琺瑯容器の活用法

野田琺瑯製品の便利な使い方をご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

昨年漬けた梅酒が少なくなり、度々食べてはいるもののやや余り気味の梅の実。

今年もよりおいしくいただくために煮詰めてみました。

梅の実に少量の梅酒と水を足し、浅型の琺瑯タッパーに入れてそのまま火にかけます。

Exif_JPEG_PICTURE

アルコールを残したい方は水を控えめに、また甘くされたい方は水をやや多め入れて蜂蜜や砂糖を加えてください。

水分がなくなるまで煮詰めたら完成。

あふれ気味の梅の実が1枚目の写真のようにすっぽりと収まりました。

このまま自然冷却後、タッパーの蓋を閉じて冷蔵庫へ。

鍋を洗う手間もありませんし、色移り匂い移りのない琺瑯容器は長期保存にも最適。

私はアルコールを飛ばし過ぎず、実を柔らかくする程度に仕上げました。

当店で販売をしている浅型の琺瑯タッパー、直火調理やオーブン料理をされたい方におすすめの形です。

他にも深型や正方などいろいろとご用意していますので、店頭で比較検討されてみてください。

いただいたレモンがあったのでスライスして蜂蜜漬けにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

もっと日数を置くと良いのですが、我慢できずに浅漬けで。

琺瑯は酸や塩分にも強いので、レモン漬けなどにも気兼ねなくお使いいただけます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

太平通り たまご屋

帰りの飛行機の時間まで那覇の市街地をぷらぷら。

太平通りを目当てに国際通りから市場通りを抜ける何となくのお決まりコースです。 Details »

ジャンバルターコー

晩は名護のジャンバルターコーへ。

何度か来ていますが、タコスとチキンを好み伺っているお店です。 Details »

ウッカガー

沖縄仕入紀行に戻りまして、久松食堂からすぐのウッカガーに立ち寄り。

Details »

梅酒仕込み

先日、梅酒仕込みに必要な道具や材料についてご案内をさせていただきました。

屋台八百屋で見つけた梅を漬けましたので、ものすごく簡単な手順をご紹介させていただきます。 Details »

久松食堂

買い付けの後は金武の久松食堂でお昼ごはん。

久々にチーイリチャーが食べたくなって。 Details »

買い付け

大宜味村の共同窯へ、菅原さんの器の買い付けです。

Details »

ビートル

翌朝、ホテルから大宜味へと向かう間です。

出発が早過ぎたので車を停めて少し休憩。

Details »

伊江牛 糸満直売所

沖縄到着後、精肉店が営んでいる食堂でお昼ごはんです。

Details »

トミーズ

神戸空港を利用する時に必ず立ち寄るのがトミーズ。

Details »

沖縄仕入旅

菅原さんの器の入荷案内が済んだところで、沖縄仕入旅の様子をお送りします。

Details »

菅原工房(菅原 謙)入荷しました。

沖縄は大宜味村共同窯、菅原工房(菅原謙)の器が入荷しました。

Details »

Cheer up!

近代美術館で鑑賞の後、お昼ごはんを買いにCheer up!へ。

Details »