藁編み赤唐辛子

昨年の秋、鳥取に行った際に気に入って購入した藁編みの赤唐辛子。

Exif_JPEG_PICTURE

今年は予めお願いをしておきまして、店頭で十分に販売できる数量を編んでいただきました。

赤唐辛子と米の収穫時期を終えたこの時期に入荷、毎年秋始めの定番商品となります。

Exif_JPEG_PICTURE

この1年店内に吊るしてあったものをご覧になられた方から「これは何ですか?」と度々質問をいただいたのですが、簡単に言うと食用の赤唐辛子。

赤唐辛子は少量ずつ使用する野菜なので、長期的にいただくには適切な保存をする必要があります。

保存方法のひとつが乾燥、なるべく均等に風通しを良くするためこうして1列に並んだ編み込み形式になっています。

便利になった今では冷凍という手段もありますが、こちらは一番原始的な方法である自然乾燥。

Exif_JPEG_PICTURE

そしてその紐は農家の方には身近な素材である稲穂付きの藁を使っています。

赤唐辛子が採れる時期になるとこうした編み込みタイプを目にするようになり、各地で意識して見てはいたのですが、その中でもこちらがベストバランスの仕上がり。

私の知る限りでは一番きれいに作られていると思います。

赤唐辛子は虫が付かないことから魔除けや厄除けの意もありますので、普段のお食事のスパイス用の他、飾っていただいても良いかと。

収穫と共にある品のため、価格が毎年変動することをご理解いただければと思います。

ご覧のように大小様々ですが、今年は¥400で。

Exif_JPEG_PICTURE

十分な数をご用意しておりますが、完売の際はまた来秋。

同じく収穫に伴う商品であるわら細工と合わせてこちらの季節定番品もどうぞ見にいらしてください。

Exif_JPEG_PICTURE

ご覧になる際は赤唐辛子の部分をあまり触りすぎないようにご注意を。

その指で目をこすると大変、虫も嫌がる刺激物ですので。

藁編み赤唐辛子

¥400

*画像は収穫後間もない状態ですので赤みが強いですが、乾燥が進むにつれて色は落ち着いてきます。

cobtact:info@rokunamono.com

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »