小代焼ふもと窯 入荷しました。

ふもと窯のスリップウェアが入荷しました。

Exif_JPEG_PICTURE

前回のご用意から随分と日が開いてしまい申し訳ありません。

今回はご希望の多い角皿、楕円皿を主にフリーカップ、マグカップをご用意しております。

スリップウェアは1枚ずつ柄が異なるため、画像では一番上にあるもののみの掲載となりますが、積み重ねてあるもの全て柄が異なりますので、どうぞ来店時の楽しみにしていただければと思います。

簡単ですがご紹介を。

2〜3人前のグラタン容器としても使い良い、たっぷりとした容量の楕円皿から。

Exif_JPEG_PICTURE

サラダや煮付けなどドレッシングや出汁のあるものも難なく盛れる深さ、カレーライスにも良いサイズです。

チーズを乗せて表面をオーブンで焼き、焼きチーズカレーなんていかがでしょう。

続いては料理だけでなくパンやケーキにもおすすめの角皿。

Exif_JPEG_PICTURE

程よい面積で、私自身も良く使うサイズです。

少し小振りな楕円はグラタンであれば1人前の容量。

Exif_JPEG_PICTURE

取り皿として銘々にお使いいただくにも良いサイズです。

同じく取り皿に向く角皿小。

Exif_JPEG_PICTURE

家族の人数分が必要になる取り皿、スリップウェアの面白さを生かして色柄とりどりで組み合わせてみられても。

フリーカップはお茶やコーヒー、お酒にと幅広くお使いいただけます。

Exif_JPEG_PICTURE

見づらくすみません、鎬の入ったマグは飴、白2色をご用意。

Exif_JPEG_PICTURE

和食、洋食、料理にお菓子、そしてオーブン使いにと幅広く使える万能な器です。

Exif_JPEG_PICTURE

丸が多くなりがちな食卓に角や楕円を加えると見た目に変化が付けられ、いつもの料理も違った印象に。

全体のバランスも取りやすくなりますので、様々にお使いいただき相性を楽しんでいただければと思います。

小代焼ふもと窯

¥1,500(抜)〜

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ぐい呑み

Meetsのテーマを拝借して、掲載をいただいたでく工房のガラスのぐい呑みの他、”家飲みを格上げする酒器”を少しご紹介させていただきます。

Details »

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »