西穗独標〜ピラミッドピーク

商品の入荷案内を挟みまして再度山ブログ。

Exif_JPEG_PICTURE

11峰の西穂独標から4峰までを。

独標の頂上から見た景色は飛騨側です。

独標から先は人のすれ違いができない岩稜歩き。

ここから西穗高岳までは往復3時間弱、難易度は少し上がり気の抜けないコースです。

独標に着いた時点で体力的に行けるかどうかを判断しようと思っていました。

風も比較的穏やかで足場も乾燥していたので、先へと進むことに。

Exif_JPEG_PICTURE

三角に尖った山が8峰のピラミッドピーク、その右奥が目指す1峰西穂高岳です。

東側には前穗高岳、稜線の先は最難関コースと言われている西穗奥穗の縦走路。

Exif_JPEG_PICTURE

周囲には奥穂まで向かう山男達も多く、足元は軽くかつしっかり。

見るからに経験値の違う方々で、皆さんたくましい。

ピラミッドピークまでは3峰の上り下り。

Exif_JPEG_PICTURE

振り返って見た独標。

かなり切れた道、低い体勢の3点確保で慎重に進みました。

Exif_JPEG_PICTURE

陽が当たっているのが長野側、陰が飛騨側です。

ピラミッドという名に相応しいきれいな姿。

Exif_JPEG_PICTURE

下りの方が怖いです。

Exif_JPEG_PICTURE

安定した地点での撮影なので、全体的に写真は少なめ。

と言う訳で画像上ではもう8峰に。

Exif_JPEG_PICTURE

ピラミッドピークに到着。

Exif_JPEG_PICTURE

目指す西穗高岳は中央奥の山。

この時点で8時頃。

Exif_JPEG_PICTURE

行動食のみの携帯なので、お昼ごはんは西穗山荘でラーメンを予定。

おいしい食事のためにも頑張って登ります。

Exif_JPEG_PICTURE

振り返って歩いた道を見てみるとらくだのコブのよう。

Exif_JPEG_PICTURE

陰になっている所を早朝に通る場合は朝露の湿気に注意とのこと。

Exif_JPEG_PICTURE

この時間帯は滑ることなく問題ありませんでした。

焼岳と同じく「◯」印を目印に進んで行きます。

途中写真がなくて、こちら4峰。

Exif_JPEG_PICTURE

間近に鳥発見。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

10月の営業日

10月の営業日をお知らせいたします。

Details »

まな板の削り直しについて

当店で扱っていますイチョウ材のまな板、削り直しサービスについて変更がありますので、お知らせをさせていただきます。

Details »

京都市プレミアム商品券

10月1日の消費税率改定に伴い京都市が発行するプレミアム商品券ですが、当店でご利用いただけることになりました。 Details »

大阪日本民芸館 2019秋季展

12月17日(火)まで開かれています大阪日本民芸館の秋季特別展「多々納弘光の仕事-出西窯を育み、民藝に生きた陶工-」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

Details »

Cheer up!

Cheer up!のパンをいただきました。

当店から徒歩5分の距離にあって京都で一番好きなパン屋です。 Details »

丼碗

まだまだ暑い日が続きますが、少し涼しさが感じられるようになるとお探しの方が多くなるのが丼碗。

Details »

バジルで漬け込み

連日の太陽光がいいのか、ベランダに置いているプランター菜園のバジルが育って育って仕方なく。

Details »

ヒマラヤンシェルパ

3日間の縦走を終え、車を停めていた大町に戻り最後はお疲れさまの食事会。

松本行きのバスが事故渋滞で遅れ、晩ごはんのスタートが21時前になってしまいました。

Details »

鏡平から新穂高温泉

鏡平山荘で休憩し、新穂高温泉へ。

松本行きのバスの時間を気にしつつ、余裕をもって下山です。 Details »

鏡平山荘

双六小屋のテント場、8時でこれだけ残っているということはこちらも相当な混雑だったと。

Details »

双六小屋

双六岳からコースタイムで40分、双六小屋に到着です。

Details »

双六岳

三俣蓮華岳と双六岳の標高差は20m、なだらかなアップダウンはあるもののとても歩きやすい道です。

Details »