藁編み赤唐辛子

昨年の秋、鳥取に行った際に気に入って購入した藁編みの赤唐辛子。

Exif_JPEG_PICTURE

今年は予めお願いをしておきまして、店頭で十分に販売できる数量を編んでいただきました。

赤唐辛子と米の収穫時期を終えたこの時期に入荷、毎年秋始めの定番商品となります。

Exif_JPEG_PICTURE

この1年店内に吊るしてあったものをご覧になられた方から「これは何ですか?」と度々質問をいただいたのですが、簡単に言うと食用の赤唐辛子。

赤唐辛子は少量ずつ使用する野菜なので、長期的にいただくには適切な保存をする必要があります。

保存方法のひとつが乾燥、なるべく均等に風通しを良くするためこうして1列に並んだ編み込み形式になっています。

便利になった今では冷凍という手段もありますが、こちらは一番原始的な方法である自然乾燥。

Exif_JPEG_PICTURE

そしてその紐は農家の方には身近な素材である稲穂付きの藁を使っています。

赤唐辛子が採れる時期になるとこうした編み込みタイプを目にするようになり、各地で意識して見てはいたのですが、その中でもこちらがベストバランスの仕上がり。

私の知る限りでは一番きれいに作られていると思います。

赤唐辛子は虫が付かないことから魔除けや厄除けの意もありますので、普段のお食事のスパイス用の他、飾っていただいても良いかと。

収穫と共にある品のため、価格が毎年変動することをご理解いただければと思います。

ご覧のように大小様々ですが、今年は¥400で。

Exif_JPEG_PICTURE

十分な数をご用意しておりますが、完売の際はまた来秋。

同じく収穫に伴う商品であるわら細工と合わせてこちらの季節定番品もどうぞ見にいらしてください。

Exif_JPEG_PICTURE

ご覧になる際は赤唐辛子の部分をあまり触りすぎないようにご注意を。

その指で目をこすると大変、虫も嫌がる刺激物ですので。

藁編み赤唐辛子

¥400

*画像は収穫後間もない状態ですので赤みが強いですが、乾燥が進むにつれて色は落ち着いてきます。

cobtact:info@rokunamono.com

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

今宮神社

上賀茂神社からパンを買いに行きたくてナカガワ小麦店へ立ち寄り、そこから今宮神社に向かいました。

Details »

賀茂別雷神社

大原から上賀茂神社へ。

Details »

大原ふれあい朝市

東京から友人が来京していて、昨日は朝から京都巡り。

日曜と言うことでスタートは大原の朝市に行きました。 Details »

茶寮 宝泉

下鴨、茶寮宝泉のお菓子をいただきました。

紫陽花と蛍、季節の上生菓子です。 Details »

天狗

荒神口にありますうどん屋天狗に行きました。

友人が遠方より来京中で、たまたま見かけたこの店構えに惹かれたよう。 Details »

POPEYE Issue855

6月9日発売、マガジンハウス発行のPOPEYE Issue855で、バスタオルを紹介させていただきました。

Details »

鳥取食2

山陰仕入旅で持ち帰った食べ物、続いて亀井堂のラスクから。

Details »

鳥取食1

山陰仕入旅の合間に立ち寄ったスーパーや道の駅で購入したものを少しご紹介させていただきます。

Details »

鮮魚たつみ

お昼ごはんは浦富海岸近くの鮮魚たつみへ。

Details »

延興寺窯

延興寺窯へ参りました。

Details »

喫茶 めだかの学校

延興寺窯への買い付けの前に、ホテルを早めに出て岩美町でモーニングを。

道の駅きなんせ岩美の目の前にある、喫茶めだかの学校へ伺いました。

Details »

すみれ

念願のお店、すみれへ。

Details »