琺瑯容器の活用法

野田琺瑯製品の便利な使い方をご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

昨年漬けた梅酒が少なくなり、度々食べてはいるもののやや余り気味の梅の実。

今年もよりおいしくいただくために煮詰めてみました。

梅の実に少量の梅酒と水を足し、浅型の琺瑯タッパーに入れてそのまま火にかけます。

Exif_JPEG_PICTURE

アルコールを残したい方は水を控えめに、また甘くされたい方は水をやや多め入れて蜂蜜や砂糖を加えてください。

水分がなくなるまで煮詰めたら完成。

あふれ気味の梅の実が1枚目の写真のようにすっぽりと収まりました。

このまま自然冷却後、タッパーの蓋を閉じて冷蔵庫へ。

鍋を洗う手間もありませんし、色移り匂い移りのない琺瑯容器は長期保存にも最適。

私はアルコールを飛ばし過ぎず、実を柔らかくする程度に仕上げました。

当店で販売をしている浅型の琺瑯タッパー、直火調理やオーブン料理をされたい方におすすめの形です。

他にも深型や正方などいろいろとご用意していますので、店頭で比較検討されてみてください。

いただいたレモンがあったのでスライスして蜂蜜漬けにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

もっと日数を置くと良いのですが、我慢できずに浅漬けで。

琺瑯は酸や塩分にも強いので、レモン漬けなどにも気兼ねなくお使いいただけます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »

丸型ステンレスピンチ

定番商品、丸型のステンレスピンチ。

今日のような絶好の洗濯日和に重宝する竿用のピンチです。 Details »

蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

Details »

Cheer up!

大好きなパン店、Cheer up!のチョコベーグルとメロンパンです。

Details »