中尾峠から焼岳

中尾峠に到着、斜面の角度と雲でここから焼岳の全貌は見えず。

Exif_JPEG_PICTURE

少し食べものをお腹に入れて、焼岳北峰へ。

Exif_JPEG_PICTURE

往復2時間弱、ピストンなので荷物の詰まったバックパックはこちらにデポ。

少し上がると翌日登る西穂高岳が北側に見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

硫黄の匂いが強く、山肌からは煙がふつふつと。

Exif_JPEG_PICTURE

上高地方面、梓川や帝国ホテルと思われる赤屋根の建物が見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

活火山である焼岳、至る所から湧く蒸気に少し緊張します。

Exif_JPEG_PICTURE

ごつごつとした山肌は見た目にも力強く。

Exif_JPEG_PICTURE

中腹辺りでようやく頂上が見えるように。

Exif_JPEG_PICTURE

分かりやすく湧いていますね。

岩がごろごろとしていて登山道が分かりづらく、「◯」印を追って進んで行きます。

Exif_JPEG_PICTURE

中央右辺りに見えますでしょうか、コース外の箇所には「×」印。

Exif_JPEG_PICTURE

間違って入らないように気をつけながら。

急斜面は巻き道で。

Exif_JPEG_PICTURE

硫黄の匂いが一層強くなり、岩の表面が黄緑になっている箇所も。

人が見える場所の左辺りです。

Exif_JPEG_PICTURE

直ぐ脇がコースなので、結構近い。

Exif_JPEG_PICTURE

ズーム。

Exif_JPEG_PICTURE

峠からは1時間程で2,444m焼岳北峰に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

右下が上高地、左中央が穂高連峰。

遥か遠く、中央に見える尖りが槍ヶ岳。

Exif_JPEG_PICTURE

この日午後から歩く焼岳から西穂高岳への縦走路。

Exif_JPEG_PICTURE

稜線歩きですが、これが意外にしんどくて。

その様子はまた明日。

11時台と登頂者の多い時間帯で10組程おられたでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

頂上は平らかである程度の広さがあり、休むことはできますが相変わらずの硫黄臭で。

まさに生きた山。

Exif_JPEG_PICTURE

この辺りは近寄れない箇所。

Exif_JPEG_PICTURE

ズーム。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

天然のハーフパイプ。

Exif_JPEG_PICTURE

1962年の大噴火以来入山禁止だった焼岳、北峰に再度登頂可能になったのは20年程前だそうです。

入山できるから安全だと言い切れる訳ではないとひしひしと感じ。

山に行くことも山の本を見ることも好きでよく調べているのですが、すればするほど恐怖感が増し、回数を重ねる程に慎重になっています。

*愛読書は「山と渓谷」です。

今考えると初めて山に入った時は装備も考えも甘過ぎて、無事に終えたからよかったものの今振り返るとぞっとしますね。

Exif_JPEG_PICTURE

2,455mの焼岳最高峰である南峰は今も立ち入り禁止となっています。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

パン・パーラー なつめとりこ

長期の沖縄滞在も残すは大宜味での買い付けのみに、中部から北部へと拠点を移動です。

胃が少し疲れ気味だったので、この日は軽い食事をとテイクアウトに。

Details »

読谷山焼北窯 買い付け

読谷の陶器市も終わって祭りの後の静けさ、北窯の買い付けに参りました。

Details »

島人そば

宿泊拠点は引き続き中部、近場で晩ごはんと沖縄市の島人そばに伺いました。

Details »

引き続き壺屋にて

壺屋焼物博物館でのギャラリートークの後は、再び入り口に戻って通常鑑賞。

Details »

壺屋焼物博物館

壺屋の焼物博物館で行われているギャラリートークに参加しました。

今回のテーマは荒焼(アラヤチ)です。 Details »

のうれんプラザ(旧農連市場)

再開発で新しく建て替えられたのうれんプラザに行ってみました。

Details »

沖縄そば まるやす

沖縄紀行で度々登場しています丸安そばとは違うまるやすです。

北中城にある沖縄そば店、地元の方が続々と来られていて少し並んでから入りました。

Details »

うるま市産業まつり

ふらりと訪ねた資料館の掲示板に産業まつり開催のお知らせがありまして、すぐ近くだったので覗いてみることに。

Details »

勝連城跡

買い付けの合間のオフの日、勝連城跡に参りました。

この度珍しく中部に連泊していまして、宿にあったガイドブックから行ったことのない場所へと。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄仕入旅の途中ですが入荷のご案内を。

大宜味村共同窯、菅原謙さんの器が入荷しました。

Details »

照屋窯

続いては照屋窯へ、ご挨拶と買い付けに参りました。

Details »

金月そば

読谷でのお昼ごはんは金月そばへ。

やちむんの里からも近く、道の駅喜名番所の向かいです。

Details »