焼岳小屋から西穗山荘

焼岳北峰からは45分ほど、焼岳小屋で昼食です。

Exif_JPEG_PICTURE 

小屋の前に大きな水たまりが見えますが、雨の後はこういった様子らしいです。

雨の日この辺一帯の足場は悪そうですね。

ここから西穗山荘まではコースタイム表記で3時間半。

Exif_JPEG_PICTURE

地図で見る限り稜線上だったので、なだらかな尾根沿いを北アルプスの山々を眺めながら歩くイメージをしていました。

それが、実際は上ったり下ったりの繰り返しで。

差し引きすると標高差は大きくありませんが、3、4ピーク渡ったような。

Exif_JPEG_PICTURE

台風明けで地面が滑りやすく、また野営のための荷物を背負っていることもあってこれがきつくて。

危ない箇所などはありませんが淡々としているので、この間の気力を保つのがつらかったです。

コース中で視界が開けたのは3カ所ほどでしょうか。

茜沢岳(おそらく)。

Exif_JPEG_PICTURE

一瞬見えた目指す西穗山荘。

Exif_JPEG_PICTURE

緑の部分の中央辺り、まだまだ遠い。

つらかったので行程が長い割に写真は少なめ、中でも印象的な場面だけを撮影。

2段階で折れ、きれいに平行になった木の下をくぐり、

Exif_JPEG_PICTURE

小さな池を巻いて、

Exif_JPEG_PICTURE

3分の2地点の槍見台。

Exif_JPEG_PICTURE

雲が出てきたのでここから槍ヶ岳は見えず。

前穂はかろうじて。

Exif_JPEG_PICTURE

上高地、梓川周辺。

Exif_JPEG_PICTURE

焼岳と西穗の間を行く人が少ないのだと思いますが行程中は看板がなく、ようやく見えた道標は山荘まで15分の距離。

Exif_JPEG_PICTURE

ルート中、あとどれ程かはっきりと分からないことはちょっとしたストレスで。

唯一すれ違ったご夫婦とは、お互い明るい表情ではなく「あとどれくらいですかね?」と疲れた様子での質問でしたし。

ようやく山荘に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

山荘の中の炊事場や休憩所は宿泊者のみ使用可とのことで、明るいうちに食事を済ませないと。

急いでテントを張り、中で夕食。

Exif_JPEG_PICTURE

月がきれいだったこの日、冷え込みが厳しく翌日聞くと0℃だったよう。

Exif_JPEG_PICTURE

私の持つ山の防寒着全てを着込んで就寝準備です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »