焼岳小屋から西穗山荘

焼岳北峰からは45分ほど、焼岳小屋で昼食です。

Exif_JPEG_PICTURE 

小屋の前に大きな水たまりが見えますが、雨の後はこういった様子らしいです。

雨の日この辺一帯の足場は悪そうですね。

ここから西穗山荘まではコースタイム表記で3時間半。

Exif_JPEG_PICTURE

地図で見る限り稜線上だったので、なだらかな尾根沿いを北アルプスの山々を眺めながら歩くイメージをしていました。

それが、実際は上ったり下ったりの繰り返しで。

差し引きすると標高差は大きくありませんが、3、4ピーク渡ったような。

Exif_JPEG_PICTURE

台風明けで地面が滑りやすく、また野営のための荷物を背負っていることもあってこれがきつくて。

危ない箇所などはありませんが淡々としているので、この間の気力を保つのがつらかったです。

コース中で視界が開けたのは3カ所ほどでしょうか。

茜沢岳(おそらく)。

Exif_JPEG_PICTURE

一瞬見えた目指す西穗山荘。

Exif_JPEG_PICTURE

緑の部分の中央辺り、まだまだ遠い。

つらかったので行程が長い割に写真は少なめ、中でも印象的な場面だけを撮影。

2段階で折れ、きれいに平行になった木の下をくぐり、

Exif_JPEG_PICTURE

小さな池を巻いて、

Exif_JPEG_PICTURE

3分の2地点の槍見台。

Exif_JPEG_PICTURE

雲が出てきたのでここから槍ヶ岳は見えず。

前穂はかろうじて。

Exif_JPEG_PICTURE

上高地、梓川周辺。

Exif_JPEG_PICTURE

焼岳と西穗の間を行く人が少ないのだと思いますが行程中は看板がなく、ようやく見えた道標は山荘まで15分の距離。

Exif_JPEG_PICTURE

ルート中、あとどれ程かはっきりと分からないことはちょっとしたストレスで。

唯一すれ違ったご夫婦とは、お互い明るい表情ではなく「あとどれくらいですかね?」と疲れた様子での質問でしたし。

ようやく山荘に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

山荘の中の炊事場や休憩所は宿泊者のみ使用可とのことで、明るいうちに食事を済ませないと。

急いでテントを張り、中で夕食。

Exif_JPEG_PICTURE

月がきれいだったこの日、冷え込みが厳しく翌日聞くと0℃だったよう。

Exif_JPEG_PICTURE

私の持つ山の防寒着全てを着込んで就寝準備です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

efish

カレーの後はお茶を。

五条鴨川沿いにありますefishへ。 Details »

ムジャラ

先週末長野から友人が来ていまして、仕事終わりの夜にごはんとお茶と。

ごはんはスパイスカレーのお店ムジャラに行きました。 Details »

AND Bread kitayama

北山のパン店、AND Bread kitayamaのパンをいただきました。

Details »

挽物の鍋敷き

先日入荷案内をしました小林挽物店の木工品買い付けの時にお願いをしていた鍋敷きが追加で入荷しました。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼、森山窯の器が入荷しました。

Details »

珈琲山居

珈琲山居のコーヒー豆をいただきました。

試作の豆ということで。 Details »

銀座ウエスト

東京は銀座ウエストのダークフルーツケーキをいただきました。

Details »

12月の営業日

12月の営業日をお知らせいたします。

Details »

薬味入れと木盆

先日鳥取にて買い付けをしてきました小林挽物店の木工品が入荷しました。

Details »

道の駅若桜とおまけ

小林挽物店からすぐの場所、道の駅若桜で軽くごはんです。

Details »

小林挽物店

鳥取での買い付け、続いては小林挽物店へ。

Details »

延興寺窯

鳥取、延興寺窯にて買い付けです。

Details »