4峰〜西穂高岳

すぐ目の前に野鳥を発見。

Exif_JPEG_PICTURE

足回りにふさふさと毛が生え、むっくりと愛らしい姿。

野鳥に詳しくないのでこの時は分からなかったのですが、雷鳥ですよね。

画像検索してみると冬毛に変わる前の雷鳥らしいです(間違っていなければ)。

特別天然記念物であることと、北陸生まれの私にとっては大変馴染み深い鳥(今はなき特急雷鳥から)で間近に見れたことがうれしくて。

この後もう一羽飛んで来て、辺りをちょこちょこ歩いた後飛騨側へ飛んで行きました。

数時間ゴツゴツとした岩を相手にしていたところだったので、丸々とした動物を目にして気持ちが和らぎました。

頂上まではあと少し、こちら3峰。

Exif_JPEG_PICTURE

2峰。

Exif_JPEG_PICTURE

13のピークは全てを上り下りする訳ではなく、こうして巻き道を使って回り込む箇所も。

Exif_JPEG_PICTURE

左奥には人だかり。

Exif_JPEG_PICTURE

混雑の原因は上下の譲り合いに加えて掴み所の少ない斜面のため。

ここを抜けると標高2,909mの西穂高岳に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

同じ道を戻ることはさておいて、充実感と達成感でとても清々しい気分。

こちらは通ってきた方角、右奥に見える山が前日上った焼岳。

Exif_JPEG_PICTURE

快晴の中で槍ヶ岳もきれいに見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

梓川沿い、上高地方面。

Exif_JPEG_PICTURE

西穂高岳より先、奥穂高岳までの道は上級者のみが許される最難関ルート。

Exif_JPEG_PICTURE

まだまだ立ち入れない大きな壁です。

陽射しのおかげで温かく、しばらくこの気持ちよさを堪能。

Exif_JPEG_PICTURE

岩稜歩きということはもちろんトイレはなく、持参した行動食も尽きてきたので、急ぎ気味で山荘へと戻ります。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »