日暮れ・御来光

西穗山荘からの日暮れ。

Exif_JPEG_PICTURE

驚きの一面雲海。

真っ白な雲の中に沈んでいく様子は、過去一番の日の入り光景。

Exif_JPEG_PICTURE

寒さを我慢してじっと定点観測する価値は十分にありました。

Exif_JPEG_PICTURE

太陽が沈む分だけ空が暗くなり、

Exif_JPEG_PICTURE

18時前に日没。

Exif_JPEG_PICTURE

陽が落ちるとさらに寒くなり、そろそろ休む時間。

早朝からの行動と疲れもあって、すぐに就寝しました。

全てが快適とは言えないテント泊、寒さもあって毎度深夜に目を覚まします。

寒いので外に出る元気はありませんが、テント越しに感じる月明かりが気になり。

Exif_JPEG_PICTURE

テントの中から手だけを伸ばして撮影しました。

辺りに明かりのない山の中では月の光が意外に強く、就寝を妨げるほど。

そこでかかせないのがアイマスクと耳栓。

耳栓は辺りから聞こえるいびき塞ぎに必須です。

4時過ぎに起床して朝食を。

6時前後の御来光を見るため、荷物を片付け西穂高岳へ向け出発しました。

山荘から30分ほど上がった丸山で日の出を見る予定です。

ヘッドライトを着けなくても良い程に辺りが明るくなってきました。

Exif_JPEG_PICTURE

左中央、人が見える場所が丸山です。

Exif_JPEG_PICTURE

100mほど手前の方がよく見えそうだったので、御来光まで待機。

Exif_JPEG_PICTURE

雲が多くぼんやりとしていますが、次第に赤くなり。

Exif_JPEG_PICTURE

風で雲が渦巻く様子が光に照らされて幻想的です。

Exif_JPEG_PICTURE

直視がつらくなってきました。

Exif_JPEG_PICTURE

6時過ぎ、日の出です。

空は青く、この日も天気は良さそう。

Exif_JPEG_PICTURE

丸山に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

西穂高岳までは大小合わせて13のピークがあり、ここ丸山が13、西穂高岳が1と番号付けされています。

丸山【13】を経由して西穗独標【11】までの3ピークは一般登山道。

Exif_JPEG_PICTURE

ゴロゴロと岩が多いですが、危険箇所はなく。

Exif_JPEG_PICTURE

丸山を過ぎた後は西穗独標を目指します。

Exif_JPEG_PICTURE

ここからがこの山行きの最大の楽しみ。

その様子はまた次回に。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »