イチョウ材まな板 訳あり品

昨日に続きイチョウ材のまな板を、定番品以外に不定期で入荷する訳あり品のご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

継ぎ接ぎをせずに1枚取りで制作するため、接着剤を使用しない利点はあるものの素材のクセを避けられないという難点がありまして。

それらの訳あり品を半額で販売しています。

クセは様々で、例えばイチョウ特有のハリと呼ばれる小さな節のようなもの。

Exif_JPEG_PICTURE

よく見てみるとハリの部分は中をくり出し、他のイチョウ材で埋めています。

Exif_JPEG_PICTURE

手間がかかるのですが、出来る限り無駄にせず使えるものへとの考えからで。

こちらは木目と節が表れたための訳あり。

Exif_JPEG_PICTURE

実際に触れていただければ分かるのですが、割れるような節ではなく表面はなめらか。

ただ正直に申しますと、通常品と比べた場合に耐久性は劣ると思います。

それでも油分豊富で弾力性のあるイチョウ材ですので、木製のまな板としては十分に良いもの、包丁の刃当たりとその音の軽快さは使っておられる方には既知の気持ち良さかと。

一般的なお手入れにてご使用いただければ十分に保つものです。

こちらの訳はご覧の通りの側面で。

Exif_JPEG_PICTURE

掲載以外の品も訳はそれぞれ、そしてサイズもミリ単位で様々です。

性質をご理解いただき見た目を気にされなければ、手頃な価格でイチョウ材のまな板をご使用いただける機会。

初めて木製のまな板を使われる方の入門用として、また肉魚専用の使い分けにと様々にご活用いただければと思います。

今回のご用意は計11枚、一番手頃なものは幅30cmあって¥1,200と破格。

一番大きいサイズで¥3,500以下、訳あり品は次回はいつになるか申し上げられない不定期入荷ですので、ご興味ある方はこの機会にどうぞ。

またまな板を清潔に長持ちさせるこちらも併せてご検討ください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

穂生窯について続き

穂生窯について、先日は感覚的なことを中心に書いたので、今日はお仕事の中身について少々。

こちらは新潟名物の笹団子です。 Details »

穂生窯

新潟出張、翌日は燕市にある穂生窯へ。

Details »

新潟中央卸売市場 中央食堂

先月のことになりますが、新潟へ出張に行っていました。

Details »

小鹿田焼 カップ追加

大分、小鹿田焼のスープカップと焼酎カップが追加入荷しています。

Details »

Cheer up!

雨降りの今日は歩いて出勤、大好きなパン屋Cheer up!に寄ってお昼ごはんを調達です。

Details »

「SとN」の写真と言葉と料理、デザインの話

当店で配布させていただいており、また個人的にもファンである「SとN」、3月にご近所蔦屋書店でトークイベントが行われるようです。

Details »

ANDADURAの革小物

ANDADURAの革小物、ただ今在庫が揃っています。

当店の定番品はペンケース(左)、ミニ財布(右)、コインケース2種、 Details »

“DIALOGUE”

2月27日(木)〜29日(土)に行われるKyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”のフライヤーをお預かりしています。

Details »

絵付けのない器

沖縄の器と言えば、連想するのは鮮やかで大胆な絵付けが施されたもの。

それが苦手で…、という方、接客をしていると少なからずおられることには気がついていて。 Details »

京都新聞 きらっと京滋

京都新聞読者用の情報誌、きらっと京滋2020年3月号に掲載をいただきました。

Details »

お赤飯せんべい

新潟は長岡のお赤飯せんべいをいただきました。

Details »

御倉屋

紫竹にあります和菓子店、御倉屋のお菓子をいただきました。

Details »