琺瑯容器の活用法

野田琺瑯製品の便利な使い方をご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

昨年漬けた梅酒が少なくなり、度々食べてはいるもののやや余り気味の梅の実。

今年もよりおいしくいただくために煮詰めてみました。

梅の実に少量の梅酒と水を足し、浅型の琺瑯タッパーに入れてそのまま火にかけます。

Exif_JPEG_PICTURE

アルコールを残したい方は水を控えめに、また甘くされたい方は水をやや多め入れて蜂蜜や砂糖を加えてください。

水分がなくなるまで煮詰めたら完成。

あふれ気味の梅の実が1枚目の写真のようにすっぽりと収まりました。

このまま自然冷却後、タッパーの蓋を閉じて冷蔵庫へ。

鍋を洗う手間もありませんし、色移り匂い移りのない琺瑯容器は長期保存にも最適。

私はアルコールを飛ばし過ぎず、実を柔らかくする程度に仕上げました。

当店で販売をしている浅型の琺瑯タッパー、直火調理やオーブン料理をされたい方におすすめの形です。

他にも深型や正方などいろいろとご用意していますので、店頭で比較検討されてみてください。

いただいたレモンがあったのでスライスして蜂蜜漬けにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

もっと日数を置くと良いのですが、我慢できずに浅漬けで。

琺瑯は酸や塩分にも強いので、レモン漬けなどにも気兼ねなくお使いいただけます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

読谷山焼陶器市

続いて読谷やちむんの里で行われていた陶器市へ。

年々お客さんが増えているような。 Details »

KING TACOS 本店

晩ごはんは金武のKING TACOSへ。

Details »

引き続き大宜味にて

引き続き菅原さんの工房にて。

山と言うか丘と言うか、共同窯のあるこの地の周辺はやんばるの森です。 Details »

大宜味共同窯 窯出し

大宜味村共同窯へ、菅原謙さんの工房で買い付けです。

Details »

てだこそば

沖縄到着後、最初の食事は大好きなてだこそばで。

Details »

沖縄仕入旅

12月に参りました沖縄仕入旅の様子をご紹介いたします。

LCCを使って移動することが多く、今回もジェットスターで。 Details »

CAFE KOCSI

年始、来京していた友人と富小路姉小路にあるCAFE KOCSIへ行きました。

訪れるのは10年以上ぶり。 Details »

大龍亭

年末最後の営業日、その日急に決まった忘年会はさくっと食事だけ済ませ、店内で呑み納めをすることに。

食事を求めて東大路を丸太町から北へ、 Details »

恒例のメンテナンス

あけましておめでとうございます。

本日より2019年の営業が始まりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Details »

1月の営業日

1月の営業日をお知らせいたします。

Details »

金鶴の酒かす

新潟は佐渡、加藤酒造店「金鶴」の酒かすをいただきました。

Details »

小多福

小多福のおはぎをいただきました。

こちらは粒感のある古代米。 Details »