜かりなく。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都マラソン開催につき

2月の営業日案内でもお知らせをいたしましたが、17日(日)は休業させていただきます。

京都マラソン開催日となる明日、京都市内至るところで交通規制がありまして、バスの運行なども多々変更が行われます。 Details »

大阪日本民芸館 2019春季展

3月2日(土)から始まります大阪日本民芸館の春季特別展「自然布 -草木で織りなす-」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

Details »

趣味どきっ!「私の好きな民藝」

昨年4月から5月にかけてNHKで放送されました趣味どきっ!「私の好きな民藝」、好評につきアンコール放送が決まりまして、テキスト本も新たに発売となりました。

Details »

民藝のある暮らし

1月12日発売、宝島社発行の大人のおしゃれ手帖特別編集「民藝のある暮らし」に掲載をいただきました。

Details »

白雪ふきん 2019年限定色

毎年限定色の販売をしている鹿柄のふきんとはんかち。

今年はゴールドです。 Details »

太平通り商店街

引き続き那覇の市街地を散歩。

国際通りから牧志公設市場を右手にして抜け、太平通り商店街へ。

Details »

緑ヶ丘公園

沖縄滞在最終日、帰りの便まで数時間なので那覇の市街地を散歩していました。

Details »

南国亭

八重瀬にあるアグー豚の専門店、南国亭でお昼ごはんです。

Details »

tou cafe and gallery

読谷にある松田米司(読谷山焼北窯)さんのギャラリー、tou cafe and galleryへ伺いました。

Details »

うるま市産業まつり

知人に挨拶をしたく、前年に続きうるま市の産業まつりへ。

Details »

懸想餅

仕入紀行の最中ですが再び中断、季節ものなので先に書かせていただこうかと。

Details »

金月そばとぜんざいバー

読谷店でいただいたことがある金月そば、那覇にある国際通りむつみ橋店も気になっていてお昼ごはんに伺いました。

Details »