西穗独標〜ピラミッドピーク

商品の入荷案内を挟みまして再度山ブログ。

Exif_JPEG_PICTURE

11峰の西穂独標から4峰までを。

独標の頂上から見た景色は飛騨側です。

独標から先は人のすれ違いができない岩稜歩き。

ここから西穗高岳までは往復3時間弱、難易度は少し上がり気の抜けないコースです。

独標に着いた時点で体力的に行けるかどうかを判断しようと思っていました。

風も比較的穏やかで足場も乾燥していたので、先へと進むことに。

Exif_JPEG_PICTURE

三角に尖った山が8峰のピラミッドピーク、その右奥が目指す1峰西穂高岳です。

東側には前穗高岳、稜線の先は最難関コースと言われている西穗奥穗の縦走路。

Exif_JPEG_PICTURE

周囲には奥穂まで向かう山男達も多く、足元は軽くかつしっかり。

見るからに経験値の違う方々で、皆さんたくましい。

ピラミッドピークまでは3峰の上り下り。

Exif_JPEG_PICTURE

振り返って見た独標。

かなり切れた道、低い体勢の3点確保で慎重に進みました。

Exif_JPEG_PICTURE

陽が当たっているのが長野側、陰が飛騨側です。

ピラミッドという名に相応しいきれいな姿。

Exif_JPEG_PICTURE

下りの方が怖いです。

Exif_JPEG_PICTURE

安定した地点での撮影なので、全体的に写真は少なめ。

と言う訳で画像上ではもう8峰に。

Exif_JPEG_PICTURE

ピラミッドピークに到着。

Exif_JPEG_PICTURE

目指す西穗高岳は中央奥の山。

この時点で8時頃。

Exif_JPEG_PICTURE

行動食のみの携帯なので、お昼ごはんは西穗山荘でラーメンを予定。

おいしい食事のためにも頑張って登ります。

Exif_JPEG_PICTURE

振り返って歩いた道を見てみるとらくだのコブのよう。

Exif_JPEG_PICTURE

陰になっている所を早朝に通る場合は朝露の湿気に注意とのこと。

Exif_JPEG_PICTURE

この時間帯は滑ることなく問題ありませんでした。

焼岳と同じく「◯」印を目印に進んで行きます。

途中写真がなくて、こちら4峰。

Exif_JPEG_PICTURE

間近に鳥発見。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

伊賀焼土鍋について

先月、今期分の追加案内をいたしました伊賀焼の土鍋。

Details »

高千穂のわら細工 入荷しました。

ご注文をいただきました方々、お待たせをいたしました。

宮崎、高千穂のわら細工が入荷しました。 Details »

ようかんパン・黒糖虎焼

先日大阪へ行った際に運良く会期が合いましたあんこの祭典、そちらで買ってきたあんぱんとどら焼きのレポートです。

Details »

蕎麦切塩釜

外食の頻度が少ないもので、外で食べる時には気に入ったお店で。

毎度同じご紹介ですが、京都のそばで一番好きな蕎麦切塩釜へ。

Details »

金戒光明寺

真如堂から黒谷方面へ。

金戒光明寺の墓地から御影堂へ抜ける所、ここから市内が一望できます。 Details »

真生極楽寺

今朝の真生極楽寺(通称真如堂)、出勤前に紅葉散歩です。

Details »

訳あり品

定番扱いのイチョウ材のまな板(卓上、2cm厚、3cm厚)、面取菜箸の追加入荷に合わせて、この度は訳あり品のご用意もございます。

Details »

イチョウ材面取菜箸

イチョウ材のまな板は何度もご紹介をしていますが、最近触れていなかったので菜箸について改めて。

Details »

ワインボトル栓

蓋のできる栓抜きに続き、本日はワインボトル用の栓をご紹介。

Details »

蓋のできる栓抜き

ペットボトルが主流になった今でも変わらずに作り続けられているロングセラー商品。

Details »

銀座ウエスト

こちらもいただきもの、銀座ウエストの焼菓子です。

Details »

すだちの蜂蜜漬け

すだちをおすそ分けいただいたので、蜂蜜漬けにしました。

Details »