山陰仕入旅 森山窯

先月のことになりますが、島根鳥取への買い付け旅の様子を数回に分けてご紹介させていただきます。

初日は温泉津の森山窯へ。

Exif_JPEG_PICTURE

恒例になりつつあります生け花紹介。

Exif_JPEG_PICTURE

写っているめし碗等と比べて、この面取り瓶の大きさが伝わりますでしょうか。

草花の色は控えめな方が似合いますよね、大胆です。

面取り瓶はよく見ると草紋。

ロクロ台にもさりげなく。

Exif_JPEG_PICTURE

湯呑みやめし碗等々。

Exif_JPEG_PICTURE

焼成前の状態は2割程大きく、普段見慣れている器のサイズと異なるのが新鮮で。

Exif_JPEG_PICTURE

写真だと伝わらないですが。

これが焼き締まっていく窯の中を想像すると飽きずに見ていられます。

森山窯の型物の豊富さは周知の通り。

Exif_JPEG_PICTURE

それぞれ制作日が刻まれています。

Exif_JPEG_PICTURE

型は使うごとに少しずつ消耗するのですが、自然と角が取れてくるのだとか。

年数を経るにつれ丸みを帯び、線が柔らかくなる。

同じ形の器の中に作られた年代による違いを見ていくのも楽しみとなりそうです。

さて、この型物はなんでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

今月末に予定しています商品紹介にて正解を、どうぞお楽しみに。

この日は出雲市内で宿泊、晩が遅くなったためいつもの羽根屋さんには伺えず。

遅くまで開いている出雲市駅前のギョーザ屋(店名)に行きました。

餃子と、

Exif_JPEG_PICTURE

炒飯と、

Exif_JPEG_PICTURE

焼ビーフンを注文。

Exif_JPEG_PICTURE

この日偶々会社の歓迎会らしき団体客がいらっしゃって、提供までには時間がかかるよう。

中国人のおかみさんが一人で調理されていました。

ギョーザ屋の名の通り餃子がおいしくて、特に餡の味にうなりながら食べていました。

時間が遅かったため店内はお酒の雰囲気が強かったですが、食事をたっぷりとお腹一杯にいただきました。

今回の仕入旅、時間に余裕がなくて食事案内は少なめですが、どうぞ最後までお付き合いください。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

照屋窯 入荷しました。

先日お知らせをしていました照屋窯の器、店頭出しが完了しました。

Details »

富盛の石獅子

八重瀬にある富盛の石獅子を見に行きました。

Details »

2月の営業日

2月の営業日をお知らせいたします。

Details »

あやぐ食堂

首里のあやぐ食堂へ。

Details »

照屋窯

照屋窯へとご挨拶に。

Details »

読谷山焼北窯 入荷しました。

先月に買い付けをして参りました沖縄、読谷山焼北窯の器の店頭出しが完了しました。

Details »

読谷山焼北窯買い付け

陶器市が終わり、読谷山焼北窯の買い付けへ。

Details »

南部そば

てびちそばで有名な南部そばへ。

Details »

鳥玉

頭いっぱいだったのであまり遠出をしたくなく、予約していた宿から徒歩圏内にあった鳥玉で晩ごはんをいただきました。

Details »

「岡本太郎の沖縄」

2018年公開のドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」を見に行きました。

南城市のイベントの中で上映会が行われており、この日は監督も来られていて。

Details »

知念岬

南城市の知念岬へ。

Details »

シーサイドドライブイン

恩納村のシーサイドドライブインへ。

Details »