焼岳小屋から西穗山荘

焼岳北峰からは45分ほど、焼岳小屋で昼食です。

Exif_JPEG_PICTURE 

小屋の前に大きな水たまりが見えますが、雨の後はこういった様子らしいです。

雨の日この辺一帯の足場は悪そうですね。

ここから西穗山荘まではコースタイム表記で3時間半。

Exif_JPEG_PICTURE

地図で見る限り稜線上だったので、なだらかな尾根沿いを北アルプスの山々を眺めながら歩くイメージをしていました。

それが、実際は上ったり下ったりの繰り返しで。

差し引きすると標高差は大きくありませんが、3、4ピーク渡ったような。

Exif_JPEG_PICTURE

台風明けで地面が滑りやすく、また野営のための荷物を背負っていることもあってこれがきつくて。

危ない箇所などはありませんが淡々としているので、この間の気力を保つのがつらかったです。

コース中で視界が開けたのは3カ所ほどでしょうか。

茜沢岳(おそらく)。

Exif_JPEG_PICTURE

一瞬見えた目指す西穗山荘。

Exif_JPEG_PICTURE

緑の部分の中央辺り、まだまだ遠い。

つらかったので行程が長い割に写真は少なめ、中でも印象的な場面だけを撮影。

2段階で折れ、きれいに平行になった木の下をくぐり、

Exif_JPEG_PICTURE

小さな池を巻いて、

Exif_JPEG_PICTURE

3分の2地点の槍見台。

Exif_JPEG_PICTURE

雲が出てきたのでここから槍ヶ岳は見えず。

前穂はかろうじて。

Exif_JPEG_PICTURE

上高地、梓川周辺。

Exif_JPEG_PICTURE

焼岳と西穗の間を行く人が少ないのだと思いますが行程中は看板がなく、ようやく見えた道標は山荘まで15分の距離。

Exif_JPEG_PICTURE

ルート中、あとどれ程かはっきりと分からないことはちょっとしたストレスで。

唯一すれ違ったご夫婦とは、お互い明るい表情ではなく「あとどれくらいですかね?」と疲れた様子での質問でしたし。

ようやく山荘に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

山荘の中の炊事場や休憩所は宿泊者のみ使用可とのことで、明るいうちに食事を済ませないと。

急いでテントを張り、中で夕食。

Exif_JPEG_PICTURE

月がきれいだったこの日、冷え込みが厳しく翌日聞くと0℃だったよう。

Exif_JPEG_PICTURE

私の持つ山の防寒着全てを着込んで就寝準備です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

10月の営業日

10月の営業日をお知らせいたします。

Details »

まな板の削り直しについて

当店で扱っていますイチョウ材のまな板、削り直しサービスについて変更がありますので、お知らせをさせていただきます。

Details »

京都市プレミアム商品券

10月1日の消費税率改定に伴い京都市が発行するプレミアム商品券ですが、当店でご利用いただけることになりました。 Details »

大阪日本民芸館 2019秋季展

12月17日(火)まで開かれています大阪日本民芸館の秋季特別展「多々納弘光の仕事-出西窯を育み、民藝に生きた陶工-」、この度もフライヤーと特別割引券をお預かりしています。

Details »

Cheer up!

Cheer up!のパンをいただきました。

当店から徒歩5分の距離にあって京都で一番好きなパン屋です。 Details »

丼碗

まだまだ暑い日が続きますが、少し涼しさが感じられるようになるとお探しの方が多くなるのが丼碗。

Details »

バジルで漬け込み

連日の太陽光がいいのか、ベランダに置いているプランター菜園のバジルが育って育って仕方なく。

Details »

ヒマラヤンシェルパ

3日間の縦走を終え、車を停めていた大町に戻り最後はお疲れさまの食事会。

松本行きのバスが事故渋滞で遅れ、晩ごはんのスタートが21時前になってしまいました。

Details »

鏡平から新穂高温泉

鏡平山荘で休憩し、新穂高温泉へ。

松本行きのバスの時間を気にしつつ、余裕をもって下山です。 Details »

鏡平山荘

双六小屋のテント場、8時でこれだけ残っているということはこちらも相当な混雑だったと。

Details »

双六小屋

双六岳からコースタイムで40分、双六小屋に到着です。

Details »

双六岳

三俣蓮華岳と双六岳の標高差は20m、なだらかなアップダウンはあるもののとても歩きやすい道です。

Details »